群馬散歩

      二週間ほど前、暑い群馬へ用事があって道中ちょこちょこと散策してみました。
      あまり収穫はなく、暑さに参ってしまいました。
      オオタカの住む森は小鳥たちがワイワイ遊んでいて、一歩入っただけで空振りを感じました。
      時折、トビの鳴き声がして少しだけ姿を見せてくれました。
e0034313_953366.jpg

     親子のように感じました。中央は子供、子離れを見守っていたのか?
     もうかしたら距離のある恋人・・・?
e0034313_965548.jpg
e0034313_971325.jpg

         シオカラトンボ
e0034313_974146.jpg

         マツモトセンノウ Lychnis sieboldii 学名にシーボルトの名前があります。
           もう間に合わないかと思いましたが一輪残っていました。
e0034313_992827.jpg

          コミスジチョウ
by kimiko_shibata1 | 2011-07-26 09:10 | 散歩 | Comments(22)
Commented by hemi-kame at 2011-07-26 09:35
ベンチ右の端にいるのはセキレイですか?
親子なのか、恋人どうしなのかははかり知れませんが、出会いの“婚活中”かなぁ。
鳥の世界もいろいろと駆け引きがあると聞き及んでいます。
シーボルトさんはところどころに良く出てきますね。
コミスジチョウ、きれいですねぇ。
Commented by BONKING at 2011-07-26 16:00 x
ベンチの写真はいろいろな情景が浮かびます。
親子、恋人、婚活 うーん 私は夫婦喧嘩して旦那の方が「じゃ、さいなら!」と反対向いて飛び立つところ と見ました。

前の道路の件ですが、管轄の違いはありますがOBの方に聞いたことがあります。
あれだけ立派な高速道路と同じ形式で造ったので有料化も考えたそうですが、地元の大ブーイングがあったそうです、渋滞対策にならず目的からずれていると。
さつきの方は地元の反対は無し、通った場合と通らないでははるかに時間短縮になりますからね。
以上の差と思います。
Commented by asitano_kaze at 2011-07-26 17:52
ベンチの中央にいるのは羽毛の色からみて明らかに幼鳥ですね。
で、右端にいるのは多分親だと思います。
セグロセキレイの親子のようです。
ベンチにいるというのが何だかほのぼのとします。
マツモトセンノウ、今季白花には1度も会えませんでした。
Commented by ひーちゃん at 2011-07-26 17:59 x
ベンチにいるのはセグロセキレイですか?
オオタカがいるときは森の鳥たちは声もたてませんね
こちらにはフシグロセンノウは咲きますが
マツモトセンノウは初めてです
ミスジとコミスジ 区別は?
翅の角が丸い感じかしら?
Commented by 標高480m at 2011-07-26 18:34 x
ベンチのセク゜ロセキレイ、まるでドラマを見ているようで、ふふっ。
マツモトセンノウは、赤花を2株植えてあったのですが、1ヶ月くらい前の強風で1株がネモトからポッキリ! 数m先に飛ばされていました(T_T)。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 19:19
hemi-kame さま
セグロセキレイの親子と思いますが、光線の補正が足らず、よく見えませんね。
別の写真では羽毛がボサボサとした感じで幼鳥かと・・・
巣立つまでは親がしっかり見ますね。
オオタカがお留守でのんびりした群馬・御嶽でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 19:23
BONKING さま
こんばんは
鳥の夫婦は結構長くともにするらしいですよ。
いつも見習わねば・・・と思う私です。(笑)

