ヒナノカンザシ

            ついに見ることができて、なんとか写真にも写せました。
e0034313_2185875.jpg
e0034313_21111258.jpg
e0034313_21112315.jpg

                ヒナノカンザシ  Salomonia oblongifolia DC. 雛の簪   ヒメハギ科 ヒナノカンザシ属
                    
                    湿地に咲く1mmほどの花です。名前がぴったり!お雛様の簪を思います。
                    背丈も10~15cmほどまわりの草に埋もれてしまいます。
                    構造も複雑ですが、近眼と老眼・・・その上に体は硬く、お腹は邪魔(笑)・・・・残念ながらよく見えません。
                    下方に見えるのは果実、腎形で、扁平、ギザギザが並び、まるでカニのこうらのよう・・・・
 
by kimiko_shibata1 | 2013-08-02 05:08 | 散歩 | Comments(18)
Commented by noriko at 2013-08-02 07:15 x
近眼と老眼・・・その上に体は硬く、お腹は邪魔

笑った! 名前がピッタリの草ですね。
Commented by kanmyougam at 2013-08-02 10:11


おはようございます。
・・・・・・・>近眼と老眼・・・その上に体は硬く、お腹は邪魔(笑)・・・・残念ながら・・・
僕のこといわれているようで・・・・・
メタボを克服したいのですが気持ちだけで・・・・

雛の簪・・・・可愛い花ですね、見落としてしまいそう・

暑いですご自愛ください。。



Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-02 17:27
noriko さま
会長さんの依頼での撮影だったので緊張もあり、あまり場所の移動もできず・・
暑い中息を止めてのシャッター・・・・苦しかったです。(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-02 17:29
kanmyougam さま
先生もそうですか!私は数年前までは毎週登山(低山も含めて)をしていたのですが、
最近、ほとんど入山しなくなってお腹が出てきてしまいました。トホホ・・・
接写は特に息を止めてシャッターを切りますから苦しかったです。
湿地の中で倒れるかと・・・・(笑)
Commented by うわつ at 2013-08-02 17:54 x
ヒナノカンザシご苦労されての撮影でしたか。
バリアングルですかね~あれ使ってるんでしょ
私のには付いていないのでビニールを広げて寝っころがります(笑)
今から愛宕山に上ります。
Commented by borancha at 2013-08-02 18:19
ヒナノカンザシ、花は1ミリ!
小さいですね・・・
これを手持ちで撮るのは大変ですね・・・
心臓がドキ!というたびに、ピントが振れて、難しい。
息を止めても難しい!
Commented by matsu_chan3 at 2013-08-02 19:43
こんばんは
小さいお花ですか・・初めて見たかな!
それじゃひっくり返っての撮影・・えへへ ♪♪
Commented by hemi-kame2 at 2013-08-02 20:46
ヒナノカンザシ、初めて見ます。
初めて聞きました。
小さい実が付くんですね。
これは撮るのが大変ですね、私だったら息止めて軽く3回ぐらいは“死にそうに”なります。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-02 21:17
うわつ さま
バリアングル使っていますが、画面を見るのが大変で・・・・
湿地なので膝をついてびしょびしょ・・・・
でもうれしい時間でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-02 21:20
borancha さま
カメラもピント合わせに必死
私も息を止めてシャッターを押すのに必死・・・・

もう一つ、モウセンゴケの花ではないかと思うのですが、
そちらは花の色が白・・・白とびもあって・・・・
このような小さなものを撮るとわかっていたらバックにする紙など持って行ったんですが・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-02 21:21
matsu_chan3 さま
確か北海道にはないかもしれません。
楽しみでもあるのですが、自分の体が大変!(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-02 21:23
hemi-kame2 さま
何度も死にそうになりました。
あいにくバックにできる紙など持ち合わせがなくて・・・・
この小さな実の中に100個ぐらい種が入っているそうです。
天地返しによって、50年ぶりに目覚めた花です。
Commented by chibigon860 at 2013-08-02 22:04
お雛様のかんざし
誰が名付けてくれたのでしょうね
50ねんも眠っていたなんて
眠り姫よりもお寝坊さんですね
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-03 05:44
chibigon860 さま
いい名前でしょう?!
今、咲きだしたヘクソカズラなんて気の毒な花もあるのに・・・・
湿地にいろいろと堆積してしまって、芽が出なかったのですね。
高校生たちが協力して湿地の一部を天地返ししたのです。
Commented by yuta at 2013-08-03 06:31 x
おはようございます
珍しい花なのですね
かわいい花で名前も素敵ですね^^
Commented by babakzk9292 at 2013-08-03 15:15
珍しいお花をまた一つ覚えました。
こちらでも何処かにあるんではないかと 期待して探さなくては・・・
ヒナノキンチャクの咲く場所は知っているのでそろそろ出かけてみなくてはと
ヒナノカンザシを見て思っています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-03 18:59
yutaさま
今朝、記事の更新がなされていなかったのでご旅行かしら?・・・と。
かつては容易に見られた花でしたが、ここ50年ほど、ここでは咲かなくなって・・・
保存会や高校生が古い地層を表に出したところ復活しました。
小さな種は眠っていたのです。感動ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-03 19:01
babakzk9292 さま
ここでも一時、姿を見せなくなって・・・
その眠りを覚ましました。かわいい花です。
ヒナノキンチャクは栃木県では絶滅したと聞いています。
是非、拝見できますように・・・
<< 7月下旬の日光植物園(2) 7月下旬の日光植物園 >>