草木塔を訪ねて(1)

       置賜地方への旅、もちろん白鷹町の桜の古木に会いに行くのが目的でした。
       もう一つ、ここ5年ほど温めていた計画は
          「草木塔」を訪ねること  でした。「草木供養塔」という言い方もあります。
       伐採した木々、道端の草へのやさしい思いから建てられたものでしょう。     
       草木を愛した人々が住むこの地方を歩いてみたかったのです。          
       湯殿山や飯豊山信仰とつながりがあるのか石碑が並んでいるところが多かったです。

e0034313_8482780.jpg
e0034313_8484427.jpg


e0034313_8491213.jpg

            大明神沢草木塔 (安永9年) 
               まだ 道端に雪の残る今、雪囲いに土地の人々の優しさを感じます。


e0034313_931669.jpg

           上中原草木塔  (慶応元年)


           草木塔は、置賜地方に60基あまり、ほか、
           山形県内の8基、福島(山形県境)に1基、
           
           最近は東京に作られているようですが、
           ほとんどがこちら置賜地方にあり、
           古人の素敵な心が感じられます。
        
           厳しい暮らしだからこそ人々は優しいのでしょう。
           世界に誇れる文化です。
           
           現在はさらに厳しい環境で耐えていらっしゃいます。
           私も忘れないで応援を続けようと心に決めてきました。

e0034313_934369.jpg

by kimiko_shibata1 | 2011-05-12 09:10 | | Comments(14)
Commented by kanmyougama at 2011-05-12 09:29
おはようございます。
草木供養塔は珍しいです。
お世話になった草木や木々の感謝を込めて供養するという古人の心目が伝わりますね。
碑文も入れない石中の中には草木供養がこめられているのでしょう。
こちらでは草木塔は見かけません。
知らずにいるのかも知れません。
Commented by kawazukiyoshi at 2011-05-12 15:05
心なんですねー。
遠くの雪の山々が
私には、違った世界のように見えます。
山口は雨です。
雨もヨシです。
今日もスマイル
Commented by hemi-kame at 2011-05-12 15:29
草木供養塔、素朴な感謝なのですね。
また根源的な自然への敬いの現われなのですね。
恥ずかしながら、草木供養塔のこと知りませんでした。
ふっと思います、江戸時代の建立は飢饉と関係があるのかなぁ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-12 19:34
kanmyougama さま
こんばんは
そちらは雨はあがりましたか?
二次災害を誘発しないといいのですが・・・・

草木塔、古くは米沢周辺のみの文化です。
最近は東京に建てらているそうですが、・・・・・・・
素朴で素敵なものです。
地元でもあまり知られていないようで、予定の60%ほどしか回れませんでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-12 19:37
kawazukiyoshi さま
こんばんは
素朴な心をわすれてはいけませんね。
いい風景の山道でした。
きっと多くを望まず、足を地につけて、自然の恵みを感じる生活をされているのだと思います。

山口、そろそろ降りやみませんと・・・
随分と降っていますから危ないですね。お大事に・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-12 19:40
hemi-kame さま
こんばんは
地元でも知られていませんから・・・
私はあるところでふと知って、もとより花や木が好きでしたから
訪ねてみたいと思っていました。
おそらく雪も多く、食べていくのが大変なことだったと思います。
それだからこそこうして感謝を表してきたのでしょう。
国道121号線沿い、・・・なじみのある路線の先なんです。
Commented by matsu_chan3 at 2011-05-12 20:38
こんばんは
草木塔は初めて知りましたが先人が残されたものなんですね。
自然を大切にする心が伝わります!
Commented by sakusaku_fukafuka at 2011-05-12 21:01
山形への旅ですか。
桜を追っての旅ですね。
残雪と桜がまたいいですね~
雪囲い、本当に土地の人たちに大切に守られているというのが良く伝わってきて心にしみますね。
Commented by Konatu_sw at 2011-05-12 21:02
こんなものがあったのですね。
農耕民族のなせる技でしょうか、心やさしい日本人のなせる技なのでしょうか。
素敵なことを教えていただいてありがとうございます。
Commented by koneko2y at 2011-05-12 21:19
出身が山形というだけで何にも知らず、
kimiko_shibata1 さんには教えていただくことが
多いです。
私の実家からはここまで行くのには大変時間がかかります。
なんだか別の世界を見るような気持で眺めています。
なんて清々しい風景なんだろう・・・・って。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-13 07:57
matsu_chan3 さま
おはようございます。
早春の北海道にも似た風景かと・・・・・
さわやかな風が流れていました。
自然とともに、自然を大切に生きてきているのでしょうね。
素晴らしい里でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-13 07:59
sakusaku_fukafuka さま
おはようございます。
強烈な自然と対峙しておられるsakusakuさま、
今年も槍への挑戦成功、おめでとうございます。
こちらはのどかな風景です。
冒険のあとにはいい風景ではないでしょうか?
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-13 08:03
Konatu_sw さま
おはようございます。
しばらく前にほぼ米沢・田沢地区にだけ草木塔を知り、なんと素敵なところだろうかと・・・・
今年こそ・・・と思っていたところの東日本大震災、
でもチャンスが来ました。神様の前髪をつかんで飛び出してきました!
街道沿いの風景や山野草も素晴らしく、いい旅をしてきました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-05-13 08:11
koneko2y さま
おはようございます。
出身地のことは案外知らないものですね。
特に若いころの生活範囲は狭いもので、私もリターンしてから栃木を知りつつあります。
ほぼ田沢地区だけにだけある草木塔、山形の人々の優しさを代表していると思います。
厳しい環境で草木への感謝も忘れない・・・・こうした謙虚な姿勢には学ぶことが多いです。
街道の風景は清らかで子供のころの田圃道を思い出しました。
ちょうど原発事故の後ですから、いろんなことを思いながら歩いてきました。
米沢までですと近かったですし、道もわかりやすかったです。また行きたいです。
ただ、草木塔は地元の方でもよくわからず、みつけられたものは予定の60%ほどでした。
<< 邑楽創造の森 置賜花回廊(2)  >>