豊後の旅(1)

         動けるうちに(?)行ってみたいところであった大分を旅してきました。
         たった3日間でしたが、思う以上に素敵な所でした。
         25年ほど前には、こんな旅ができるとは思っていませんでしたが、夢が叶いました。
         よく耳にするように「夢は持ち続けていると叶うもの」でした。

         国東半島の山の中にある富貴寺、国宝の寺は驚くほどひっそりとありました。
         平安後期の建立で総素木(榧)造り、三間四間の建物です。
         イチョウも少し色づいて黄葉が少し落葉しつつありました。

e0034313_21132829.jpg


e0034313_21152340.jpg


e0034313_21155226.jpg


              718年仁聞菩薩の開基
              榧の大木一本で大堂を造り、仏像を刻んだといいます。
              九州最古の和風建築物です。
              本尊は阿弥陀如来坐像でとても穏やかな相貌、・・・・・・
              特に仏教を信仰しているわけではありませんが、心が現れるようなお姿でした。
              壁画もうっすらと残っていました。
              もう少しすると屋根や堂のまわりが銀杏の黄葉で埋め尽くされます。
 

          40年ほど前、中学の修学旅行で中尊寺へ行き、金色堂が印象に残りました。
          その後、連れ合いとの出会いで、いわき市の白水阿弥陀堂を知り、同じく心に残りました。
          特に仏教への関心があったわけではなく、平安後期の建造物の姿や庭園の造りが好きだったのです。
          月日がたち、息子の高校時代の資料集から同じ時代の毛越寺、厳島神社、投入堂、富貴寺、臼杵の石仏を知りました。
          これらを見ることができたらいいな~と思いつつ、今回の豊後への旅となりました。
          時間はかかりましたが、すべてを回ることができ、夢が叶ったのは幸せです。


          
          
          



e0034313_213314100.jpg

      距離がありすぎました。もう3分早く着きたかった。でも、水に写り、シルエット的でいい風景でした。(8:16)
by kimiko_shibata1 | 2011-10-18 21:38 | | Comments(32)
Commented by chibigon860 at 2011-10-18 22:06
願い続けていれば 夢は叶う
嬉しくなる言葉です 行きたいところが沢山あります
そのうち行けると信じることにします
最後の写真 好きです
Commented by 栃木ハンター at 2011-10-18 22:20 x
shibataさん、こんばんは。

"夢は持ち続けていると叶うもの"
深いですね~、なるほど。

私にも体が動くうちに行きたい場所が沢山あります。
でも、実は「きっともう行けないかな」って諦めている部分がありました。

きっと行ける!そう信じることにしました。
shibataさん、夢がかなってよかったですね!
美しい景色、そして気持ちをありがとうございました。

ではでは。
Commented by goldpony767 at 2011-10-19 05:45
九州ですね、行ったことがないところです。
夢が実現してよかったです。いいところではありませんか。
気力に感服です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 07:58
chibigon860sama
親の介護と自分の加齢、加えて震災後の不景気・・・・
ちょっと思い切って飛びました!
チャンスの神様は前髪しかないそうです。
チャンスが来たらつかんでください!
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 08:00
栃木ハンター さま
いかがですか?少しは体調回復しましたか?
私も椎間板ヘルニアとすべり症の合併でつらい時があります。
どうぞ、お大事に・・・といっても気をつけながら復活しましょう!
この1~2年は頑張って動きたいと思っています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 08:02
goldpony767さま
自分で運転しての旅はそう長くは続かないと思いまして・・・・・
お天気が良くなかったのですが、富貴寺の大堂も公開されていて(天気で閉鎖)滑り込みセーフでした。
Commented by hemi-kame at 2011-10-19 08:55
大分ですか。
魏志倭人伝でちらっと出てくる神話世界のイメージが強いです。
仏教建築も立派なのがあるのですね。
まあ、神話と仏教は時代が違うので文化遺産はあっても不思議はないですね。
Commented by babakzk9271 at 2011-10-19 09:19
大分には時々行くのに知りませんでした。
今度行く機会がありましたら是非寄ってみたいと思っています。

最後の写真水に写ったシルエットが素敵です。拍手
Commented by withadog at 2011-10-19 17:33
拙ブログへお越し下さいましてありがとうございました。
蝶の切手も拝見させて頂きました。
切手は見飽きるということがありません。
ありがとうございました。

