ちょっぴり北海道(5)

       北の国2日目は白樺街道を十勝岳望岳台を目指す。8Kmにも及ぶ直線道路です。
       ただ、登るにつれて天候悪化、霧雨となり、白金インフォーメンションセンターにて一休み。
       小鳥たちの遊ぶ森があり、桜が少し色づいている。
       目指す「野鳥の森」は熊の出没で散策できないと知る。さすが北海道、熊を身近に感じる。
       TVで知った皆空釜を楽しみ、「青い池」を回って美瑛に戻ることにしました。
e0034313_9471653.jpg

e0034313_9501634.jpg

e0034313_9474587.jpg
e0034313_9475877.jpg

                コサメビタキ  集団で飛び交っており、なんともかわいらしい鳥でした。

e0034313_9483659.jpg
e0034313_949898.jpg

e0034313_9504561.jpg

                 青い池
                   アルミニウムを含んだ水がコロイド化し、何とも言い難い神秘のブルーに・・・・
                   立ち枯れしたカラマツとの風景も初めてみる、なんとも不思議な光景でした。
                   光の加減で色が微妙に変化するそうですが、曇り空でも十分にインパクトがありました。
                   撮影構図によっては色の出方が違い、なかなか難しい撮影でした。
                   十勝裾野は秋の始まり・・・・山の姿が見たかった・・・・・
by kimiko_shibata1 | 2011-09-01 09:57 | | Comments(22)
Commented by hemi-kame at 2011-09-01 16:03
北海道はやはり広いのですね。
コサメビタキ、若のように見えますがどうなのでしょう。
ラスト、青い池は何とも神秘的な感じがします。
時間がゆるせばじっくりねばって撮ってみたい処ですね。
素晴らしいです。
Commented by goldpony767 at 2011-09-01 17:12
青い池 きれいですね。アルミを含んでいるのですか!!!
コサメビタキ 可愛いです。
Commented by asitano_kaze at 2011-09-01 18:42
野鳥の森、残念でしたね。
森のクマさんは歌ってたのしいですが、本物は怖いですからね。
コサメビタキに出会われたのですね。よかったです。
青い池、とても幻想的ですね。
水面に映った枯れ木もとても風情があります。
Commented by chibigon860 at 2011-09-01 21:39
どの写真も素敵で 本当にため息がでます
コサメビタキ は可愛いし湖は怖いくらいきれいだし
道はどこまでもまっすぐだし
北海道ってすごい 
Commented by koneko2y at 2011-09-01 21:42
絵具を流し込んだような素晴らしい色の池があるのですね。
この風景を見たら感動したでしょう。
コサメビタキが小首をかしげて、愛らしいです。
Commented by ひーちゃん at 2011-09-01 22:53 x
立ち枯れたカラマツにコバルトブルーの水 とても神秘
コサメビタキ かわいいですね 私も会いたいな
黒い虫 コオロギですよね いい写真です
Commented by mink330 at 2011-09-02 07:43
おはようございます。
たくさんの北海道の写真見せていただきました。
十分に堪能なされたようですね。

コサメビタキの集団に会えたのですね。

美しい蝶と花、昆虫に造詣が深いkimikoさんの
ワクワク感が伝わってきますよ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:12
hemi-kame さま
そうですね、若様のようでした。家族で遊んでいたのではないかと・・・・
青い池、同宿の写真家さまから伺いましたが、日によって(時間?)とても違う色だそうです。
hemi-kame さまでしたらじっくりと向き合って素晴らしい写真を撮られるでしょう。
私も雨が落ちてくるまで結構粘りまして数枚写しましたが、整理してみると同じようなものばかりで掲載は一枚にしました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:14
goldpony767 さま
アルミニウムがコロイド状になってこのような色になると聞きました。
火山のふもとですので硫黄分もあるでしょうし・・・・
きっと複雑な自然の造形ですね。
Commented by ikutoissyo at 2011-09-02 11:15
青い池
ミルクをちょっと流したような、優しいブルーですね。
立ち枯れの木々が絵になって・・・、この目で見てみたいです。

↑の方と同じです。
カメラ片手に、kimikoさんの興奮が伝わってきます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:18
asitano_kaze さま
ちいさな動物には会いたかったのですが、クマさんでは・・・・・
以前、尾瀬と日光・女峰山にてニアミスした経験からクマは恐ろしいです。
青い池、こんなにもブルーだとは思っていませんで・・・
整備された林道ですが、10分ぐらい歩いたところに突然のように現れました。
どう切り取ってもどこか違う感じがしまして・・・
じっくり撮れたらもっと素敵な風景かと思います。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:20
chibigon860 さま
どこにでも素敵な風景はあると思いますが、私は北海道の風景にすっかり魅了されてしました。
また、いつか行けるように思い続け、体力と貯金を貯めようと思っています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:26
koneko2y さま
山の風景と野鳥園の予習はしていったのですが、天候や熊の件で予定変更となり、まったく知らないで行った青い池でしたので
林道の横手にこの沼が現れたときはとても感動でした。
でも撮影は難しかったです。どう写しても一本調子で・・・・
あれこれモードを変えているうちに雨になって湖面が揺れてしまいました。

コサメビタキ、仕草のかわいい鳥ですね。
夏椿は北海道にはないと思っていたのですが・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:28
ひーちゃん さま
桜やナナカマドの葉が少し、色づいて、コオロギを見つけました。
北海道は秋のようでもありました。
コサメビタキは愛らしい鳥ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:30
mink330 さま
北海道、やはりいい風景ばかりでした。
厳しい冬の生活があっての夏の輝きだと思いますが、住んでみたい土地ですね。
今回は最後まで山々の姿が見られず、・・・・
「またいらっしゃい」と言われたと解釈、行ける時を思い続けます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 11:38
ikutoissyo さま
林道を10分ほど歩いており、まだかな~と思ったとき
横手にこの「青い池」が林の奥に見えたのです。
思った以上のブルーで興奮しました。(笑)
お日様の出ているときでしたら、どう変化するのか・・・・

運転して、いい風景を見つけて(どこでもいい風景でしたけれど)、撮影して・・・・
のんきに過ごした北海道、いままた現実に引き戻されましたが、いいエネルギーになっています。
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-09-02 15:08
立枯の樹木が立つ青い池。
なんだか異様に見える色ですね。
山口には強い影響はないようですが
台風12号が徐々に近づいてきています。
明日の露天の食事会が流れそうです。
でも
今日もスマイル
Commented by シゲ at 2011-09-02 17:44 x
こんばんは。
北海道ですか!!!秋が始まる寸前でしょうか?青い池は綺麗ですね!
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 19:41
KawazuKiyoshi さま
びっくりするブルーです。神秘的でもあります。
自然の中で起こることはすごいです。
台風一過の食事会となるといいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-02 19:43
シゲ さま
お盆過ぎの少々季節外れに行ってきました。
心身にたまった澱を落としに・・・・・
新聞もTVもPCもない宿屋でのんびりしてきました。
食事がとてもおいしい宿にあたり、ラッキーでした。
Commented by matsu_chan3 at 2011-09-04 06:35
野鳥の森には入れなかったのですか・・
7月末には野鳥を求めて歩き回りましたが誰にも会うことはなく・・
クマさんにもね(^O^)/
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-04 22:24
matsu_chan3 さま
現地まで行っていないのですが、白金インフォーメンションセンターで入れないと。
お天気も悪かったです。
熊さんではちょっと・・・・・
<< ちょっぴり北海道(6) ちょっぴり北海道(4) >>