桜便り(8)・・・これも桜の仲間?

     桜はバラ科サクラ属
     今日ご紹介するサクラ?もバラ科サクラ属でした。
     なかなか出会えなくて過ごしていましたが、昨日、新宿御苑で見つけました。
     その折もバラ科サクラ属と案内がありました。
     ネットで検索しますとバラ科バクチノキ属と書かれているサイトもありました。
     ウワミズサクラもバラ科ウワミズザクラ属になっていました。
     最近、変更があったのかもしれませんね。
     ずっと探していた桜の仲間です。
e0034313_139442.jpg
e0034313_1393064.jpg
e0034313_1394279.jpg

     セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)Laurocerasus officinalis Roemer
           サクラ満開の静かな朝でした。
by kimiko_shibata1 | 2011-04-21 13:12 | 桜散歩 | Comments(18)
Commented by noriko at 2011-04-21 22:02 x
こんな名前の木もあるんですね。
命名者は、どんなつもりで名付けたのやら。
しかも、私は、ずっとウワバミザクラと思っていました。
Commented by tamayam2 at 2011-04-21 23:39
バクチノキは、ドイツでは、ごくありふれた低木で、
垣根や庭の植え込みによく使われています。
日本ではあまり見かけないなあと思っていました。
Commented by hemi-kame at 2011-04-22 09:22
西洋博打の木、なんという面白い名前でしょう。
川口のグリーンセンターで初めて見たときには名前に吃驚しました。
サクラはバラ科ですが私の中ではハルガキタ科サクラ属です、(*^_^*)。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-22 10:29
noriko さま
こんにちは
樹皮がボロボロと剥がれ落ちる様をばくち打ちが衣服を剥がれて丸裸にされることに由来しているのだそうです。
norikoさまがウワバミザクラと思っていたのも納得します(笑)決して呑兵衛さんではないのは知っておりますが
これを「ウワズミザクラ」と間違う人が多くてネットにも堂々と載っております。
「溝みぞ」からきている「ミズ」なのです。溝を掘って占いに使用したとか・・・
えらそうに書きましたが、毎年掲載するにあたってミズかズミか確認します。(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-22 10:32
tamayam2 さま
こんにちは
そうでしたか、ドイツでは低木・・・なるほど、耐寒性のあるきですものね。
花も見られるのかな?
日本では大きく育って花は高いところとなりますね。
だから垣根にしないのかも?ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-22 10:36
hemi-kame さま
川口にあったのですね!
サクラに関しては学研の「日本の桜」を利用しています。
その中の「桜の仲間」に載っている中で、このセイヨウバクチノキだけが見ていなかったのです。
今回上京の大発見でした。
日本の「バクチノキ」は絶滅危惧種で岡山と福岡にあるようです。
もしかしまして川口にありましたらお知らせください。
バクチノキは葉の周囲がギザギザののこぎり状です。
厚かましくお願いいたします。
Commented by sdknz610 at 2011-04-22 14:35
こんにちは。シウリザクラを思い出しました。今年も千手が浜?どうしようか・・・と思いましたよ♪
Commented by sidu-haha at 2011-04-22 17:20
えっ、もうウワミズザクラも咲いているのですね~
このふさふさの花房~とってもすきです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-22 21:32
sdknz610 さま
こんばんは
そうですね、千手が浜のシウリザクラやクリンソウ気になりますねなど。
でもいろは坂を思うと・・・ですね。
先日、思い切って出かけたらあの強震ですから・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-22 21:34
sidu-haha さま
こんばんは
ウワミズザクラではなくて西洋バクチノキです。
同じような仲間ですが・・・
こちら系の桜もいいものです。
Commented by 標高480m at 2011-04-22 23:04 x
セイヨウバクチノキは私も川口のグリーンセンターで見た覚えがあります。かなり昔ですが・・でも今でも元気なのではないかなぁ。
バクチノキは伊豆半島で見ました。私が見たのは韮山(樹高がかなり高かった)でしたが、伊東や湯ヶ島などにもあったようです。こちらも約30年前で(^^;)
植物専門の方は毎年出る植物分類リストを買っているようですが、まぁ私たちはそこまでしなくてもね。私は論文で使う場合、正確な学名は「日本植物学名検索システム」(これで検索するとでてきます)を利用しています。東北大植物園のY氏が作成したのでY-Listとも呼ばれています。千葉大のK氏によりデキル限り最新の情報に更新されています。
Commented by borancha at 2011-04-23 00:26
私にはセイヨウバクチノキとウワミズザクラの区別がつきません^^;
植物の分類は調査方法の進歩などによって、随時変わっていきますので、素人の私たちは追いつきませんね。
ネット上では新旧が使われて混乱しています。
素人にはどちらが新で、どちらが旧か、判断に戸惑います。
Commented by tksnkm2 at 2011-04-23 05:25
桜にも色々な種類があるんですね!
花の形が独特で、ぱっと桜だとは分からなかったです^^;
花のつき方が面白いです。
Commented by シゲ at 2011-04-23 10:44 x
こんにちは。
新宿御苑にこんな桜の仲間がいたとは???
来年には忘れずに撮っておきたいと思います。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-23 20:15
標高480m さま
こんばんは
今日はひどい嵐の一日です。そちらはいかがでしょうか?
バクチノキもご覧になられているのですね。
絶滅危惧種だそうで今も健在かしら?機会があったら一度見ておきたいです。
Yーlist、ご紹介ありがとうございます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-23 20:19
borancha さま
こんばんは
バクチノキの方が強そうです。
花もしっかりとしていて疎であり、葉も照葉樹のようです。
ウワミウzザクラは桜の葉のようで花も小さく優しげで密・・・
たぶんお分かりになられると思います。
分類はよくわかりませんね。
桜は10種類が今は何百種にもなっているのですから・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-23 20:22
tksnkm2 さま
こんばんは
ご存じと思いますが、この仲間にはイヌザクラ、ウワミズザクラ、シウリザクラ、などがあります。
6月ごろ、中禅寺湖や湯の湖周辺で美しいのです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-23 20:25
シゲ さま
こんばんは
新宿門から右手へ行ったラクウショウの近くと管理事務所近くで見つけました。
新宿御苑で御衣黄やウコンなどを見る機会はあまりなくて今回はいい花見ができました。
<< 奥日光山歩(2) 桜便り(7)・・・いろいろと >>