日光植物園の生き物たち

           植物も生き物ではありますが、今回は昆虫と動物特集で。
           連休後、ひどい風邪をひいてしまい、今月の植物園が22日となってしまい、期待の「サバノオ」は見つけられませんでした。
           なかなか自然との付き合いも難しいですね。
           園内はシャクナゲ、ツツジの季節でツアーバスも到着していつもより人の多い園内でした。
e0034313_6452877.jpg

                     駐車場にあるシンボルツリー、ハンカチノキ  そよそよとゆれていました。
e0034313_6462929.jpg

                     ニホンリス 日本栗、Sciurus lis  lisがかわいい学名ですね。日本固有種
                         また、しっかり撮れず残念、倒木の裏で餌をとっていました、お尻と尻尾ばかりでした。
e0034313_6484877.jpg

                      アサギマダラ 浅葱斑  Parantica sita  長距離を旅する蝶
                         こちらも活発でした。今年初見!

e0034313_651755.jpg

                      タニウツギに夢中のハチ、全身花粉だらけ、大きな蜜玉をつけています。
e0034313_6533627.jpg

                      セスジイトトンボ 背筋糸蜻蛉 Paracercion hieroglyphicum
                            トンボは同定に自信がありません。違っていたらご教授、お願いいたします。
                      オオイトトンボかもしれません。真横からとか・・いろんな角度で写して来たらよかったです。 
ホソミイトトンボと教えていただきました。
特徴は本種は眼後紋と後頭条がつながる所だそう

☆再度、加筆
セスジイトトンボやオオイトトンボではないが生育地を考えるとオゼイトトンボのようだ。・・・とアドバイスをいただきました。
トンボの種類、全部が載った図鑑もなく、また、写真もこちら側の一方向しかありませんので同定はなかなか難しいです。
e0034313_764772.jpg

                      ムギワラトンボ 塩辛蜻蛉のメスまたは未成熟 Orthetrum albistylum speciosum
e0034313_6561841.jpg
e0034313_6555760.jpg

                      ウスバシロチョウ 薄羽白蝶 Parnassius citrinarius 
                           シロチョウとついていますが、アゲハチョウの仲間です。
                           以前は県北だけで、なかなか見られませんでしたが、近年多くなったように思います。
                           氷河期からの古い形質を持っているチョウ、ヒメギフチョウと同じく出会いたい蝶です。








e0034313_7111632.jpg

               アサギマダラの切手
by kimiko_shibata1 | 2013-05-23 07:12 | 山歩き | Comments(31)
Commented by うわつ at 2013-05-23 07:27 x
凄~い!!
リスしっかり撮れています。
私も裏山で数回出会いましたが
尻尾も撮れず全くダメでした。
尊敬します。参った~
Commented by shata3438 at 2013-05-23 11:03
こんにちは。
急に暑くなりました!どうも辛いですね。
こんな時に日光植物園あたりは涼しいでしょうね。
Commented by hemi-kame2 at 2013-05-23 11:21
よくリスに遭いますね。
なかなか良いめぐりあわせですね、まだ遭ったことないです。
アサギマダラ、ウスバシロチョウ、良い出遭い良い日でしたね。
ウスバシロチョウは軽井沢で見たことあります。
毛深い蝶ですね。
Commented by babakzk9292 at 2013-05-23 13:52
リスが自然の中で見られるなんて幸せですね・・・

