小寒のシモバシラ

          昨日の朝は-6.8度の宇都宮、暦では「小寒」、・・・・・・ぴったりの朝でした。
          小寒とは寒さが極まる手前の頃、立春になり寒が明けるまで厳しい寒さが続くことでしょう。
          この日、上京する用事があり、ちょうど皇居東御苑も5日からの開園でしたので、
          期待を持って、9時の開園に合わせて早出をしました。そう、やんごとなき処のシモバシラの華を期待して・・・・・
          警備の方の方が多いような園内、まっすぐに雑木林に向かいました。
          かわいい、シモバシラの華が咲いていました。皇居らしく、つつましやかに・・・・
e0034313_20583950.jpg
e0034313_2058392.jpg
e0034313_2059025.jpg

                   我が家のシモバシラと比べると品がありますね~
e0034313_2059144.jpg

                   ガマズミにはジョウビタキ(オス)が来ました。               
e0034313_2132535.jpg

                   さくらんぼ(佐藤錦)の残り葉の色がとてもきれいです。
e0034313_2141173.jpg
  
                   ロウバイも膨らんできましたが、この寒さが緩まないと開かないでしょうね。
                   かねがね皇居の冬のシモバシラを見たいと思っていました。願いが叶ってうれしい朝でした。        
by kimiko_shibata1 | 2013-01-06 05:47 | | Comments(36)
Commented by hemi-kame at 2013-01-06 09:35
シモバシラが甘い飴細工のようです、乳白色が新鮮に感じられるのは何ででしょうね。
ロウバイの蕾の玉がじっと寒の中で温かい日を待っているかのようです。
Commented by ポンタロウ at 2013-01-06 10:17 x
shibataさん、こんにちわ。

皇居のシモバシラと聞くだけで、
ソフト感、形、本当に気品を感じますね。
今度、皇居に行って見ようかな~、なんて思ってしまいました。
Commented by namiheiii at 2013-01-06 10:49
ほう、皇居でもシモバシラが見れる!今年は寒いのですね。
Commented by ikutoissyo at 2013-01-06 12:44
皇居でシモバシラを見られるのですね。
お日様が高くならないうちに出かけるのは、寝坊には無理だと思いながら拝見しています。
それにしてもシモバシラの不思議な形と美しさに圧倒されます。
ロウバイがもう膨らんでいるのですね。
Commented by ae_aole at 2013-01-06 13:45
こちらも昨日は気温が上がらず
本当に寒さ厳しい一日でした

植物達はすごいですよね
この寒さにじっと耐えているんですもの

ただ単に、美しさに癒されているだけなく
こうした力強さを学びます
Commented by yutorie at 2013-01-06 15:08
おめでとうございます。
綿飴のようなシモバシラすてきです。
そちらも寒いのですね。
ロウバイもそれらしく膨らんで・・・
今年もいい画像楽しみです。
ちなみに友人の住む隣町南牧村で昨日の朝零下20度だってそうです。
我が佐久は零下10度でした。
こたえます(^_-)-☆
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-01-06 16:06
あけまして おめでとうございます

今年はどんな年になりますでしょうか
憲法九条だけは遵守していきたいですね。
好い年になりますように。
今日もスマイル
Commented by mink330 at 2013-01-06 17:33
シモバシラ、実際には見たことないのですが、このブログで何度も
見させていただきました。不思議な花(?)ですね。
日本列島、冷え込んでますね。
なんだか最近慣れてきたような気がします。
Commented by asitano_kaze at 2013-01-06 18:00
皇居東御苑に行かれたのですね。開園時刻ぴったりに。すごいです。
で、ご褒美をもらえたのですね。美しい氷の花です。
ガマズミとジョウビタキ♂、いい取り合わせです。
ロウバイ、美しいつぼみですねぇ。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-01-06 18:54
こんな珍しい霜柱初めて見ました。
昆虫かなにか、生き物の卵かと思ったら霜柱・・・
できるものならそのまま保存しておきたいものですね。
Commented by hiro at 2013-01-06 19:14 x
こんばんは!
これは霜柱の華なんですか?
華ってのは色々なものにあるんですね~。とても珍しい物を
拝見しました。この華、観ていると口の中が甘くなってきそうです。
延ばした飴そのものですよね。繊維質に見える筋状がとてもリアルです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:23
hemi-kame さま
きっと植物の生命力を感じるからだと思います。
日々、溶けては造られるシモバシラ・・・美しいです。
ロウバイもあと少しで開くのもありそうでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:25
ポンタロウ さま
やはりここで見るせいか、我が家の物より美しいように感じます。
昨年末から何度もできていたのでしょうね。
少し小さいように思いました。
まだ数日はできるでしょう。開園時に行かれるといいですよ。
雑木林の中、HPを参考に・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:26
namiheiii さま
はい、雑木林の中にありました。
静かな年明けの苑内、鳥も多かったように思います。
寒さが続きますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:29
ikutoissyo さま
我が家は早起きの家なので時間的には大丈夫でしたが、寒さが厳しくて・・・・
でも一度はここで見たいと思い、時間に合わせて行ってみました。
鳥も多くて・・・望遠を持って行かなかったのが残念でした。
お正月の東御苑は鳥見にもいいようです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:30
ae_aole さま
ほんとうに頑張っている植物たち・・
このシモバシラも日中には溶けて、また翌朝できるのです。
段々に茎が痛んで、また、水を吸い上げるにも支障が出てくるとできなくなります。
日々、頑張っているわけで・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:34
yutorie さま
南牧は-20°でしたか!
-7°ぐらいでひーひー言っていては申し訳ないですね。
でも、駅までが寒い朝でした。
東京はやはり少し暖かく、随分と歩きましたが、寒さは感じず・・・・
シモバシラ、かわいいものが4つ・・・・年末でしたらもう少し大きかったかと・・・
でも溶けないうちに見られてよかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:36
KawazuKiyoshi さま
ほんとうにどんな方向に進むのか?
赤字国債のこと、憲法9条のこと、議員定数削減・・・・
年金のこと、若者の就職のこと・・・・問題山積、よく見守って行かないといけませんね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:40
mink330 さま
残念ながら北海道ではみられませんね。
寒さに慣れてきていますが、どうも脚力の衰えを感じます。
凍結に滑ってしまったり、下りの時の足の弱さを感じたり・・・
とにかく怪我のないよう、しっかりと歩けるようにしませんと・・・
一度転んで頭部にこぶができたせいか、余計足元が気になります。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:42
asitano_kaze さま
溶けないうちの勝負?ですから少し頑張りました。
朝の冷え込みが厳しくて、東京に着いたとき、曇っていたので間に合うかと思いつつ、急ぎました。
鳥も結構見かけました。静かな苑内でしたから・・・・
望遠を持って行かなくて残念でした。
ガマズミとジョウビタキ・・・いい風景でしたのに・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:47
sakusaku_fukafuka さま
谷川、お疲れ様!!いい風景を楽しませていただきました。
それにしても積もりましたね。