さすがすぐやる課・・・
さっそくの解答、ありがとうございます。
市政の常々、北高南低を感じておりまして・・・・
ようやく南図書館も会館、すこし風が変わるといいと思っています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 19:27
asitano_kaze さま
こんばんは
ここは群馬の小さな公園でオオタカがいるところなのです。
登っていくと小鳥たちがチッチ、チッチと遊んでいたので私のもくろみは・・・・・残念!
やはり毛がボサボサした感じでしたので子どもかと想像しました。
親離れの時だったのかと・・・・・
ベンチの風景が素敵でした。
昨年もマツモトセンノウ、見逃していました。今年はセーフ、でもきれいだったのは一輪いだけ・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 19:32
ひーちゃん さま
こんばんは
セグロの親子のようです。巣立つのをみまもっているたのでしょう。
小鳥たちの声でオオタカはいないとわかり、なかなかいけない所なのでちょっと残念でした。
マツモトセンノウ、九州阿蘇の写真を見ましたからそちらの湿地にもあるのでは?
コミスジとミスジ、白い模様が違います。わかりやすい違いですから検索してみてください。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 19:35
標高480m さま
みなさんいろいろと感じて、ストーリーを編み出してくださってうれしいです。
さすが蔵王のお住まい、マツモトセンノウまであるのですか!
歌舞伎役者の紋所からの命名とは面白いですね。
シーボルトさんのいい土産となったことでしょう。
Commented by ikutoissyo at 2011-07-26 20:21
ちょっと古びたベンチが、2人?の距離を物語っているような・・・。(笑) 
好きなphotoです。

高速道路の悪用について、国交省も見解を出していましたね。
Commented by sdknz610 at 2011-07-26 21:26
こんばんは。去年の猛暑の中のオオタカフィーバが懐かしいです♪
最近行く機会が無いんですが、ぼちぼち偵察に行っておこうかという気になってきましたよ♪
ありがとうございます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 22:37
ikutoissyo さま
こんばんは
雰囲気の好きな絵です。もっとしっかりと補正して撮りたかったのですが、
天気が良すぎて難しかったです。親子を思われますが、いろんな見方ができますね。
国交省が見解をだしましたか、NHKのニュースで取り上げられたので問題が改善されるだろうと・・
でも早急にして、子供の犠牲をださないようにしなくて
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-26 22:38
sdknz610 さま
こんばんは
職場の検診が八斗島であったもので・・・
今年は来ないのかしら・残念でした。
なかなかあそこまで行けないので・・・・
Commented by koneko2y at 2011-07-26 22:45
散歩コースのひとつにオオタカがやってきます。
大勢の人がいる大きな公園ですが、人慣れしているのか
高い木の梢から大勢のカメラマンたちを見下ろしているように見えました。
Commented by matsu_chan3 at 2011-07-27 05:34
おはようございます
オオタカのいる森ですか・・楽しみですね。
小鳥たちが賑わっているときはオオタカが不在・・解りますね~!
こちらでも出逢うことはあるがなかなか姿を見せてくれません(^-^)/
Commented by nenemu8921 at 2011-07-27 16:50
こんにちわ。
トップの画像、すてきですね。
暑さを忘れそうです。
Commented by tamayam2 at 2011-07-27 17:35
私もトップのベンチがすてきだと思いました。
コミスジもきれいですし、また、シーボルトさんにも
会えました(笑)。彼は、本当に精力的に日本の植物を
分類してくれたと思います。暑いですから、私もグータラ
を決め込んで(^_-)-☆
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-27 22:01
koneko2y さま
こんばんは
お近くでオオタカを観察できるなんていいですね。
人気者なんでしょうね。
うまく共存ができているのでしょう。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-27 22:04
matsu_chan3 さま
こんばんは
ここは少々距離があり、私の生活圏から離れているため、そう何度もいけない所・・・
森に入って行って小鳥たちのさえずりを聞くと少し残念なんです。
勝手ですけどね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-27 22:06
nenemu8921 さま
こんばんは
私もいい雰囲気の風景だと思います。
ただ、暑くて日差しが強くて・・・
子どもの鳥が白とびしてしまいました。
こうして親離れをしていくのですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-27 22:09
tamayam2 さま
こんばんは
ちょっとくたびれた感じのベンチが味わいを出してくれました。
こうして親離れするのですね。
シーボルトさん、植物ハンターとしても大いに日本に貢献してくれましたね。
<< 7月の日光植物園(5) 再びの暑中見舞い >>