栃木&群馬

       ☆☆☆   知左の季節    ☆☆☆
           タイトルではおわかりにくかったでしょう。
           「エゴノキ」は万葉の時代には「ちさ」「ちしゃ」と呼ばれていました。
           「ちしゃのき」を「萵苣の木」と書くことも・・・・
           サポニンという毒があって、食べるとえぐいことから「エゴノキ」と呼ばれるようになったそうです。
           この小さな白い花たち・・・・清楚な美しい姿には「ちさのき」がぴったりと思います。
           Styra japonica 古来種でもあり ぜひ 「ちさのき」と呼びたい・・・・
           みかも山でも「ちさのき」がきれいでしたが、写真は「おうら創造の森」のものです。
e0034313_821121.jpg
e0034313_823322.jpg
e0034313_825127.jpg

                   ヒメウラジャノメチョウだと同定してみましたが、いかがでしょう?いずれにしてもジャノメチョウです。
by kimiko_shibata1 | 2009-05-17 08:07 | 山歩き | Comments(16)
Commented by tanuki_oyaji at 2009-05-17 08:25
おはようございます~~♪
エゴノキにそんな素敵な呼び名があるなんて思いませんでした。
「ちさのき」の方が可愛い花にあってますよね。
けっこう好きな花なんです。
Commented by 蛙太郎 at 2009-05-17 10:46 x
ちさのき と言うのですか、昔から蛙太郎tt危難ですね。
見事花ですから万葉人も楽しんだのですね。
Commented by mstgn at 2009-05-17 11:27
今日のお写真のなかで、
特に3枚目は、何だか光が満ちあふれていて美しいですね〜っ!

ところで、私が子供の頃には
このお写真のような茶色っぽい蝶(「蛾」じゃないんですね!)が

モンシロチョウなどと同じぐらい
たくさん飛んでいたように記憶しておりますが、

最近は、少し郊外に行っても
あまり見かけないような気がします。

やはり、だんだんとその数が減っているのでしょうかっ?!
Commented by sdknz610 at 2009-05-17 11:36
ちさ・・・いい名前!こっちの方がいいですよね♪

ヒラタアブの仲間だと思いますが、来ていますね。

ヒメウラナミジャノメ・・・ですよね! おめでとうございます! やりましたね~♪
逆光を上手く利用して、ハイテクニック!
Commented by sakusaku_fukafuka at 2009-05-17 11:54
「エゴノキ」
これはもしかして、ウチの田舎で「シャボンの木」といわれているものでしょうか・・・
自然に自生していますが、その白い清楚な花はとても美しく好きです。
Commented by kanmyougama at 2009-05-17 13:36
今日も新しく珍しい花ですね。
「ユリノキ」が近くにあってびっくりしました。
「エゴノキ」は見かけません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-17 19:05
tanuki_oyajiさま
あいにくのお天気でした。でも恵みの雨ですね。
「ちさのき」という方がこの可憐な花に似合ってるといつも思います。
みんな笑顔のような風景がいいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-17 19:13
蛙太郎さま
こんばんは
万葉の人々にも親しまれてかわいい花ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-17 19:17
mstgnさま
何枚か写した中にいいものがありました。
いつも偶然の産物でして・・・・・
チョウやセミなど明らかに生息地域が変わっています。
それにつれて数にも変化があるとは思いますが、
幼い頃との違いはよく分かりません。
国蝶であるオオムラサキなども保護するようになったのは数が少なくなっているからでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-17 19:22
sdknz610さま
確かにかわいい花ですので「ちさ」がいいですね。
毎年、思います。
閑蔵さまのみかもやまはいかがでしたか?
この日は暖かく、蝶がかなり飛んでいました。
ヒメウラナミジャノメ・・・ラッキーでした。
かなりの時間、私の周りで遊んでいてくれて・・・・

ヒラタアブですか・・・・・こちらは動きが速すぎてなかなか・・・
スポットライトの中心に持ってきたかったのですが・・・・
昆虫が楽しみな季節ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-17 19:24
sakusaku_fukafukaさま
はい、栃木でもそのように言ってシャボン遊びがされていました。
その折りは毒なんて思っても見なかったのですが・・・・
実際に洗濯にも使われたようですね。
ちいさな美しい花です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-17 19:25
kanmyougamaさま
今、ネットで調べましたら九州にも育つ木のようです。
きっとおそばにあるのかも・・・・
来年の4月下旬かしら・・・会えると良いですね。
Commented by sidu-haha at 2009-05-17 21:25
こんにちは~(*^_^*)
エゴの木には、そのような古名があったのですね~
知らなかったです~
光がとてもすてきに生きていますね~
Commented by koneko2y at 2009-05-17 23:25
エゴノキを見ることができて良かったですね。
私も毎年咲くのを楽しみにしている花です。
蜂がぶんぶんと集まる花です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-18 07:15
sidu-hahaさま
万葉の植物についてかかれたものから知りました。
かわいい花ですので「ちさ」が気に入っています。
女の子がいたら付けたい名前です。
光をテーマに集めてみました。
コメント、ありがとうございました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-18 07:17
koneko2yさま
おはようございます、
みかも山の花は盛りを過ぎてしまっていましたが、
おうらの花がまさに最盛期、どれを写しても見事で選べないほど・・・・
光の具合とお客さまが来ているものにしました。
<< 栃木県 栃木県 >>