アイルランド風景

        同世代の女性でしたらお分かりいただけるかと思いますが、
        中高生の頃、「嵐が丘」「ジェーン・エア」そして「風とともに去りぬ」「赤毛のアン」などに夢中でした。
        漠然と「ヒースの丘」「タラの丘」に立ってみたいと思っておりましたが、
        そのような環境には程遠く過ごしておりました。
        それがひょんな事からイギリスへ、アイルランドへ・・・となったのですから「人生の旅」も面白いものです。
        なぜにイギリスではなく、あえてアイルランドへ行ったかといいますと
        この国は長い間イギリスに占領され、独立したのが1949年、私の生まれた年なんです。
        つらい過去を背負い、、石ころだけの国と言われた北海道のほどの島国、
        なぜか親近感を持っていました。アラン模様のセーターを何枚編んだことか・・・・
        今日はダブリンの街角風景です。(車内からの撮影もあり、少々難ありです)
e0034313_151812100.jpg

e0034313_1518335.jpg
e0034313_1519424.jpg

           お気づきでしょうか?ドアに個性を出しているようです。
           ドアだけ見て回ってもいいくらい!
e0034313_1520910.jpg

            一番に見ていただきたいのはポスト!緑のポストです。
            カトリックの影響で「三つ葉のクローバー」をシンボルとしているアイルランド
            イギリスから独立してきっと真っ先に赤いポストを緑に塗り替えたのでしょう!
e0034313_15222558.jpg

            偶然に見つけた日本語・・・スーパードライですって、衣料品店なんですが・・・・
            滞在中も晴れと雨が短時間で繰り返されます、速乾は希望なんでしょうか?
e0034313_15252071.jpg

e0034313_15275526.jpg

            ダブリン城壁のここですよ・・・という案内板・・・わかりやすかったです。
e0034313_15284238.jpg

            こちらの100円shopと同じ店もありました。
e0034313_15293978.jpg

e0034313_15304645.jpg

e0034313_15311561.jpg

            ざっと歩いたダブリン中心部です。
            次回は歴史ある風景を・・・・
by kimiko_shibata1 | 2014-09-07 15:34 | | Comments(13)
Commented by yuta at 2014-09-08 00:57 x
こんばんは
「嵐が丘」「ジェーン・エア」若い頃デートで映画を見ましたよ
煉瓦作りの重厚な建物は歴史を感じますね
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-08 08:55
matsu_chan3 さま
政治的には厳しい環境のようですが、優しい、温かい人々でした。
なかなか魅力的でチャンスがあれば、また行きたいです。
鳥は確認できたものはロビンだけでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-08 08:57
yuta さま
わぁ~、デートで映画!素敵な思い出ですね~
私は一人、籠って本ばかり読んでいました。
どれだけ読み取れていたかは大いなる疑問で再読したいとも思うのですが、こうしてネットに時間を割いています。
それも素敵な出会いですから・・・・
Commented by hemi-kame2 at 2014-09-08 09:46
緑のポスト、ところ変われば色変わる・・・ですね。
煉瓦造りの建物、煙突のシャフトが見えますね。
このような石造、煉瓦造の街の建築家は内装設計が多いのでしょうね。
Commented by zao480 at 2014-09-08 10:09
緑のポスト、風景に溶け込んでいますね。
色違いのドアのデザインもおしゃれ。

所々ヒースの茂みがある湿原風景、私も憧れでしたよ。鉢植えを買ってみたものの亜熱帯と化した東京近辺ではエリカ属も元気がありませんでした。
転居を繰り返し、偶然にもこの地は夏寒く霧深く強風が多く、彼の地にそっくりで、憧れのヒースも元気で大きな茂みに育っています。
Commented by 嶺、 at 2014-09-08 12:19 x
こんにちは、アイルランド風景を拝見しましたいいですねー。緑のポストも煉瓦造りの街並み合いますねー、ありがとうございます。
Commented by matsu_chan3 at 2014-09-08 17:19
アイルランドは人気が高く観光客も多く訪れているようですね。
赤いポストに対して緑の郵便ポストはユニークですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-08 19:33
hemi-kame2 さま
イギリスもそうでしたが、各部屋からそれぞれの煙突につながっているそうです。
昔の日本でも煙突掃除屋さんがいましたね。
懐かしく思いました。
ポストの色は黄色、青なども国によってさまざまです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-08 19:35
zao480 さま
憧れのヒースの丘でした。
泥炭に根の短いヒース、・・・泥炭とジャガイモしか採れない・・・と言われていたアイルランドです。
お庭にヒースとは羨ましい!
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-08 19:37
嶺さま
石の街ですし、冬が長いせいか、カラフルな色のドアが印象に残りました。
緑のポストもなかなか・・・です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-08 19:39
matsu_chan3 さま
素朴な国が貴重なのでしょうね。直行便がなくて日本からは不便です。
北アイルランドの独立問題もあり、ソ連が上空を通過させないとか・・・遠い国になってしまうかもしれません。
Commented by asitano_kaze at 2014-09-09 16:38
嵐が丘、私もイメージとして荒涼としたヒースの丘を思い描いていました。
実際にその地を踏まれると、感慨深いものがあるでしょうね。
落ち着いた建物のつくりですね。
緑のポスト。何だか気持ちがこもっているような気がします。
ラスト2枚、カモメちゃんがいいですねぇ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-09 20:05
asitano_kaze さま
ヒースの丘、ちょうど花の季節でしたので、荒涼としたイメージとは違っていました。
短い夏の期間でした。
緑のポスト、気に入りました。(笑)
カモメちゃんが、街中に多かったです。海辺のダブリンですから普通なんですね。
<< アイルランド風景(2) 夏の終わりに・・・・ >>