憾満ガ淵(含満ガ淵)

          今回の日光行き、少々開園より早く到着しましたので、対岸の憾満ガ淵(かんまんがふち)によって見ました。
          幼いころからがんまんが淵と読んで、化け地蔵とともに思い出深き所です。         
          男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝。
          大谷川の急流の水音が、不動明王の真言の一節のように聞こえることから、漢字をあてて命名された。
          数えるたびに数が違うので、化地蔵[ばけじぞう]とよばれる地蔵が約70体並び、
          上流の絶壁には、弘法大師の投筆といわれる「かんまん」の梵字が刻まれている。
          
e0034313_19105556.jpg
e0034313_19111180.jpg
e0034313_19111972.jpg
e0034313_19112736.jpg
e0034313_191289.jpg


          ここを歩くだけでも静かな日光らしさを感じるところです。
          緑が美しく、是非、日光にお出かけの節は「滝尾神社への道」とともに歩いてほしい所です。
          昔はこれほど水量がなくて、植物園と石伝いに自由に行き来ができました。
          恐ろしいほどの水の流れもなんのその、さすが気の強いキセキレイでした。
by kimiko_shibata1 | 2012-07-03 06:00 | 山歩き | Comments(30)
Commented by kanmyougama at 2012-07-03 10:25
緑の葉っぱが滴るようできれいですね。
苔むした緑もきれいです。
赤い涎掛けの地蔵さん数えるたびに数が合わない・・・そうなのです。
いたずらしているんです。
Commented by nenemu8921 at 2012-07-03 10:49
まあ、あの対岸も入れるのですか。
静かでいい雰囲気ですね。あるいてみたいです。
季節によって新しい発見がありますね。
ウリノキ、ツルガシワ、見てみたいです。
センジュガンピは花期が長いのか、夏の終りにも出会ったことがあります。
Commented by shata3438 at 2012-07-03 11:12
こんにちは。
ここは良いところですね。初めて行ったときはカーナビもない時代で
道が分からず迷いました。
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-07-03 15:33
川の流れ、美しい緑の中の小鳥の声。
いいですねーー。
聞こえてきた神の声も書いてみました。
また押し付けです。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by hemi-kame at 2012-07-03 15:42
街道裏の匠町辺りまでは歩いたことがあります。
そのときこちらまでは足を延ばしませんでした。
それいらい向こう岸としていつも眺めるだけでした。
緑と地蔵の赤いお掛けが良いですね。
2枚目、素晴らしい、良い絵になっています。
Commented by mink330 at 2012-07-03 18:05
なかなかいいところですね。
お地蔵さんの数数えてみましたか?
キセキレイもしっかり写真に収まり、早めの到着
意義がありましたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 18:15
kanmyougama さま
はい、雨の上がった後でしたから・・・・
お地蔵様のいたずら・・・子供時代、何度も往復したものです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 18:16
nenemu8921 さま
現在は植物園から対岸へ直接行けませんが、別なルートですと車で行けます。
緑がきれいな季節でした。
ウリノキ、かわいい花です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 18:18
shata3438 さま
少々、わかりにくい所です。
そのため、ヒトの侵入も少なく、よいのかもしれません。
ここと滝尾神社への道が好きです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 18:19
KawazuKiyoshi さま
キセキレイが鳴いておりました。
渓流の轟音に負けずに・・・
先生も歌っていらっしゃいますか?
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 18:20
hemi-kame さま
二枚目、風景がそのままいいものですから切り取る必要もなく
まったくそのままなんです。
味わいのある、静かな所です。(渓流の轟音だけはすごいのですが・・・)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 18:22
mink330 さま
今回は数えていません。(笑)だって、昔以上に間違えるでしょうから・・・
間が空いて、さらに奥まであるので間違えるのだと思います。
また、胴体だけのものがあったり・・・・
(洪水で流されたり・・・)
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-07-03 20:46
まだまだ新緑でしょうか?
私は日曜日に越後駒ケ岳に登ってきましたが、やはり上のほうはまだ残雪と新緑でした。
緑って本当にいいですよね~~。
Commented by misty_hill at 2012-07-03 21:13
写真を拝見して
閑と凜の二文字が頭に浮かびました。
素敵です。
行ってみたいです。
Commented by chibigon860 at 2012-07-03 21:27
高校生の時にせっかく日光に行ったのに
その時のことは ほとんど何も覚えてないんです
覚えてることは いろは坂がきつくてバスに酔ってしまったことと
中禅寺湖のそばのホテルだったことくらいです
絶対もう一度行きます お地蔵さんを数えます
Commented by koneko2y at 2012-07-03 21:33
本当に70体のお地蔵様なのか自分で数えてみたくなります。
流れの水音が聞こえてくるような緑深い風景に目を奪われます。
パソコンの前でいながらにして目の前に素晴らしい光景が広がる幸せを
味わっています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 22:18
sakusaku_fukafuka さま
日光の東照宮辺りは新緑より進んでいます。
ゼンマイの葉も6月初旬は素敵な色でしたが、下旬は精彩を欠いていました。
でも緑の中を歩くことは癒されます。
越後駒いい山行でしたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 22:20
misty_hill さま
そうですね。静かな所に凛としてあります。
東照宮の華やかな色とは対照的
こちらと滝尾神社への古道、お勧めです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 22:23
chibigon860 さま
修学旅行はそんなものですね。
また是非お出かけください。ご連絡してくださいね。
いろは坂、まだ上下一本だった頃でしょうか?
他県の運転手さん泣かせでした。
今は登り、下り専用になりましたから楽になりました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-03 22:25
koneko2yさま
緑深き所、豪快な音をたてて流れる大谷川(だいやがわ)・・・
美しい風景です。
すこしわかりにくい道ですが、是非歩いてご覧になってください。
Commented by ひーちゃん at 2012-07-03 23:31 x
これと同じ景色を何処かで見たと やっと思い出しました
もう10年以上英会話のクラスでお友達の娘さんが
今年日光国立公園へ環境庁のキャリアーで赴任されたのでした
先日 お友達が赴任先へ遊びに出かけ
数枚写真を見せてくれました
それがほとんどこの景色と同じでした
レンジャーの服と長靴でね歩きまわって
化け地蔵の話もしてくれました
お地蔵様のお引きあわせかしら
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-04 04:53
ひーちゃん さま
広島の被害は大丈夫ですか?

