RANCHO SAN ANTONIO CO. PARK (2)

さて、このハイキングで見かけた鳥をまとめてみました。なかなかしんどい作業でした。
            なにしろ、英語は大の苦手、ましてや学名であるラテン語などどう発音するやら・・・・・
            地域的、季節的特性もわからぬままに・・・・間違っていたらご指摘いただけるとありがたいです。
e0034313_15583283.jpg

                一番にトレイルに姿を見せてくれたのは、こちらでいうアカゲラの仲間のようです。
                    Acorn Woodpecher メス 学名:Melanerpes formicivorous ドングリキツツキ
                          
e0034313_1623012.jpg
e0034313_1623621.jpg

                ほほえましい給餌のシーンを見せてくれたのはカラの仲間
                     Chestnut-backed  学名:Poecile rufescens 栗担保コガラ
                  なぜ、栗担保・・という名前が付くかは不明ですが、アメリカでは親しみある鳥のようです。
                  学名から逆引きすると違った学名が出てきます。どうやらChickadeeには6種、アメリカにいるようです。
e0034313_16105753.jpg

                 凛々しい姿も色もきれいな鳥です。カケスの仲間
                      Steller's Jay 学名:Cyanocitta stelleri ステラーカケス
e0034313_16152225.jpg

                 ユニークな冠を付けた鳥、ウズラの仲間でした。
                      Califprnia Quail オス 学名: Callipepla califonica カンムリウズラ
                  学名からも正統なるカルフォルニアの鳥のようですね。
                  そうなんです!カルフォルニア州の州鳥でした。
                  お目にかかれてよかったです。傍の草むらに雌と子供たちもいたのですが、よく写せませんでした。
e0034313_1621466.jpg

                 鮮やかな黄色に黒いベレー帽子・・・
                      Wilson's Warbler オス 学名:Wilsonia pusilla ウイルソンアメリカムシクイ
                  日本のムシクイとシルエットは似ていますが、さすがアメリカ?カラフルですね~!

こんな風に半日の山歩きでもいろんな鳥と出会いました。それだけ自然の生き物と一緒に過ごせているカルフォルニアなんですね。

ちょうど昨日の朝刊県内版に 福島原発事故の影響がまだまだ濃く残っていて、森の恵みの大部分が出荷制限を受けているとのこと。
全部が原発が原因ではありませんが、別の記事では野鳥が減ったとも 
どんな状態なのか真実を知らされていない私たち・・・できるだけ汚染拡大を防いでいかないといけません。
学生時代に読んだ「沈黙の春」を思い出し、まさにわが身がその中にいるのです。                 
by kimiko_shibata1 | 2013-06-14 05:00 | | Comments(28)
Commented by うわつ at 2013-06-14 06:05 x
shibataさん、おはようございます。
野鳥のイキイキとした姿を切り取っていて
思わずうまいな~と感心しています。
絞り込んでいないので背景が程よくボケて良い感じです。
Commented by kanmyougam at 2013-06-14 07:50
おはようございます。
収穫の多い旅行になりましたね。
日本の鳥に比べて彩があざやかにかんじました。
風土が影響しているのでしょうか。
楽しませていただきました。
Commented by 標高480m at 2013-06-14 09:47 x
野鳥が凄くきれいに撮れて!!一眼レフを持って行って良かったですね。アカゲラ似、ヤマガラ似(栗の皮を背負っているという意味でしょうか?、背中の色は栗色ですね(o^^o))、ムシクイ似、親しみのある鳥のようだけどちょっと違うというのが面白いですね。
冠をつけたウズラはそういえばディズニーなどのアニメによく登場していましたね。
Commented by school-t3 at 2013-06-14 10:16
鳥は世界中にどれほどの種類がいるんでしょう?@@
地球は素晴らしいところなんですね。
Commented by hemi-kame2 at 2013-06-14 10:27
ドングリキツツキ、丸い頭にドングリ眼と言った処でしょうか。
キツツキはどこでも人気がありそうです。
ステラーカケス、きれいですねぇ。
カケスの雰囲気がありますね。
日本では珍しい鳥を見せていただき、ありがとうございます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-14 18:26
うわつ さま
思わぬ近くに来るので300mmで焦ってしまいます。嬉しい誤算!(笑)
それにしても色のはっきりした鳥が多かったです。
うわつさまにほめていただき、素直にうれしいです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-14 18:28
kanmyougam さま
一週間の滞在で軽いハイキングを3回もしたのですから満足です!
自然の中にいることは、日本でもアメリカでも私にとって心身ともに素敵な時間です。
色がきれいな鳥が日本より多いですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-14 18:33
標高480m さま
一時は一眼レフは置いて行こうかと思っていましたが、たぶん、最初で最後の海外・・・
悔いのないように頑張ることにして本当に良かったです。
肩の具合もこのところ随分と良くなったので・・・・
すべていい方にまわりました。