ジャコウアゲハの幼虫を誘拐失敗です。昨年までいた場所に今年は
市がきれいに掃除をして1匹もいませんでした。
家でウマノスズクサを育てて3年目大きくなったから幼虫をと思ったのですが
1年遅かった 昨年だとまだ幼虫がたくさんいたのですが・・・残念
我が家のウマノスズクサに気付いて蝶がやって来てくれますようにです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-23 17:54
うわつ さま
しっかりはとれない位置でしてやはりぶれてしまいました。
リスの行動も素早く・・・一生懸命に餌をたべていました。ドングリでしょうか?
いい風景が見られました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-23 17:55
shata3438 さま
まったく体が付いていけず、どこか風邪を引きずっているような・・・・
さすがに日光植物園は肌寒くて、車にシャツをとりに戻ったほどでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-23 17:58
hemi-kame2 さま
ツアーの団体さんのバスが止まっていて、私も少し遅くに入園したので、動物は期待していなかったのですが・・・
でも、またボケちゃんでした。少々、暗くて足元の悪い・・・そうそうコガネネコノメの辺りでした。
アサギマダラは早い出足でした。ウスバシロチョウは居そう・・・と期待していましたが・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-23 18:00
babakzk9292 さま
残念でしたね。蝶が来てくれるといいですね。
蝶と食草の関係は非常に興味深いです。
ドンデン山情報、ありがとうございます。
登山口で見られるならまだ数年先でもOKですね。
Commented by matsu_chan3 at 2013-05-23 18:56
風邪も引いていたとはたいへんでしたね!
もう大丈夫ですか?
本土リス、アサギマダラも素晴らしい出会いでしたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-23 20:37
matsu_chan3 さま
連休明けから10日ほどグズグズしました。夫はまだ引きずって・・・・
寒暖差に体がついていけないようで・・・・
本土リス、なかなか野生のものは見られませんから貴重でした。
もう少しきれいに撮れたらよかったのですが・・・・
珍しい鳥が続きますね。素晴らしいです。
Commented by sdknz610 at 2013-05-23 21:00
ワ~! ニホンリスが居るんですか!こりゃ行かなくっちゃですが・・・(^_^;)
アサギマダラもね~このところすっかりご無沙汰なので、ここに来ているなら・・・♪
貴重な画をありがとうございます!
風邪はもう大丈夫のようですね・・・良かったですね。
こちらも何とか(^_^;) しつこい風邪には参りました。
Commented by chibigon860 at 2013-05-23 22:55
野生のリスに会われたんですね
ドキドキしませんでしたか?
私は野生の鹿に会ってカメラを構えるのも忘れて
キャーキャーはしゃいでしまいました
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 06:32
sdknz610さま
リスはたまに会うのですが、いつも餌を食べていてなかなかすっきり撮れません。
野生ですから貴重です。
ここでは鹿、サル、リス、タヌキをみています。イノシシも来るようですが、こちらは会わずにすんでホッとしています。
アサギマダラ、ここにもいるのですからそちらのお山にも・・・・
ほんと、今年の風邪はしつこいです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 06:47
chibigon860さま
野生の鹿、しっかり写しましたね。
車ではねなくてよかった!やはりいいところですね。

八重のどくだみ、咲きましたか?昨日、一番花が咲きました。
Commented by asitano_kaze at 2013-05-24 07:58
ハンカチノキ、美しいです。
ハンカチというより白ずきんに見えます。
うわっ、アサギマダラに出会われたのですね。去年はとうとう撮れませんでした。
トンボも出てきましたね。
セズジイトトンボ、きれいです。
ウスバシロチョウ、なかなか出会いがないです。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-05-24 14:14
リスが可愛いですねー。
山口にはいないようです。
コーネルのキャンパスでも、台湾の大学のキャンパスにもいました。
実に愛嬌がありますね。
今日もスマイル
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 18:52
asitano_kaze さま
ハンカチノキも優雅ですが、きれいな時期は案外短いですね。
新宿で知った植物です。今は各地に広がりましたね。
アサギマダラ、なんとか止まってくれないかと・・・動きのある一枚も良かったかもしれませんが、・・・・
氷河期の蝶にもあえて、なかなか楽しい時間でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 18:53
KawazuKiyoshi さま
そうですね。本州の背骨付近に生息しますから・・・・
タイワンリスは鎌倉で定着していますね。
一所懸命ドングリを食べていました。
Commented by school-t3 at 2013-05-24 19:49
あのう・・・
昨日の黄色い花は春菊では?

