奥日光山歩(1)

    久々に自然の森の中を歩いてきました。
    今年は芽ぶきが遅れているから鳥も良く見えるかな~・・・位でのんびりと出かけました。
    とっても幸運で最初に見つけたのがなんと「オオジシギ」!
    オーストラリアからはるばる来てくれます。
    まだかな?と思っていましたら4月から来ていたそうです。
    独特の鳴き声と大きさ、素人の私にもすぐにわかります。
    今回、ディスプレイフライトは見られませんでしたが、しっかりと姿を拝見しました。
e0034313_2142237.jpg

e0034313_2153615.jpg

e0034313_2144334.jpg
e0034313_215628.jpg

中禅寺湖畔ではオオヤマザクラが散り始めていました。
     龍頭の滝上からはまるで冬のようなありさま、カラマツだけがほんの少し芽吹いているだけ・・・・
     お陰でしっかりと野鳥観察でした。しばらくの間、奥日光山歩にお付き合いください。
by kimiko_shibata1 | 2010-05-15 21:10 | 山歩き | Comments(24)
Commented by sdknz610 at 2010-05-15 22:05
こんばんは! オオジシギを教えてもらって1年が過ぎてました。思い出させていただいて感謝♪ 時間を造って行かなくっちゃ途思うんですが・・・。
人も少なそうですね。
こんな感じで枯れ木の天辺に止まってくれるなら撮り易いですね。
Commented by hemi-kame at 2010-05-15 23:12
こんばんは
オオジシギは戦場ヶ原ですか?
6月上旬に行く予定です。
そのときはしっかり鳥も観察してきます。
今の奥日光の写真、楽しみです。
Commented by 標高480m at 2010-05-15 23:29 x
なるほど、ちょうど中禅寺湖畔と同じです。
1200もあったんですね。そういえば車で上りながらシラカンバの出現高度がどうの、とダンナと話していたのに、すっかり忘れていました(^_^;。
我が家の近所ではオオヤマザクラがまさに散り始めています。
戦場ヶ原はまだほとんど芽吹いていないのですね。
これからが楽しみな季節ですね。
Commented by goldpony767 at 2010-05-16 07:21
オオジシギに大山桜 ありがとうございます。
オオヤマザクラは美しいですね。
実際にはみたことがありませんから 想像しております。
Commented by 五郎 at 2010-05-16 07:43 x
やはり春の訪れは遅いようですね、こちらは初夏の陽気がときどきあると言うのに
オーストラリアからはるばる恋の場所を日本に求めて、ロマンチックです
Commented by シゲ at 2010-05-16 08:58 x
おはようございます。
今年はどこも春が遅いですね。バラも盛りが何時頃だかさっぱり
分からなくなりました。中禅寺湖畔は静かそうで良いですね。鶴田沼は春ですね。
Commented by kanmyougama at 2010-05-16 09:07
すばらしい景色です。
この感じの景色は僕らのところでは見られません。
オオジシギはオーストラリアからの渡りですか・・・・感動です。
中禅寺湖を訪ねたことがあっても「先達はあらまほしきかなで・・・・
・・・」何も見ていなかったり。
Commented by nenemu8921 at 2010-05-16 10:03
こんにちわ。カメラの調子が悪くてご無沙汰しました。
奥日光でオオジシギですか。いいなあ。
宮沢賢治の時代は土地の人はブドシギ、ボドシギと言っていたようで、小岩井農場を歩いていて出会った詩があります。

