武蔵野台地の桜

            40年来の友人に誘われて3年目、ようやくお互いの予定が空いて「江戸東京たてもの園」へ行きました。
            そこは小金井公園の一角であり、小金井公園は江戸時代から桜で有名な所です。
            79haに1700本50種類の桜があるそうです。
            実は今回も月末はお互いの予定が合わず、昨日の約束となり、桜はあきらめておりました。
            すると東京の桜開花のニュース・・・・幸運が続きました。
            以前から友人が話していた素敵な桜に会ってきました。
e0034313_21402046.jpg

               西口から入園し、広い公園を横切った先にその桜はありました。ようやくのご対面です。
e0034313_2142290.jpg
e0034313_21422533.jpg
e0034313_21422438.jpg

                  衣通姫 ソトオリヒメ  ソメイヨシノとオオシマザクラの自然交雑
           
         花細(ぐは)し 桜の愛(め)で こと愛では 早くは愛でず 我が愛づる子ら  允恭天皇(いんぎょうてんのう)
 
             允恭天皇の寵愛を受けたのが衣通姫です。その名をもらった桜は、満開までは白く、満開を過ぎると淡い赤に染まるそう・・・・
             昨日はまだ白い桜でしたが、花は大きな一重、樹形も美しい桜でした。
e0034313_2158256.jpg

             コゲラも花見に・・・・花見第一弾は思いもかけない衣通姫でした。





江戸の桜の名所は八代将軍吉宗が作ったそうです。
新吉原、隅田川堤、浅草浅草寺、上野、飛鳥山、品川御殿山、玉川土手、そして小金井堤。
なぜ、7里も離れた武蔵野の小金井が桜の名所に選ばれたか・・・
三代将軍、家光の時、江戸市民の生活用水として玉川上水工事が計画、
4代将軍、家綱の時、羽村の庄右衛門と弟右衛門兄弟で工事がはじめられ、幕府の予算を使い果たし、最後は兄弟の私財で完成。
この後、吉宗は用水を守り、水の汚濁を防ぐため吉野山から桜を取り寄せ植えて、庶民に開放した。
その玉川用水と桜を管轄したのが大岡越前守という歴史がありました。

「小金井橋の辺は佳境にして、絢爛たる盛りには両岸の桜、玉川の流れをはさんで、一目千里、尽きることをしらず」(江戸名所図)
                            以上、印南和麿著「桜は一年中日本のどこかで咲いている」より

八ツ場ダム、原発、東京オリンピック・・・・などを考えると、いろいろと感じることの多い朝です。
by kimiko_shibata1 | 2013-03-22 05:31 | 桜散歩 | Comments(22)
Commented by goldfrog1103 at 2013-03-22 06:01
 衣通姫がもうさいているのですね、はやいわ。
まだつぼみです。
コゲラ君 いいところへ現れるのですね。
Commented by nenemu8921 at 2013-03-22 07:57
まあ、東京の小金井市まで行かれたの?
フットワーク軽いですね。
ほんとうに見事な桜ですね。
衣通姫 ソトオリヒメと言うの?名前もすてき。
足元はムラサキハナナでしょうか。
Commented by school-t3 at 2013-03-22 08:24
おお~
これは見事な桜ですね。
千年も咲き続けますように~
Commented by hemi-kame2 at 2013-03-22 09:26
ソトオリヒメ、初めて知りました。
花びらがオオシマザクラの雰囲気がありますね。
あとで淡い赤になるのはソメイヨシノの面影も出るということですね。
サクラはいろいろな自然交配があるのですね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-03-22 12:54
私もコゲラを見かけました。
桜がすきなのでしょうね。
今日もスマイル
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-22 18:25
goldfrog1103 さま
衣通姫、ご存知でしたか!私ははじめてみました。
赤くなったところも見たくなりますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-22 18:29
nenemu8921さま
允恭天皇の寵愛を受けた絶世の美女であった衣通姫伝説があるようです。
まえまえから行きたかった小金井公園、ようやく行けることになり、さくらのおまけまでつきました。
下の花は、ムラサキハナナです。ショカッサイ、オオアラセイトウ、ハナダイコンと名前の多い植物です。
桜とあっていますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-22 18:31
school-t3 さま
友人が「ぜひとも見せたい桜がある」と以前から言っていて・・・
ようやく見られました。
美しい桜でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-22 18:33
hemi-kame2 さま
私も初めて品種でした。
友人が「見せたい桜がある」と案内してくれました。かなり広い小金井公園の反対側で、行くまでにはかなり歩きましたが、満足です。
ここは鳥も多くて、いいところでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-22 18:34
KawazuKiyoshさま
冬鳥が少なくなって、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、エナガ軍団が活躍です。
桜、あっという間に満開ですね。
Commented by うわつ at 2013-03-22 20:22 x
衣通姫?ころも通い姫? 調べました~(そとおりひめ)
古事記にも出てくるとか・・・?毎月、明日香に行くので
ヤサシイ古事記は読んだのですが記憶にありませんでした。
衣通姫、満開を過ぎると紅くなるというのは興味があります。
ありがとうございました。

