都内の森から(1)

       雨上がりの真夏日、久々に都内を歩いてきました。・・・写真、トンボ名など追加
       まずは目黒の自然教育園へ・・・・
       数歩進むと都内、山手線内ということを忘れてしまう環境です。
e0034313_6172616.jpg

e0034313_617965.jpg

       オオバギボウシ ユリ科ギボウシ属   ここはまだ背比べ・・・奥の花は咲いていました。
e0034313_6191361.jpg

オオシオカラトンボ メス  hemiーkameさまに教えていただきました。
e0034313_14111540.jpg

       アサザ Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze ミツガシワ科アサザ属
e0034313_623024.jpg

       気温が上がってきてハナアブたちも活発に・・・・植物はタケニグサでした。標高480m様から
e0034313_62335.jpg

       ガクアジサイもまだまだ健在でした。
e0034313_6233553.jpg

       ママコノシリヌグイ Persicaria senticosa  タデ科イヌタデ属 かわいい花です。
e0034313_625576.jpg

        ムクノキ Aphananthe aspera   とっても大きい樹、・・・ここが都内とは・・・・
朝一でこうした公園に寄るのが好きです。
都内には思いのほか自然な環境がたくさん残されています。
こうした環境を守ってくださった方がいらっしゃるのでしょう。感謝です。
今の私たちは負の遺産を残すのでしょうか?
by kimiko_shibata1 | 2012-07-08 06:30 | | Comments(20)
Commented by kanmyougama at 2012-07-08 09:53
都心も深い緑があるものですね。
木々も大きい。
エドの歴史を考えると諸大名が拠点としたことも影響していますか。

ママコノシリヌグイの花もマクロで見ると可愛くきれいです。
今日から一週間はこちらは晴れです。
Commented by yuta at 2012-07-08 11:45 x
こんにちは
ここは最小限しか人間の手を入れてないところで、
貴重な自然(動植物)を楽しめるところ
あたしも時々行きます
縄文中期には人が住みつき、
室町時代は白金長者が館を構え、
江戸時代は高松藩の下屋敷があり、
大正時代は宮内省の御料地だったところ
歴史的にも面白いところです^^
Commented by hemi-kame at 2012-07-08 12:54
ここが都心の真っただ中なんですねぇ。
オオシオカラトンボの♀のようですね。
トンボの棲息できる水が近くにあるということですね。
30数年前、仕事が目黒、渋谷の両区でしたがここは入ったことありませんでした。
一度は行ってみたい処です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-08 14:16
kanmyougama さま
ようやく一週間の晴れですか、よかったですね。
ずいぶんと降りました。

江戸屋敷跡が形を変えて残されていたことが素晴らしいです。
今の政治にはなにかゆとりが感じられず、どんどんと開発の名のもとに破壊が進んでいるような気がします。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-08 14:23
yutaさま
yutaさまも時々行かれますか?とてもいいところですね。
管理されすぎずにあるところが素晴らしいです。

