6月の鶴田沼

         6月に入ってご無沙汰だった鶴田沼へ行ってみました。
         雨が降りそうな日ですが、カザグルマが気になっておりました。案の定、最盛期が少し過ぎてしまったようでした。
         気温も低く、蝶の舞は期待できませんでしたが、葦原を見ていると・・・・
         やはり「犬も歩けば棒にあたる」ですね。思わぬ収穫がありました。
e0034313_1140361.jpg
e0034313_11404580.jpg

          カザグルマ Clematis patens キンポウゲ科 中国原産のテッセンと似ていますが別物です。
e0034313_11433011.jpg

         そう!、ハッチョウトンボのオスを見つけました。寒さのためか止まったまま・・・メスの姿は見つかりませんでした。
             ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea 日本で一番小さいトンボです。
e0034313_1147226.jpg

             帰りには、ホシゴイがフェンスで見送ってくれました。
             やはり目の離せない鶴田沼です。
                      残念なことに二羽いたカワセミの一羽がタカに捕まってしまったそうです。
                      厳しい自然の生き物たち・・・・・
by kimiko_shibata1 | 2012-06-12 11:49 | 散歩 | Comments(24)
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-06-12 14:14
ハッチョウトンボ
美しいトンボですね。
まだ我が家の近くには
トンボを見かけません。
また追いかけましょうか。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by goldfrog1103 at 2012-06-12 17:14
ホシゴイ 昨年見ましたが もういるのですね。
ハッチョウトンボ 赤いのですね、小さいのですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-12 18:37
KawazuKiyoshi さま
小さな小さな命です。
眼の悪い私にはなかなか見つけられません。
今日は寒くてじっとしていてくれました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-12 18:39
goldfrog1103さま
ゴイサギを初めて見たのは京都の蹴上、なんともいい出会いでした。
ハッチョウトンボ、2~3cmでしょうか、小さいです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-06-12 19:06
なるほど・・・・・・・思わぬ出会いがあるものなのですね。
すっかり夏の装い、トンボには無知な私には普通の赤とんぼなのですが、もうトンボが飛び交う季節なんですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-12 21:03
sakusaku_fukafuka さま
寒かったので蝶や鳥との出会いは期待できなかったのですが、・・・・
ハッチョウトンボは爪の先ほどのかわいいトンボです。
Commented by chibigon860 at 2012-06-12 21:50
こんばんは
説明を見なかったらテッセンだと思うところでした
カワセミを鷹が襲うのですか
鳥が鳥を・・・そんなことがあるのですね
Commented by hemi-kame at 2012-06-13 05:43
ハッチョウトンボがいるんですねぇ。
まだ本物は見たことないです。
体長が20mmぐらいというから、良く見つけたと思います。
ホシゴイにも遭えて、なかなか捨てがたい良い沼ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-13 06:32
chibigon860 さま
猛禽類は鳥を捕獲して食べます。
自然の世界は厳しいですね。
小鳥たちが集団で移動するのも被害を少なくするためだそうです。
のんきにわがまましているのがヒトです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-13 06:35
hemi-kame さま
いても私には見えないことが多いのです。
この日は寒かったので動かずにいてくれてよかったです。
タカやフクロウなどいろいろいるようで写真で見せていただいています。
街中の貴重な自然です。
Commented by matsu_chan3 at 2012-06-13 18:23
こんばんは
ホシゴイですか・・見てみたいですね!
ハッチョウトンボも初めてですが通常の赤トンボよりずっと小さいと
ますます可愛いね(^_-)-☆
Commented by azuminomasa at 2012-06-13 21:13
こんばんは^^
カザグルマ、大きな白い花? 名前のとうり回りそうな迫力あります
ね^^ 鶴田沼、この光景を見ると自然が残って良い処だと思います
晴れるともっと何か出てきそう^^ いよいよトンボも出てきたんですね・・
ハッチョウトンボ、私も見てみたいです^^ 見つけられるかが
問題?^^
Commented by mink330 at 2012-06-13 21:31
鉄線に似ている植物、カザグルマというのですね。
その名の通りの花ですね。
日本で一番小さいトンボを見つけられてよかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-13 22:12
matsu_chan3 さま
ゴイサギ、ハッチョウトンボは北海道には居ないのですね。
ゴイサギは、こちらでも最近増えているように思います。
暖冬化の影響もあるのでしょうか?・・・とすればいつか北海道でも見られるかもしれませんね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-13 22:16
azuminomasaさま
カザグルマ、のびのびした感じが好きです。
ハッチョウトンボ、飛んでいると私にはさらによく見えません。
こうしているはずの鶴田沼でも見られない年があるのです。居るはずなのに・・・・
環状線が走っている傍なのですが、上手に保存されてきました。
最近、周囲の一部が転売されたと聞きますし、実際、森が薄くなりまして心配です。
Commented by koneko2y at 2012-06-13 22:18
ハッチョウトンボって、2cm位しかないそうですね。
小さくても色が鮮やかなので見つけやすいでしょうか。
カワセミ、残念で溜まりません。
私の散歩道の池に生まれたカルガモのヒナが猫に襲われました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-13 22:19
mink330 さま
カザグルマ、その野生的な感じと清楚な感じで北海道が似合うように思いますが、
分布を見ましたら本州~九州北部となっていました。
真っ赤なハッチョウトンボ、うれしい出会いでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-13 22:23
koneko2y さま
そうですね。小さくて飛んでいると虫のようで・・・・・
こうしているはずなのに見つからない年もあるのです。私には・・・・
今回もメスの方が多いと聞いたのですが、写せませんでした。

自然界は厳しいですね。ヒトの方がずぼらでも生き残れます。
猫がカルガモを襲うのですね。あの13羽の一羽かしら、かわいそうに・・・
Commented by kanmyougama at 2012-06-14 06:52
風車・・・鉄線そっくり。
ハッチョウトンボは本当に見かけなくなりました。取り残されたような山田の水辺で見かけましたが、そんな場所も姿を消しています。
貴重ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-14 06:59
kanmyougamaさま
ここに咲く、カザグルマが好きで毎年通っています。
残念ながら南九州には自生地がないようです。
ハッチョウトンボ、なかなか見つからなかったり、撮れなかったり・・・
今回は成功でした。
Commented by nenemu8921 at 2012-06-14 09:42
カザグルマ、見事ですね。
構図もナチュラルでいい画像ですね。
自生しているカザグルマは少ないでしょう。
それにしても健脚ですね!!
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-14 18:36
nenemu8921 さま
このカザグルマ、素敵な花です。
花のアップでなく、緑の湿地とお似合いかと・・・・
ここは歩くところは少ないのです。びっくりするほど幹線道路沿いでして・・・
脚力は落ちる一方です。
Commented by yuta at 2012-06-19 06:44 x
おはようございます
静かなできれいなところですね
ハッチョウトンボは日本一ちいさいトンボなのですね
初めて見ました
赤とんぼのような感じがします
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-06-19 07:21
yuta さま
おはようございます。
写真は実物より大きいのです。実際は2cmほどですので飛んでいるときはなんだかわからないほどです。
これも生息地が限られてきています。
幹線道路から一歩はいtっただけなのですが、保護活動で守られています。
<< 6.3 ミツモチ山 雨の日のちょといい都会風景 >>