オオヤマザクラもすてきです。

Commented by ポンタロウ at 2010-05-16 14:14 x
shibataさん、こんにちわ。
私は10年位前、奥日光から竜頭の滝を経て中禅寺湖まで
歩いたことがありました。この時は夏のせいもありまして、
暑くて散々だった記憶しかありませんでした。
素敵な景色なんですね。今度又行ってみたいと思っています。
Commented by tksnkm2 at 2010-05-16 16:27
南のオーストラリアからはるばる北上して日本に来る
鳥がいるんですね^^
奥日光の雄大な自然を堪能しました。
去年、日光白根山や尾瀬に行ったのですが、
それを思い出しました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:02
sdknz610 さま
こんばんは
アカゲラでなくてごめんなさい。
オオジシギ、是非一度・・・・
ディスプレイフライトはまだうす暗いうちだそうです。
早めの入山がいいようです。
草原が茂ってきて抱卵になると見えにくくなりますのでお早めがよろしいかと・・・
今回は赤沼に近い所、BORGもOKかしら?そうしますと表情豊かなオオジシギが見られますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:03
hemi-kame さま
こんばんは
はい、戦場ヶ原です。早朝がお勧めです。
ズミのころを予定されていらっしゃるのですね。
ほんのりピンクのころが好きです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:08
標高480m さま
こんばんは
中禅寺湖畔と同じと知ってまた親近感がわきます。
こちらではダケカンバは1600m以上と記憶しています。
ガンピ(樹皮)はよく燃えるので昔の生活では利用価値ありですね。
御友人との待ち合わせ、自然の中の岩をしていなさるなんて素敵ですね。
大体はパーキングなどですのに・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:12
goldpony767 さま
こんばんは
そうでしたか、オオヤマザクラはまだご覧になられていませんでしたか。
こちらではこうして普通にみられますから吉野でも見られるかと思っていました。
山桜より少し大きめの花です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:14
五郎さま
こんばんは
鳥の渡りってロマンティックですね!
子供はこちらで生まれて長旅をして行くのですから・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:17
kanmyougama さま
こんばんは
鳥の渡りを考えますと感動ですね。
私が阿蘇の草千里を訪ねたのは冬でしたからこのような風景に似ていると思いました。
ただ、旅先では深く見ることは叶わず表面しか見てこなかったのかもしれません。
また、機会がありましたらご来県下さい。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:20
nenemu8921 さま
こんばんは
そうでしたか、旅の疲れで体調がお悪いのかと・・・・
ブドシギ、なるほど言い当てていますね。
小岩井辺りにいても似合いますね。
早朝にいらっしゃれば会えると思います。
ここはそれほど広くありませんから・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:22
シゲ さま
こんばんは
そうですね、どうも季節感がくるってしまいます。
地球も日本も狂ってきています。
私の世代はなんとか過ごせますが、子供や孫の時代は・・・?
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:26
ポンタロウ さま
こんばんは
そうでしたか、蒸し暑い日は戦場ヶ原は最悪でしたね。
日差しを避ける木々がありませんし、風がないと・・・・・
狙い目は梅雨のころ、奥日光は平地が雨でも晴れていることがあるのです。
雲が低いときですが・・・・
私どもは山を歩いているので、かりに雨でもOKなんです。(笑)
遠くからみえて雨では残念ですが・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-16 20:29
tksnkm2 さま
こんばんは
鳥の渡りはロマンを感じますね。
そして、白鳥などは(このオオジシギもそうかもしれませんが)同じ沼に来るのですから・・・
日光白根や尾瀬も好きな所です。20~30代は尾瀬ばかり通っていました。
Commented by happy at 2010-05-19 12:46 x
こんにちは
いつもいつも素敵な風景を有難う
ございます。

Commented by tamayam2 at 2010-05-22 20:40
オオジシギ!こんな珍しい鳥が見られるのですか。
山桜も本当にきれい。こりゃ、このときを目指して
行きたくなる気持ちがよ~くわかります。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-22 20:52
happy さま
こんばんは
コメント、ありがとうございます。
お返事が滞りましてごめんなさい。
この時は特にいい風景でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-22 21:12
tamayam2 さま
オオジシギ、オーストラリアから来ています。
鳴き声が特徴あって、いるのがすぐにわかります。
結構姿も見られますので是非お出かけください。
この鳥のディスプレイトフライトは凄いものです。
上空から一気に降りてきて、耳元ではまるでジェット機のような羽音!
今回は見られませんでしたが、見たくて通ってしまいます。
<< 奥日光山歩(2) 鶴田沼散策 >>