大分の旅を堪能されたのですね。
数年前まで近くに住んでいたので
何度も大分に出かけましたが
国東半島へは行ったことがありません。
風情のあるところなのですね。
Commented by mink330 at 2011-10-19 18:16
落ち着いた雰囲気の写真に、心が洗われます。
いい旅をなさいましたね。
北海道にもいらしたし、自分の思うところに行ける幸せ・・・
でも実行力がないとそうはいきませんね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 19:03
hemi-kameさま
私は「大分=吉四六さん、いいちこ」ぐらいでした。
奥が深い大分、元気な大分でした。
やはり関東より元気だと感じました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 19:05
babakzk9271さま
こんな素敵な大分へ時々行かれるとは!
是非、大分を紹介してください。
この富貴寺も銀杏の葉が地面を埋め尽くす頃がいいようです。
カワセミ、ボケですが味わいはあります。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 19:12
withadogさま
こちらへもお越しくださいましてありがとうございます。
切手の掲載はもう少し生活が落ち着きましたら・・・・
切手のお話は楽しくてまた貴ブログへお邪魔させていただきます。

お近く・・ということは九州にいらしたのですね。
大分はなかなか味わいのあるところでした。
想いが叶って、旅の整理を楽しんでいます。
やはり立派なパンフなどもらってきましたので
小さなスクラップブックを作成してみます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 19:17
mink330さま
大分までは行けないと思っていました。
それがトントン拍子に話が決まり・・・・・
思うところに行けるのは幸せで、感謝です。
介護の進行と自分の体力の衰退、そのバランスを考えますとここ1~2年が・・・・・
運転も長い時間となると負担になってきましたので少々焦っているのかもしれません。(笑)
Commented by asitano_kaze at 2011-10-19 20:07
大分を旅してこられましたか。
私は九州で生まれ育って、関東に住むようになりましたが、九州は恋しいです。
1,2,実に趣がありますねぇ。
カワセミ、シルエットがいいですね。
鳥さんとの出会いはそのときの運ですね。
Commented by koneko2y at 2011-10-19 20:52
すぐ上の姉が大分市で暮らしています。
両親が生きていた頃一度行きましたが、それが両親との最初で最後の旅行でした。
一週間いて九州のあちこちを連れて行ってもらいました。
山形から来る両親と羽田空港で待ち合わせをしたのになかなか会えずに焦ったり、
帰りには羽田に着陸できずに成田空港まで連れて行かれたり大変でした。
でも今となればよい思い出です。
大分の姉も又おいでと言ってくれているのでそのうちにと思います。
旅先で出会ったカワセミは一層嬉しいかったこと思います。

パソコン仲間と毛越寺へも行くことになっていましたが、ひとりが都合悪く
行けないままです。
行きたいと思っていればいつか願いが叶うかもしれません・・・。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 21:55
asitano_kazeさま
そうでしたか!なかなかじっくり歩く機会はありませんでしたが、
今回、ツアーでなく、自分で旅をしてみて、なつかしい日本のような気がしました。
そして、やはり震災地から遠いからでしょうか元気を、日常を、感じてきました。
やはり関東も非日常にあるのだと思いました。
カワセミ、いい雰囲気でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-19 22:00
koneko2yさま
大分にいらっしゃるのですか?それではいずれ再訪の時が来ますね。
両親との旅、私たちの世代はあまりないですね。
息子の資料集を見たときは、もう母が要介護になっていましたから
日本の中とはいえ、大分や鳥取などへはいけないと思っていました。
私もそれほど執着していたわけではなかったのですが、
どこか行ってみたいと思うとき、これらが思い出され実現してきました。

みなさん、揃って毛越寺へ行ける日も来ると思います。
Commented by ひーちゃん at 2011-10-20 07:42 x
富貴寺 平安後期の建物ですか
総素木造りのお堂がひっそりと ふしぎな存在感がありますね
無駄がなくスッキリと 近代的にさえかんじます
大分までお出かけされたのですね
ほんとうに 出来るときに 体が動くうちに
したいことを したいものです
Commented by ikutoissyo at 2011-10-20 09:02
こういう景色を見ると、すーっと心が落着きますね。
沢山の歴史を見つめてきた建物には重厚な趣があって、ホント素晴らしい。

ご主人様とご一緒だったのですね。いいですね。
何故か私は夫と旅行をすると、つい口げんかになって・・・。駄目です。
Commented by シゲ at 2011-10-20 16:35 x
こんにちは。
これはまた大分とは遠くへ飛びましたね!国東半島は奈良時代から
平安時代にかけての面白いところがあるとは聞いていました!
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-20 18:25
ひーちゃん さま
実に質素で味わいのあるお堂でした。
あいにく銀杏の葉を敷き詰めた風景ではありませんでしたが、満足です。
元気なうちに・・・と思いましたし、なにか日本が壊れていくような不安も感じ、
行けるなら今のうち・・・と
ちょうどまわりの状況もよくて・・・・
また、元気で介護ができます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-20 18:32
ikutoissyoさま
車で300kmほど走りました。どの風景も昔を思い起こさせる懐かしい風景でした。
仏像のお顔を慈愛にみちたやさしいもので心もゆったりと・・・・・