Commented by chibigon860 at 2013-03-22 21:42
この桜は一見の価値ありですね
今年はチャンスに恵まれなかったけれど
来年もしタイミングがあったら行きたいと思います
コゲラにまで会えるだなんて幸運続きですね
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-03-22 23:05
あちこちから桜の便りが聞こえ始めましたね。
こちらも季節を先取り・・・・・・・
まだ花の「は」の字も無い我がブログです(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 06:13
うわつ さま
読めませんね~
でも伝説のあるお姫様のようですね。古事記、日本書紀を読んでいませんので知らなかったのですが・・・・
明日香へ・・・いいですね~撮影ポイント情報を是非・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 06:14
chibigon860 さま
素晴らしい桜でした。お隣りにはまだ蕾の硬いオオシマザクラの見事な大木が・・・
まだまだ間に合いそうですよ。
月光桜、身近にあったとは・・・・素晴らしい風景だったでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 06:16
sakusaku_fukafuka さま
まだまだモノクロの世界が続いてほしいsakusakuさまではありませんか?
衰えぬ体力維持・・・そこが素晴らしいです。
山の夜明けの風景、尾瀬では見ていますが・・・・他では何十年も見ていないかも・・・・・
Commented by kanmyougam at 2013-03-23 10:43
20・21日六本木にいました。サクラが綺麗でした。
第89回白日会展に出展していましたので始めてこの美術館に行きました。
大きなサクラですね。
今頃満開でしょうか。
Commented by asitano_kaze at 2013-03-23 17:18
ここへはコイカルの群れが来たときに数回訪れたことがあります。。
衣通姫、ロマンティックな名前ですね。
白から淡い赤に変わるのですか。それも何だかすてきですね。
Commented by 笠ぼん at 2013-03-23 20:21 x
小金井は、同級生と、近所に居た方が住んでるのです。こんなに咲いているんだ。連絡してみよう!(^◇^)
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 20:42
kanmyougamさま
まあ、六本木にいらしたのですか!?お目にかかりたかったです。
東京は満開となったようです。
春はうれしいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 20:45
asitano_kaze さま
素晴らしい公園でした。もちろん全部は歩けませんでしたが・・・・・
武蔵小金井はなかなか距離がありますので、そうは行けないでしょうが、また是非行ってみたいです。
ちょうどこの公園の桜を撮影して、過去の写真をお持ちの方と出会いまして赤く染まった衣通桜のあでやかなシーンを拝見しました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-23 20:46
笠ぼん さま
この公園にはいろいろな桜があって楽しめました。
鳥も来ていていい公園です。
都内にはこうした癒しの公園がありますね。
<< 下野国分尼寺跡の淡墨桜 さくら、満11か月になりました。 >>