伝建の町・金ヶ崎町

     「伝統的建造物保存地区」の制度は昭和50年に創設されました。
      長野県奈良井宿、埼玉県川越市など・・・きっと皆さまも御存じでしょう。
      昨年の春、このブログでも京都府美山町の茅葺集落をお届けしました。
      この岩手県金ヶ崎諏訪小路もその伝建に指定された武家屋敷の町です。
      伊達藩と南部藩の境であり、大町氏が治めていた金ヶ崎、いわゆる街並みといった風情ではなく、
      ヒバの生垣の小路と古民家がここの美しさであった。
      心の中で、鷲のように空からこの町を俯瞰してみる・・・・・
e0034313_8102541.jpg

つぐみ・・・半士半農の屋敷内にはいろんな木々があって小鳥にも優しい・・・
e0034313_8105950.jpg
e0034313_811107.jpg

e0034313_8115946.jpg

北国のネコちゃんはゆっくり歩く、後の車も最徐行・・・・優しさがいっぱい!




e0034313_8145085.jpg

「はやて」に乗車してみようと仙台から盛岡に行って再び南下していましたらなにか見たような山!
そう、九月に歩いた花巻・胡四王山だったのです。
新幹線からはちかいのですね。カタクリの頃、再訪したいのですが・・・
by kimiko_shibata1 | 2011-01-21 08:18 | | Comments(17)
Commented by tamayam2 at 2011-01-21 10:15
ネコが歩き、車がゆっくり通る道・・・いいなあ。
Commented by Konatu_sw at 2011-01-21 11:59 x
とても静かな景色に出会えよかったですね。
連日の豪雪のニュースの中、このエリアは大丈夫なのですね。
私も伝建を撮っているのですが先日の妻籠宿は雪のため中止になりました。
今月末、来月中旬の東北行きも現地役場から「交通手段が確保されないかもしれません」との連絡で断念。
すっかり予定が狂ってしまい、家の中でおとなしくしています。

↓ すごいものが撮れましたね。
Commented by tamayam2 at 2011-01-21 12:18
胡四王山の野草の目録を作られたsuzukiさんのBlog
をごらんください。すごいですよ。
http://blog.goo.ne.jp/suzukishuhoku/e/625d16f1dbcbd3a54ff91b8d901d1bc2
Commented by ひーちゃん at 2011-01-21 19:02 x
雪は全てを包み込み 優しいなぜかあったかい写真です
猫もゆっくり 車はもっとゆっくり 時間もゆっくり流れます
雪と民家の写真 車から降りて足を運ばないと撮れませんね
Commented by misty_hill at 2011-01-21 19:40
イーハトーブにいらしていたんですね。
日程が合えば、お会いしたかったです。
もちろん妻と一緒にですが・・・
妻は shibataさんにお会いしてみたいと・・・
もちろん 私もですが・・・
東北の良さを知っている方は 
きっと心優しい方に違いないだろうと・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-21 22:08
tamayam2 さま
こんばんは
素晴らしいブログを紹介くださいまして感謝です。
只今、少し拝見して感動、眼をまわしております。
このように素晴らしい自然環境なのですね。そして、こんな図鑑を作られて・・・・
じっくり拝見させていただきます。

カタクリの頃、妖精に会いに行きたいと思っていますが・・・・今年は難しいかもしれません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-21 22:13
Konatu_sw さま
こんばんは
きっと素敵な伝建の絵をとられるのでしょうね。
同じ対象を見ておられるとは嬉しいです。
妻籠、奈良井などは歩いたんですよ!
鳥居峠を越えて奈良井の宿に辿りついた時は嬉しかったです。
翌日の贄川は土砂降り・・・いい思い出です。

オジロワシは一生の思い出でしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-21 22:23
ひーちゃん さま
こんばんは
お忙しい中、コメントいただきありがとうございます。
お母様の具合がよろしくないのでしょうか?
ご自身の健康もどうぞお大事になさってくださいね。

東北は関東と比較しますとやはり不便さを感じます。
特に今回のようにダイヤが乱れますとその不便さに拍車がかかります。
ゆっくりと流れる時間に身をまかせるのは私には具合のよいことでしたが、
これが急を要する旅でしたらどんなにか心細いか・・・
でも反比例するかのように人々の暖かさを沢山いただいてきました。

地域格差のない日本を目指さないと・・・・課題の多い日本ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-21 22:29
misty_hill さま
こんばんは
出発の二日前に決めた旅・・・いつもそんな風なのです。
また、そちらにちょっとお邪魔しました。
いつかお目にかかりたいですね。でも普通のおばあさんでびっくりなさるかな?
オジロワシが出迎えてくれました。こんな出会いがあるとは思ってもいませんで・・・・・

Commented by 標高480m at 2011-01-22 00:09 x
道を堂々と歩くねこちゃん、でも耳がしっかり後ろを向いてますね(^。^)
穏やかな天気のようで良かったです。お天気を見て決められたのかな? 私も天気を見て時々思い立ったように出かけていくことがあります。
Commented by hemi-kame at 2011-01-22 05:49
ネコがどうどうとゆったり歩いてる風景、良いですね。
ネコの前足の曲がりが好きです。
このぐらいの雪路、このぐらいの白の輝き、わがままですが好きです。
Commented by goldpony767 at 2011-01-22 06:28
伝統建設の町 いいですね。
障子の継ぎ貼りがうつくしいです。
雪の上を歩む猫 ライオンのようです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-22 07:50
標高480m さま
おはようございます。
お~ぉ!さすがネネさまのお母様!猫の耳まで注目されましたね!
息子に寝ていても耳がたっている時は熟睡ではないよ・・・と聞いたことを思い出しました。
朝日朝刊に「マキムク遺跡、古代の豊かなそなえもの・・」を読みました。
古代の食材が豊富だったことは知っていましたが、こうして出土すると嬉しいですね。

山も旅も現地主義!現地に行って考えます。
翌日は吹雪の平泉でした!(笑)そんな天気も楽しいものです。
まあ、予定のたたない生活をしていますので、・・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-22 07:52
hemi-kame さま
おはようございます。
猫ちゃんの歩き方も雪国風と感じました。車もあわてません。
ギスギスしていなくていいですね。
私もわがままで、こんな感じが好きです。でも翌日は吹雪!後篇をお楽しみに・・・・・
自分は大丈夫なんですが、カメラが心配でした。(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-22 07:55
goldpony767 さま
おはようございます。
昔の方々の「美」や「知恵」などいっぱいいいものが残されています。
そうですね!そう!まるでライオンのような歩き方でした!
どうどうとゆっくりと・・・・
標高480mさまから聞きましたが、耳はたてて警戒は怠っていないようです。
Commented by kawazukiyoshi at 2011-01-22 13:40
軒からたれている氷柱に
オー、すごいの感じです。
こんな家も訪問してみたいですね。
今日もスマイル
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-23 07:40
kawazukiyoshi さま
おはようございます。
もっと長いつららが沢山ありました。
一本折ってかじりたくなるのは、氷屋の娘だったからでしょうか?(笑)
束縛のない時間を満喫し、精神を開放してきました。
<< 極楽浄土のルリビタキ 北上川 >>