白金長者(柳下上総介)についてもう少し知りたいと思いつつ・・・・
軍の管理下だったこともあるようですね。

yutaさまも酔いどれChembersがお好きだったとは!
COOL STRUTTIN' はjazzを知り始めたころ求めたLPで
その後、CDも・・・・好きな一枚です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-08 14:28
hemi-kame さま
オオシオカラトンボ、ありがとうございました。
自分だけでは判断のつかない所でした。
都内でも人の手が入っていないということで素晴らしい所、是非、・・・・・
私も品川・中延から渋谷経由で世田谷へかよっていましたが、ここは寄ったこともなく・・・
今回、目黒の坂の勾配にも驚いてきました。
いつも上京となるとあれこれ計画してしまい、一眼レフはお留守番になってしまいます。
ここだけを目的に行ったら面白いと思いますが・・・・
Commented by chibigon860 at 2012-07-08 15:12
こんにちは
静かそうで良いところですね
東京都内とは思えませんね
アサザ トンボ自然公園にもありました
葉っぱが傷んでいて写真には撮りませんでしたが・・・
ママコノシリヌグイですか?
可愛い花なのに なんだか切ない名前ですね
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-08 17:25
chibigon860 さま
山手線内側なんですよ!
あまり手をかけない自然園なので楽しみがいっぱいです。
ママコノシリヌグイ、気の毒な名前の代表です。
茎に細かいとげがあってこれでお尻をふかれたらたまりません。
せつない名前です。実際にこんなことがあったのかしら?
人は残酷でもありますから・・・・
Commented by koneko2y at 2012-07-08 23:42
この場所は、いつ行っても混雑しているということがないので
ゆっくりと自分のペースで散策できます。
ホームページをチェックしつつ、なかなか足が向きません。
kimiko_shibata1 さんが遠くからいらっしゃっているのにね。
Commented by goldfrog1103 at 2012-07-09 05:29
先日コウホネを探しにゆきましたがありませんでした。
今度はアサザを探しにゆかなくちゃ。
Commented by matsu_chan3 at 2012-07-09 06:20
おはようございます
都内には所々に緑いっぱいの公園がありお散歩、避暑にいいですね!
でもそちらの暑さは異常ですから熱中症には気をつけてください。
今朝は冷んやりした小雨です・・涼しさだけでもお届けしたい(^O^)/
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-09 06:48
koneko2y さま
たまに寄りますが、いつも何かのついででして・・・・
新宿御苑の桜のように、ここだけをメインで・・・というわけではないので
いつもそそくさと・・・・・
上京する費用を考えますと何かと抱き合わせになってしまいます。
トラノオスズカケの時にはゆっくり行ってみようかと思います。
ここでしか見られませんから・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-09 06:49
goldfrog1103 さま
私も今年こそ・・・とねらっている河骨があります。
シモツケコウホネ・・・・みられるといいのですが・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-09 06:52
matsu_chan3 さま
ありがとうございます。
この日は真夏日、25000歩以上歩きました。
山ではこの程度は歩くのですが、都会は道路からの反射熱もあり、
疲れがとれませんでした。体に熱がこもってしまったようで・・・・
気をつけませんと・・・
Commented by ikutoissyo at 2012-07-09 11:03
行きたいと思いながら、ご無沙汰の自然園です。
去年出かけた折には、蚊に食われて長居が出来ませんでした。
トラノオスズカケは初めて聞く名前ですが、検索してみたら11月頃ですね。
是非みたいです。
ここは、いつもお隣の美術館(改装中かな)と抱き合わせで行くものですから・・・。

25000歩とは?!!
お元気で羨ましい!
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-09 14:03
ikutoissyo さま
今回も藪蚊はいました。
トラノオスズカケは四国や九州で見られる花です。
牧野博士によって1932年にここで発見、1949年ごろ消滅・・・・
それが50年を経てまた発芽、確認されたのです。
ここは松平讃岐守の下屋敷でした。
自然園の立札には9月29日撮影のものがありました。
美術館の改装は終わっているかしら?
機会がありましたら是非・・・・
Commented by ひーちゃん at 2012-07-09 14:46 x
新宿御苑のほかにも こんな自然が残っているのですね
これが山手線の沿線とは驚きです
ハナアブがホバーリングしているのは
オオカニコウモリですか?
ママコノシリヌグイ・アキノウナギツカミ・ミゾソバ
見分けが難しくいつも迷います
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-09 15:16
ひーちゃん さま
ここはあまり管理されず、武蔵野の面影が感じられます。
ちょっと草が伸び放題ですから名札が見えにくくて
このオオカニコウモリも確認できなかったので名前を省略しました。m(__)m
ママコノシリヌグイ・アキノウナギツカミ・ミゾソバ・・・毎年、読み返さないと駄目です。(笑)
Commented by 標高480m at 2012-07-10 00:27 x
ギボウシはちょうど写真くらいの花茎を小国で天ぷらにして頂きました。それで写真を見ると思わず美味しそうと(^_^;)
アサザもタケニグサも久しぶりに花を見ました。
都内はいくつかの大名屋敷が運良く残されていましたね。戦火をまぬがれて高齢の木がよく残ったものです。ムクノキ、大宮台地には比較的太い木が多いのですが、ここにもあったのですね。関東の縄文には多かった木です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-10 05:38
標高480m さま
タケニグサでしたか、ありがとうございます。
近頃、山歩きをしなくなってとんと名前が出てこなくなりました。
ギボウシ、花茎もいただくのですね。
ムクノキ、あまりなじみがなく、また、こんな大木珍しく思いました。
縄文時代には多かったのですね。
<< 都内の森から(2) 雉も鳴かずば・・・・・ >>