豊後の旅(5)

      日田から雨と霧の中大分にむかい、翌日、早朝に臼杵を訪ねました。
      早起きは・・・・何とやら・・・・とても素敵な石仏たちに・・・感動でした。
      歩く途中でアミガサダケも・・・・こんな無傷で清楚なものは何十年も山を歩いていますが初めてでした。

e0034313_20231251.jpg
e0034313_20232255.jpg


        素敵な風景でした。少々身辺が忙しく、また 落ち着きましたら詳しく掲載いたします。
        お返事が遅れると思いますが、ご了解ください。
by kimiko_shibata1 | 2011-10-29 20:24 | | Comments(32)
Commented by chibigon860 at 2011-10-29 21:57
このきのこ アミガサダケっていうんですね
実際には見たことないですが・・・
いい景色を見せていただきました
ありがとうございます
Commented by koneko2y at 2011-10-29 21:58
本当に綺麗なレース状のきのこですね。
続きの記事を待っています。
Commented by matsu_chan3 at 2011-10-30 06:00
おはようございます
野山を歩き回りキノコはよく見かけるが今年は不作のようです。
ヒグマの好物が少ないので都会の住宅地にまで出てきて大騒ぎです。
アミガサダケの完全な姿はなかなか観れませんね(^O^)/
Commented by hemi-kame at 2011-10-30 09:15
これはきれいなキノコで個体もしっかりしてますね。
きれいですが見慣れないキノコはどうも妖しく見えます。
食用だそうですね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-10-30 14:32
綺麗なキノコですね。
スペインのご婦人のようですね。
面白い。
今日もスマイル
Commented by シゲ at 2011-10-30 16:00 x
こんにちは。
私もごく稀にアミガサダケを見ますが、こんなに綺麗なのは初めて
見ました。素晴らしいですね!雨に濡れた石仏も良い雰囲気ですね。
Commented by goldpony767 at 2011-10-31 04:50
臼杵の石仏、なつかしいですね。
編み笠だけ、なめは知ってましたが、実物はこういう姿なんですね。
ありがとうございます。
Commented by asitano_kaze at 2011-10-31 07:30
ほほう、これは見事なアミガサダケですね。
おとぎの国のこびとの家のようです。
いやもっと現実的にモダンな電気スタンド。
こんなに傷がないものも珍しいです。
Commented by ikutoissyo at 2011-10-31 08:05
世の中には不思議な植物が沢山ありますが
このアミガサダケも、私にとっては驚愕(おおげさかな)の一つです。
実物はさぞかし・・・・、あ~~見てみたい。
Commented by ひーちゃん at 2011-10-31 08:33 x
臼杵市の磨崖仏は平安時代にさかのぼるものだそうですね
インドの仏様は見たことはありませんが
こんな感じかなと思われるものでした と言っても写真ですが
アミガサタケも初めて なんだかアミガサユリに似ています
次回のUPを楽しみにしています
Commented by withadog at 2011-10-31 14:50
こんにちは!
臼杵石仏ですか! 懐かしいです。
夏には臼杵の火祭りが開催されます。
田畑の中にたくさんの灯りが点り牧歌的かつ幻想的です。
山頭火もここに立ち寄り句を詠んでいます。
Commented at 2011-10-31 14:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:43
chibigon860さま
ピカイチのアミガサダケです。
たいていは虫に食べられたり、褐色になって、破れていたり・・・・・
妖精のように美しいアミガサダケでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:45
koneko2yさま
本当にきれいな・・・初々しいというのがぴったりなアミガサダケでした。
こんな出会いもうれしいですね。
雨でしっとりとした風景でした。
また週半ばより更新しますのでお付き合いください。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:51
matsu_chan3さま
いつもどこか傷ついているアミガサダケ、実にきれいでした。
今年はドングリも少なく、ヒグマも冬眠を控えて大変な年でしょうね。
事故が起きないことが一番ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:53
hemi-kameさま
これほどきれいなものは見たことがありませんでした。
この朝、開いたのかもしれません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:54
KawazuKiyoshiさま
スペインの貴婦人はこのような素敵なドレスなのですね。
素敵な出会いですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:57
シゲ さま
こんばんは
きれいなアミガサダケ、なかなか見つかりませんね。
いい時に通りました。
石仏群も素晴らしいものでした。また、更新します。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 18:58
goldpony767さま
臼杵を歩かれたのですね。
いいところでした。
アミガサダケ、山ではたいてい黄色くなったり、傷ついていたり・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 19:01
asitano_kazeさま
本当にこれほど美しい時に出会えたことはありませんでした。
たしかにランプシェードや小人のおうちのようです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 19:03
ikutoissyoさま
不思議な形や構造ですよね。
こんなに完全にきれいなものは見たことがありませんでした。
山道でババふたり驚嘆の声!!静かな山ですのに・・・・(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 19:05
ひーちゃん さま
平安後期のもののようです。
大陸的ですね。
いいところでした。
アミガサダケも美しい姿で待っていてくれたようです。
次回は今週後半になるかと思います。またお付き合いください。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 19:10
withadogさま
行かれたことがあるのですね。
あのひっそりとした野山に灯りが灯ったら素敵でしょうね。
ブログに掲載されているのかしら? 
しぐるるや石を刻んで仏となす・・・ですね。
素敵な臼杵でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-31 19:11
鍵コメさま
ありがとうございます。
お礼より先にお知らせを送りました。よろしくお願いいたします。
Commented at 2011-11-01 09:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 標高480m at 2011-11-01 10:55 x
ご無沙汰でした<(_ _)>
アミガサタケ、ちょうどいい時に撮れたんですね。グレバの所もきれいに模様が出ていてスゴイです。今年はキノコの出方がおかしいと山形の方も言ってましたが、頂いたマイタケ、香りは良かったのですがちょっと乾いたような味がしました。このアミガサタケも美味しそうですね。
Commented by nenemu8921 at 2011-11-01 12:32
すばらしいきのこ見つけましたね!
図鑑でしか、見たことがない。。。
いいなあ。
Commented by tksnkm2 at 2011-11-02 00:58
アミガサダケ、珍しいきのこですね!!
こんなきのこが存在するんですね^^
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-11-03 21:59
標高480m さま
こんばんは
こんないいタイミングで見られるのは貴重ですね。
どこも痛んだり、変色しておらず、・・・うっとりしてしましました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-11-03 22:02
nenemu8921さま
山では時折見かけるキノコですが、これほどいい状態で見られることは難しいです。
少し暗い山道にぽっと灯りが見えたよう・・・・
石仏も素晴らしかったのですが、この一本のキノコのほうが印象に・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-11-03 22:03
tksnkm2さま
これから山を歩かれると見かけることはできますよ。
でもこれほど完璧な状態はなかなか・・・・
どこか虫に食われていたり、色が変わっていたり・・・・・
山の楽しみは尽きません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-11-03 22:07
11/1鍵コメさま
無事終了しました。
お心遣いありがとうございます。またよろしくお付き合いください。
<< 豊後の旅(6) 木枯らし一号とともに・・・・・ >>