大変なお仕事でしょうけれど自然を守ってくださっているのね。
素朴で美しい風景の所です。
私には子供時代によく遊びに行ったところで、懐かしさもいっぱい。
あまり人の行かない滝尾古道も歩かれたかもしれませんね。

10年も教室に通われたら海外の旅は安心ですね。
Commented by goldfrog1103 at 2012-07-04 05:28
綺麗な木の色 水しぶき、御地蔵様の赤い衣装、みんな素敵ですね。
Commented by 標高480m at 2012-07-04 17:25 x
落ち着いたいいところですね。日光はどこも植物に圧倒されますね。
数が違う化け地蔵でなぜか落語の「ときそば」を思い出してしまいました(^_^;)。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-04 19:18
goldfrog1103 さま
あまり広い所ではありませんが、なぜか癒しのスポットのようです。
いつもは植物園から眺めるだけなのですが、今回は対岸にまわってみました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-04 19:20
標高480m さま
その事例とおなじようなことです。
足元が悪かったり、間が空いていたり、首がなかったりするので数え間違うのです。
子どもの遊びです。
Commented by matsu_chan3 at 2012-07-06 05:52
おはようございます
おはようございます
ここだけは涼しさが別世界ですね!
日光は知られていない所も多くあり秘めたところも魅力です・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-06 06:12
matsu_chan3 さま
おはようございます。
どこでもジモピーがしっている静かな穴場がありますね。
きっと北海道は各所に・・・・・
日光においでになられてお時間がありましたら・・・・
Commented by namiheiii at 2012-07-07 10:10
数回訪ねたことがあります。3,4年前に行った時にはお地蔵様に新しい赤い毛糸網編みの頭巾が被されていましたがまた無くなってしまったようですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-08 08:05
namiheiii さま
今年も別の並びに5体ほど新しい赤い手編みの頭巾がありました。
きっと厳しい自然環境で傷んでしまうのでしょう。
何方が編みなおしていらっしゃる所ではないでしょうか?
赤い頭巾が似合います。
<< 雉も鳴かずば・・・・・ 6.24日光植物園(3) >>