>栗の皮を背負っているという意味・・・・なるほどそういう意味なんですね。
ディズニーのアニメ、昔はよく見たのですが・・・・
今度、機会があったらそんな目で見たいと思います。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-14 18:36
school-t3 さま
そうですね、素晴らしい地球のバランスを崩しているのはヒトですね。
お近くでしたら英語のレッスンに通いたいです。
これらの同定に四苦八苦・・・
今はヨセミテのパンフを和訳しています。これもボケ防止?(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-14 18:47
hemi-kame2 さま
日本ではオオルリだってこんなに鮮やかではありませんからびっくりです。
ステラーカケス、なかなかおちゃめな鳥のようです。
歩きだしてすぐにドングリキツツキが車道にきたのにはびっくり・・・・
あちらでは人を警戒しないようです。
Commented by matsu_chan3 at 2013-06-14 19:18
こんばんは
珍しい鳥を観れてよかったですね!
日本では見れないものばかりです・・ナイスショット!
Commented by noriko at 2013-06-14 20:39 x
3回もハイキングとは、スゴイですね。ステラーカケス。ステラーの名前にひかれて、オオワシ(ステラーシーイーグル)やステラーカイギュウ(海牛)などを、思い出しました。大きなカメラを持って行って良かったですね。
Commented by chibigon860 at 2013-06-14 21:14
珍しい鳥に出会えましたね
どの鳥も日本で見る鳥よりも
色鮮やか・・・
個性的な頭のステラーカケス
アニメに出てきそうです
Commented by ae_aole at 2013-06-14 22:44
どの鳥も個性的で、独特な色合いですね!
こうして拝見することができるのも
kimiko_shibata1さんのおかげです

いつもありがとうございまーす♪♪
Commented by yuta at 2013-06-15 00:29 x
こんばんは
姿や模様がおもしろいですね
どれも珍しい鳥で初めて見るものばかりです
赤いベレーをかぶっているような鳥や
冠をのせているような鳥
見ているだけで楽しくなります^^
Commented by sidu-haha at 2013-06-15 06:26
おはようございます。
いろんな鳥に出会えて~~それを調べてアップ~
ご苦労様でした。
それにしても、見たことのないというか~知らない鳥が多いです。
カメラ目線というのかもしれませんが、素晴らしいですねえ~
一枚目の鳥は、地面から、何かを求めているのでしょうか~
二枚目は、私も見たことがありますが~なんせ調べるなど~
無精者なので、名前がわかって嬉しいです。
小鳥の声を聴くだけでも、森の中は、宝物ですねえ~
ありがとうございます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 06:48
matsu_chan3 さま
あちらではさほど珍しい鳥ではないのでしょうけれど、私には興奮の時間でした。
夫婦親子連れのウズラをもっと粘ればよかったのですが・・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 06:57
noriko さま
いい旅でした。たたし、回復はかなり大変でした。好きな事をしていたせいか腰痛の再発はまぬがれましたが・・・・
ステラーとはドイツの探検家だったのですね。
さすがにSierra Birds にはステラーシーイーグルはのっていませんでした。
かわりに猛禽を調べて「osprey」が「ミサゴ」と知りました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 07:00
chibigon860 さま
知識もなく普通に歩いていてこれだけ見られました。良かったです。
今度、ディズニーなどご覧になるときはカルフォルニアウズラやステラーカケスを探してみてください。
きっといると思います。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 07:01
ae_aole さま
デザイン、色、ともに日本とは違いますね。
大陸が違いますから個性も違うのでしょう。ヒトもおなじかしら?
今回の旅ではみなさんご親切で・・・・困ったことはなかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 07:03
yuta さま
この地方の鳥についてはまったく学習していかなかったのですが、こうして普通に撮影で来きました。
生き物と人とが近い関係のように思いました。
広大な広さからか、どちらにも相手に対するおおらかさがあるのかもしれませんね。
デザインもカラーも違いますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 07:09
sidu-haha さま
確かに私にとっては調べる方が大変でした。(笑)
それも旅の楽しみのひとつですが・・・・・
青い鳥・・・地元の人は「blue Jay」と言っていましたが、別の場面では
Western Scrub-jay も blue Jay と・・・・・
その辺も大陸的なのかもしれません。
森に鳥の声がしなかったら本当に「沈黙の春」・・・恐ろしいです。
Commented by noriko at 2013-06-15 11:07 x
沖縄配備のオスプレイも、ミサゴと同じように、ホバリングができるので、命名されたのではないかと思います(勝手に解釈)
Commented by kainaka-2 at 2013-06-15 11:56
こんにちは。色とりどりの野鳥達、名寄せ作業も大変でしょうね。
これが苦手なんで、鳥も花も名前が分からないものが多いんです。
お疲れ様です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 18:37
noriko さま
私もそう思いました。ミサゴには来てほしいけどオスプレイは嫌ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-15 18:48
kainaka-2さま
名前を調べるのは大変!でもこれも旅の楽しみ、老化防止・・・と励んでいます。(笑)
英語はもっとできるような教育を・・・と思います。(おっと、人のせいにしてしまった。)
Commented by asitano_kaze at 2013-06-15 23:33
まあ、どれも見たことのない珍鳥ばかりで驚きます。
とくにカケスの仲間、美しいですねぇ。
幸せの青い鳥さんですね。頭のとんがりも面白い。
ウズラの仲間の鳥さんも美しいです。
ムシクイの仲間の黄色い鳥もすごいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-06-16 07:51
asitano_kaze さま
あちらでは一般的な鳥ですが、私には興奮の瞬間ばかり!
重たい300mmを持って行った甲斐がありました。
Blue Jay と呼ばれて親しまれているようです。
国が違うと・・特に大陸が違いますから・・・大変、面白かったです。
<< 美しい時間 RANCHO SAN ANTO... >>