ハンカチの木の花美しく撮れていますね!!
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 20:16
school-t3 さま
葉がギザギザで私もそう思ったのですよ~
ホウレンソウの花ですって・・・・花の咲くころの葉はあんな風なのでしょうね。
Commented by koneko3y at 2013-05-24 21:55
クイズになっている黄色い花は
ホウレンソウではなく「春菊」の花だと思いますが・・?
白と黄色の二色もありますが、黄色い花も有りますよ。
ホウレンソウの花はとても小さくて固まっていますよね??
私、冷蔵庫の中で忘れてしまって花を咲かせたことがあります。
Commented by ひーちゃん at 2013-05-24 21:59 x
ニホンリス しっかり撮れてますよ
札幌時代に真駒内公園を散歩しているとよくリスに会いました
イトトンボはオオイトトンボのような気がします
ブルーの模様がとてもきれいなので(p_-)
わたしもあまり自信はありませんが
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 22:52
koneko3y さま
ほうれんそうの花は黄色を前にも見たこともありますし、このように立札も・・・お隣と間違うような場所ではありませんでしたし、立札に間違いがあるとは思えませんが・・・・・・
画像検索にもおなじような花がのっております。
でもそれ以上にご存知でしたら、もしかしたら違っていたのかしら?
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-24 23:03
ひーちゃん さま
トンボに詳しいひーちゃん さまのご意見が聞きたかったです。
オオイトトンボはもう少し大きいと思い、またレアものですから一般的なセスジイトトンボだと・・・
オオイトトンボでしたらCercion sieboldii とシーボルトさんの名前が・・・
きれいなブルーでした。
Commented by 標高480m at 2013-05-24 23:23 x
リス君にウスバシロチョウ、もう初夏ですね。
今日は比較的涼しかった房総からアクアライン経由で帰ってきましたが、途中通過の埼玉が32℃!! 車の中でしたが暑くてぐったりです。帰ってきたら蔵王は9℃(@_@)ナンダコリャですね。
ところで話題になっているshibataさんが写された黄色い花はキク科でシュンギクの花です。ホウレンソウはヒユ科(クロンキスト体系ではアカザ科に分類)なのでとても小さく粒のような花です。
おそらくホウレンソウが生えていたところにシュンギクが出てきてしまって、名札がそのままになっていたのでしょう。残念ながら植物園でも時々あるパターンです。しかも今年は気温が急に高くなり、両者の花が通常の花期より早めに咲いてしまっているのではないかしら。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-25 05:34
標高480m さま
私も通常のホーレンソウは知っていましたが、この花がホーレンソウとして掲示されていたのが二度め、
その上、今回はきっちり表示されて数本、堂々としてありました。
こぼれだねだったのでしょうか?紛らわしいので削除しました。
ありがとうございました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-25 05:46
koneko3y さま
以前も同じパターンだったのかもしれません。相手は筑波植物園、きちんと管理されているはず・・・
珍しいホウレンソウの種類だと思っておりました。
はっきりしませんので削除しました。
Commented by GG@tbnk2 at 2013-05-26 17:52 x
はじめまして。WEB検索から記事を拝見しました。
イトトンボの写真は、ホソミイトトンボという種類ですね。
眼後紋が左右つながっているのが特徴です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-26 19:02
GG@tbnk2 さま
同定、まことにありがとうございました。
綺麗なトンボでした。
記事に加筆させていただきました。
Commented by GG@tbnk2 at 2013-05-26 22:26 x
度々すいません。
生息地の情報を見逃してました。日光の植物園なんですね。
だとすると、オゼイトトンボの可能性が高いです。
眼後紋の形で、安直にホソミイトトンボとしましたが、
体が少し太いのと、体節の斑の色が違うみたいです。

セスジイトトンボではないのは確実ですが、
オオイトトンボとも眼後紋や尻尾の斑紋が少し異なるようです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-05-27 05:10
GG@tbnk2 さま
いろいろとご迷惑をおかけしてしまって・・・
トンボの同定は難しいですね。
手元に完全な図鑑もなく、写真も一方向からですとお手上げです。
機会があったらまた写してきます。
お時間とお手間をとらせました。あるがとうございます。
<< 日光植物園 筑波実験植物園 >>