奈良の秋(3)

             今日は少しだけ歩いた「山の辺の道」から・・・
             奈良の旅は歩くのが一番ですが、広すぎて関東からではなかなかつなげません。
             柳本古墳群は崇神天皇陵・景行天皇陵(日本武尊の父)・そして、垂仁天皇陵と続く。
             朝露の中のスタートです。三輪山から昇った太陽がまぶしい・・・・
             三輪山は日本国創生の時代より神宿る山とされ、三輪山そのものが神体であるとの考えから、
             神官僧侶以外は足を踏み入れることのできない時代が続いた。
             現在では登山は許可を得て白襷をして登れる。ただ、3時間以内に下山、撮影はもとより飲食も水分以外禁止。
             こうして山容を写すことも遠慮しなければいけないような気持になる。
e0034313_1257193.jpg
e0034313_12573436.jpg
e0034313_12574931.jpg
e0034313_1258225.jpg

              正面に三輪山が見える額田女王歌碑  
e0034313_12581923.jpg

              旅の疲れからか、細い姿です。いい冬を過ごしてほしいです。
e0034313_13216.jpg

         振り返った風景・・・私の歩いた後に道はできる・・・そんな言葉が浮かんできた。
         どうも京都も奈良もメインストリートから外れると道が細く、わかりにくいが
         こうしてランドマークとして三輪山が見えると安心です。
         
by kimiko_shibata1 | 2013-11-23 13:08 | | Comments(26)
Commented by chibigon860 at 2013-11-23 20:09
行ったことがないのに懐かしい気がします
こういう土の道
田舎でもあまり見かけなくなりました
迷子の天才の私としては大きく目印になる
山の存在はとてもありがたいです
Commented by ひーちゃん at 2013-11-23 22:16 x
これが山の辺の道ですか
古代ロマンを感じさせてくれます
三輪山は万葉にも出てきますか?
ぬかたのおおきみ 万葉の歌人ですね
あかねさす むらさきのゆき しめのゆき
のもりはみずや きみがそでふる
覚えましたね
Commented by hemi-kame2 at 2013-11-24 10:29
三輪山、山の辺、古代に起きた出来事はほんとはどんな事だったのでしょうね。
まさに古代ロマンの舞台なのですね。
ロマン、遥か古代へ、です。
Commented by namiheiii at 2013-11-24 10:37
ふ~む、奈良の里、昔の土の匂いがしますね。
Commented by yuta at 2013-11-24 11:38 x
こんにちは
3枚目の写真は山頂が輝いて神々しいですね
神様が降りてこられたのでしょうか
Commented by ae_aole at 2013-11-24 12:42
可愛らしい石画ですね
のどかな風景が広がって気持ち良さそう~♪
Commented by at 2013-11-24 15:46 x
こんにちは、奈良の旅 お疲れさまでした。私も奈良大和路を一人旅をしたくなりました。
Commented by matsu_chan3 at 2013-11-24 18:28
こんばんは
奈良は市内も郊外も道巾は狭いところですね!
電線にとまるツグミはきれいに撮りましたね。
Commented by うわつ at 2013-11-24 19:47 x
奈良市内もそうですが三輪や飛鳥など道は狭く分かりにくいですね。
開発規制されているので致し方ありません。
それが、奈良の良いところだと思います。
まだまだ明日香や葛城古道・伊勢街道・竹内街道?(未知)等々あるようです。
shibataさんなら軽く歩けますよ。
そうそう!柳生石畳街道?を歩きました。首切り地蔵まででしたがね。
大和三山見ましたか~?
Commented by tksnkm2 at 2013-11-24 23:04
三輪山って厳しい規律があるんですね。
歴史の重みを感じますね。
奈良の散歩は日本の創生を感じることができそうですね。
Commented by asitano_kaze at 2013-11-24 23:16
山はどこからも見えますから、知らない場所でも方角を知ることができますね。
それに何より、山はなごみややさしさを与えてくれます。
こうした道端に額田女王の歌碑があるなんてすてきですね。
ツグミちゃん、これから地面をほじほじしてたっぷり栄養をとってほしいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 09:51
chibigon860さま
おや!迷子の天才とは・・・!微笑
こうした土の道はいいですね。
山歩きもそうですが、土は弾力があって歩きやすいです。
いい風景でした。
Commented by zao480 at 2013-11-25 09:51
奈良はやはり歩くのが一番でしょうね。仕事のついでの駆け足観光ではほとんど奈良らしさを味わえませんでした。shibataさんのブログを読んで今度は三輪山近辺を歩いてみたくなりました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 09:55
ひーちゃん さま
万葉集にも多く詠まれている三輪山です。
しかし、万葉集には縁がなくて・・一部だけ・・・
「あかねさす・・・」懐かしい歌です。ひーちゃん さまはすらすらと出るのでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 09:57
hemi-kame2さま
古代のこのあたりはどんなだったでしょうね。
あまりきちんと調べようとは思えませんで(笑)・・・なんとなく、山岳信仰、太陽信仰を思いながら歩いてきました。
古代は謎・・・謎がまたよし・・です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 09:58
namiheiiiさま
土の香りと静けさが・・・時折、燃し火の煙も・・・・
なんとなく昔を感じながら歩きました。詳しいことはまったく不勉強ですが・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:00
yuta さま
こうして歩いて感じますのはやはり太陽と山の風景です。
陽がのぼると暖かさがまして、朝露が溶けて行きます。
半日の行程でしたが、こうした道をあるけて良かったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:01
ae_aoleさま
ちゃんと見ていると道標はしっかりしているのですが、見逃すと・・・・
何度か行きつ戻りつ・・・・
途中から山の辺の道に入るのは難しかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:02
嶺さま
お時間があればゆったりと歩いてつなげたらいいですね。
整理して出かけた旅ですが、ちと時間が少なかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:03
matsu_chan3さま
一眼レフはお留守番でした。よく撮れたと思います。
鷺が似合うかと思いましたが、遭いませんでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:09
うわつ さま
柳生石畳街道・・・そちらはまだ・・・行く機会があればいいのですが・・・・
ハイブリッド車は音がなくて、何度か後ろにいらして・・・・びっくりするやら恐縮するやら・・・
大和三山、これも今回の目標・・・見てきましたよ!甘樫丘から・・・
私のカメラ、少し広角レンズですが、一枚の納まらなかった!畝傍が離れているのですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:10
tksnkm2さま
三輪山は厳しい約束事があって・・・友人が登って山行記を描きましたので私は眺めて頭を垂れてきただけ・・・
奈良の古代史を学んで歩くと一層味があるでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:12
asitano_kazeさま
山はどっしりと鎮座ましまし、暖かい思いで歩く人を見守っているような・・・
時には厳しい山津波など起しますが・・・・
昔の道をあるいているようで、歌碑もいい所に・・・・
ちょっとだけ古代に浸ってきました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-25 10:14
zao480さま
奈良や京都は一つの神社仏閣が広大ですね。
三輪山の大神神社も壮大で・・・・
なかなか関西への時間がとれなくなりました。
Commented at 2013-11-25 21:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-11-26 07:15
鍵コメさま
奈良、折角でしたので山の辺の道、歩いていない部分を少し歩きました。
山道はやはり好みです。
おしらせありがとうございます。早速に・・・・
<< 奈良の秋(4) 奈良の秋(2) >>