シモバシラの霜柱・・・面白い現象です。
日中、気温の上昇でなくなります。そして、導管が水を吸い上げられるとまた、翌朝、できますが、だんだんに小さくなってしまいます。
雪が積もってしまうとできませんから群馬も南面より南でないとみられないかもしれません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-06 19:49
hiroさま
シモバシラというシソ科の植物が寒い朝につくる霜柱の華なのです。
導管から水が上ってきて、寒さで凍って導管を破ってこんな氷の形になります。
気温が上がると溶けて、また、翌朝、できます。
段々に茎が痛んで、寒くてもできなくなっていきます。
冬のハイキングの楽しみです。
Commented by koneko3y at 2013-01-06 21:45
このガマズミの木で年末にメジロとヤマガラがたくさん写しました。
ジョウビタキは見られなかったので残念でした。
宮城県にこの霜柱とそっくりな「シモバシラ」という飴細工があります。
Commented by matsu_chan3 at 2013-01-07 05:04
おはようございます
珍しい植物ですね。
こちらでは本物の霜柱をとおり越しガリガリ・・
今朝は多分零下20℃前後ですよ\(^o^)/
Commented by goldfrog1103 at 2013-01-07 05:35
シモバシラと言う草があるのですね。
見事に霜ができるのはこの草の特徴のようです。
すべて形が異なる霜柱、面白いです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-07 06:31
koneko3y さま
仙台の「霜柱」、なかなか手に入りにくいお菓子ですね。
昔の人がシモバシラからこのようなお菓子を作ったことに感動しました。
粉の中に守られてお姫様のようですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-07 06:34
matsu_chan3 さま
冷え込んでいる上の自主節電、厳しい現状ですね。
お見舞い申し上げます。

シモバシラ、東北、北海道にはない植物ですね。
こちらでも雪になってしまえばこの現象はみられません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-07 06:36
goldfrog1103さま
シモバシラという植物のシモバシラ・・・・
口だけでの説明は難しい植物と現象です。
なかなか面白いネーミングですね。
伊藤圭介さんの命名、japonicaです。
Commented by nenemu8921 at 2013-01-07 08:54
おはようございます。
シモバシラの霜柱、綺麗に撮りましたね。
私も昨日、水元で撮りましたが、イマイチでUPしませんでした。(>_<)
こちらで、こんな綺麗な画像拝見できて、良かった。勉強になります。
ロウバイも今年は遅いですね。
↓ルリビタキ、やわらかな光が素敵な画像になりました!!
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-07 18:36
nenemu8921さま
小さくとも光っているシモバシラでした。
さすが、皇居・・・と言う感じ、
わがやのものはワイルドな感じです。
ロウバイ、こちらでもいつもは開花するのですが、今年は駄目ですね。
寒さが厳しいです。
Commented at 2013-01-07 21:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-07 21:23
鍵コメさま
おめでとうございます。
ちょうどいい形で半日を楽しみました。
年末が寒すぎましたので、この日のシモバシラ、不安もあったのですが、こうして成功の運びとなりました。
Commented by 標高480m at 2013-01-08 00:12 x
母が「今年はホントニ寒い!」と言ってましたが、本当のようですね(^_^;)。
我が地区でシモバシラなんて見かけたこと無いなぁと思いましたが、よく考えたら霜が降り始めるとあまり間を置かずに雪が降り出すので地面が隠れてしまうのですね。先日はやくも家の前の道路でそり滑りしている人がいました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-08 06:32
標高480m さま
今年はことのほか寒いです。
このシモバシラ、通常はお正月になってからできるのですが、今年は12月半ばからできていました。
一応、分布は関東以西ですが、東北にもあると思います。
でもおっしゃる通り、霜の華はできずに雪に埋もれてします。
地上部も水を吸い上げられないでしょう。
今年はスキーやボードをなさる方はうれしいでしょうね。
Commented by yuta at 2013-01-12 10:06 x
こんにちは
東京に住んでいるけれど、
なんごとなき処の霜柱はどうなのか
なんて、考えなかったですね^^
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-12 15:52
yuta さま
ここにしもばしらという植物があるのに気づいてから是非見たいと思っていました。
酔狂なんです。
かわいらしいシモバシラでした。
<< 東御苑あれこれ 幸せの青い鳥を探して・・・・・ >>