夫と旅ができたら最高なのですが、いろんな事情で一緒に出掛けることはなかなか・・・・・(夫は仕事とバンド活動なのです)
そんなわけで、自分で運転して、かつ、楽しめる時間はあまりないと考えています。
(旅の形態を変えればまた違いますが・・・公共機関+レンタカーが今は最適)
今回は友人と・・・・二人旅・・・やはり責任が大きくなりますから一人がいいのかもしれません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-20 18:35
シゲ さま
こんばんは
チャンス到来で行きたいところへ・・・・・・
自分の楽しめる時間も残り少ないと思ったり、
今の日本、また、どこかで何が起こるか・・・・行けるときには動かないともうこの風景も見られないかも・・と思いまして。
自然も政治も不安だらけで・・・・・
なかなか素敵な国東半島でした。
Commented by azuminomasa at 2011-10-20 20:39
こんばんは
九州への旅、良い発見があったのではないでしょうか、平安時代の
建物を見ただけでもロマンありますね^^ 今に残っているのにも驚き
ますが大木一本で作られているのにも驚きました^^ 見てみたいと
願っていれば私も見られるかと楽しみです^^
アオスジアゲハ、綺麗に撮られてますね。
Commented by sdknz610 at 2011-10-20 22:43
こんばんは。豊後の旅とは!(@_@;)ですね~♪
大分は仕事で何度か行ったことありますが、ホバークラフトが印象的でした。昔の話です(^_^;)
カワセミ・・・出始めていますね。あの杭!♪
でもやっぱりミサゴになっちゃいます・・・。
Commented by south-wind2010 at 2011-10-21 00:11
こんばんは!
 豊後の旅、良い旅をなさいましたね。
 いつかはここ石仏群に会いに行きたいと思い始めて幾年が
経ったでしょう?絢爛豪華な圧倒される雅の世界もいいですが、
この自然と同化したような静寂、素敵ですね。自分もこの中に一時
身をおいてみたいです。

 阿弥陀如来坐像、あの慈悲深い視線の先と、膝上のしなやかな
指先。仏像彫師の開基の特徴なのでしょうか?近々、是非出掛けて
みたいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-21 07:56
azuminomasaさま
おはようございます。
素朴な美しさに感動でした。こんなにも素晴らしいとは・・・・
時間の少なさを悔やんだものですが、行けた事が幸せと思い直しました。
静けさが何よりのご馳走・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-21 08:04
sdknz610さま
おはようございます。おかえりなさい。収穫は?
自分でも飛んで行ってきた事にびっくりです。
空の旅も大丈夫になりました。(笑)
静けさの中の国宝の御堂、素敵でした。
このまま次世代に伝わることを祈ります。

我が家の近く(・・・といっても歩いて20分ですが)に小さな遊水地ができて鳥が来るようになりました。
まだカモ、サギ類ですが、もしかしたら・・・と楽しみです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-21 08:11
south-wind2010さま
ようやく行けました。関東から九州はちょっと・・・・・・
こんなに素敵だとは!!もう少し時間がほしかった・・・などと贅沢な気持ちにも・・・・・
行けたことに感謝ですのに・・・・
石仏、磨崖仏もみないい表情で迎えてくれました。
やはり、素朴さと静寂さが私には何よりです。夫も関心のある地方、またいける機会があれば・・・・と思います。

西日本はやはり平常の時が流れていて安心しました。
大分市内も元気でした。
Commented by tamayam2 at 2011-10-21 10:07
豊後の旅、思い立ったが吉日。実行力のあるkimikoさん
らしい。ちょうど季節もよいし、いい機会があれば行かないと。
静かな落ち着いた日本の姿ですね。心がほっとします。
最後の写真は、傘地蔵みたいで、いいわあ!
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-21 18:35
tamayam2さま
飛行機利用ですからいつものように直前とはいきませんで、安いチケットがとれる範囲で決めました。
自分の体力との兼ね合いで、安全に知らない土地をドライブするにはあまり残された時間がないと考えています。
大分、いい風景でいい旅ができました。

ボケていますが味のある一枚かと掲載しました。
<< 豊後の旅(2) 10月の東御苑(2) >>