雨の日のちょといい都会風景

        楽しい予定ですから雨は気になりませんが、近ごろはちょっとばかり上京するのに決心がいります。
        六本木で友人と落ちあい、エルミタージュ展を楽しみました。かつてのロシア帝国の歴史を感じる重厚な美術展でした。
        出口には芝郵便局による特別な風景印のコーナーがありました。(今までの美術展にあったのかしら?)
        昼はミッドタウン内の決めておりましたのでそちらに向かいますと「東北の食と住・テマヒマ展」の案内がありました。
        最近、退職しアンテナが低くなってしまったようでこの企画展を知らずに過ぎてしまう所でした。
        おそらく、ここに紹介されている物づくりの技術はあと数年で失われてしまうでしょう。
        この展覧会の中には、今停滞している日本を見直す何かがあるように感じました。
        技術の継承にこだわっているshibataには感動の展覧会でした。
e0034313_12321648.jpg

        さまざまな展示品の中には「凍みイモ」がありました。南部地方で冷害や飢饉に備えた保存食。
        ジャガイモの原産地、アンデスにはチューニョという凍結乾燥のジャガイモがあるが、東北地方にもあったとは!
        浅学でした。2か月半の時を凍ったり、溶けたりして軽石のようになり、粉にして熱してイモ餅として食べる。
        現在作っておられる方は、川畑りえさん(1932年生まれ)お一人と伺った。

充実した時間を過ごし、東銀座にでると雨の中、お祭りの行列が・・・・
波除稲荷神社「つきじ獅子祭」の祭列でした。神職の方は雨具もなさらずに・・・・・
e0034313_1241710.jpg
e0034313_12411782.jpg
e0034313_12412479.jpg


どのようなお祭りかは、帰宅後調べました。以下、波除神社HPより

明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。
或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了致しました。萬治2年(1659)の事です。 人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。


今も昔もさまざまな困難になんとか立ち向かう日本人の姿が見えます。
現代人は先を急ぎすぎて自分たちの未来に希望を見いだせないのかもしれません。
政治家、官僚にはどんどん先を歩んでほしいのですが、・・・・

e0034313_12565041.jpg


        
by kimiko_shibata1 | 2012-06-11 12:57 | | Comments(12)
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-06-11 15:43
テマヒマ展
良かったですねー。
私はエルミタージュにも興味駸々。
若い日に行った想い出の美術館ですから。
今日もスマイル
Commented by chibigon860 at 2012-06-11 21:47
どの時代にももうダメかもしれないと
思うことは起きているんですよね
その都度人は乗り越えてこられた
案外人って強いのかもしれない 
そんな気がします
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-11 22:13
KawazuKiyoshi さま
波乱万丈のエカチェリーナ女帝、・・・
エルミタージュの素晴らしい美術品は彼女のおかげですね。
若く多感なころに行かれたとは・・・!良かったですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-11 22:15
chibigon860 さま
私を含めて今は辛抱がなくて、他力本願の所を反省しないといけません。
芸術品のようなテマヒマの産物は感動でした。
Commented by matsu_chan3 at 2012-06-12 04:19
手間ひま・・いい響きですね!
使い捨ての時代から見直されるようなことでモッタイナイの
精神を思い出したいですね。
Commented by hemi-kame at 2012-06-12 10:33
波除神社には歯の黒い“お歯黒獅子”もあるとこの前TVでやってました。
お歯黒獅子は担ぎ出されなかったですか。
獅子の頭だけというのも面白いですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-12 11:13
matsu_chan3 さま
テマヒマ、モッタイナイ・・・どちらも響きもいいですね。
少し、時代を戻してじっくりしぶとく生きましょう。
鳥撮影も辛抱ですね。私は駄目ですが・・・・(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-12 11:15
hemi-kame さま
築地は知っていましたが、波除神社は知らずに・・・
お歯黒獅子もあるのですか!
こちらは金歯ですね。
Commented by tamayam2 at 2012-06-12 19:33
しばらくご無沙汰しておりました。さかのぼって拝見。
私が一度訪ねたい石見銀山への旅、蝶の写真、鳥の写真、
それに、愛らしい「さくら」ちゃんの登場!みんなみんな、楽しく
拝見させていただきました。ネコ好きの私、ウチもネコの話題
だけでいつも笑いあっておりますよ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-12 21:00
tamayam2 さま
いつも楽しいお話をありがとうございます。
石見銀山、想像以上にきちんと保存されていて素晴らしかったです。
何もない・・・と思われるほど・・・
さくら、どうぞよろしく。
ジジババの会話が明るくなりました。
Commented by ikutoissyo at 2012-06-13 23:08
エルミタージュ展、気になっている展覧会です。
暑くならないうちに行ってこなくちゃ。
「テマヒマかけて」・・・この響きの中に愛情を感じますね。
ミッドタウンの中華料理店(2階だったかしら)の、「京野菜たっぷりタンメン」がとても美味なんですよ。
眺めもよろしいし。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-14 06:50
ikutoissyo さま
エルミタージュ展、さすが~と幅広い作品を堪能してきました。
歩いてみたい街、サンクトペテルブルクですが、実際には行けませんからこちらで雰囲気だけを・・・
最後には芝郵便局の風景印コーナーなどもあって面白くもありました。

エスカレーターわきに行列ができていた店でしょうね。
友人と何かしら・・?と
4F「ボタニカ」でちょっとリッチなレンチをしました。こちらもアレルギーや糖質摂取を考えたメニューがあります。
次回は「京野菜」をいただいてみます。
ミッドタウンにもユニクロ、無印があるんですね。
<< 6月の鶴田沼 6.1 日光植物園(1) >>