アイルランド風景(2)

       市内の名所めぐりから・・・
       一番に見たかったものはBC800年にまとめられた「ケルズの書」です。
       マタイ伝、マルコ伝、ルカ伝、ヨハネ伝が収められている福音書の写本です。
       トリニティー・カレッジのオールドライブラリーにありました。
       トリニティーカレッジは1592年にエリザベス女王一世によって創設された由緒ある大学です。
e0034313_2054691.jpg

e0034313_2072260.jpg

e0034313_207539.jpg

         カモメの多い校内でした。どこかハイカラなカモメたちでした。
e0034313_2083886.jpg

e0034313_209828.jpg

          ケルト文化とキリスト教の融和が生み出した装飾文字はどこまでも美しく魅力的でした。
          閲覧できるのはその時に開かれているページのみです。
e0034313_20123690.jpg

          こちらの風景をご記憶の方が多いと思います。
          ロングルームです。映画「スター・ウォーズ」のジュダイ図書館のモデルでした。
          なにか圧倒されて図書館を後にしました。ケルズの書以外ではアイリッシュハープが美しく印象に残りました。
          生憎、写真が撮れませんでしたので、お土産のコースターから・・・
e0034313_2019671.jpg

          緑、そして、この三つ葉のクローバーがアイルランドのシンボルです。
e0034313_20165475.jpg

          こうして時間や美しいケルト文字に感動しつつ、大学を後にしました。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-10 20:19 | | Comments(14)
Commented by ikutoissyo at 2014-09-11 09:13
アルファベットの飾り文字、美しいですね。見飽きないですね。
本物を見てみたいです。

11月のコーラスのコンサートで、6人のグループで「アニーローリー」を歌います。
丁度いい時に、この旅行記を拝見できました。
Commented by hemi-kame2 at 2014-09-11 09:28
ケルトのデザインは独特の風合いがありますね。
シンボルマークの色遣いがきれいですねぇ。
ここへきてイギリス連邦も大変ですね。
スコットランドが独立すると北アイルランドが独立機運が再燃するのかな?
Commented by school-t3 at 2014-09-11 10:22
地の果て(私にはそう思える・・)を旅していらっしゃったのですね。
人々の様子はどんなでしたか?
Commented by asitano_kaze at 2014-09-11 14:00
福音書の写本がおさめられているのですね。
いにしえの歴史が偲ばれます。
1,2,堂々たる中に気品みなぎる建物ですね。
装飾文字、意外に現代的なデザインですね。
すてきなコースターですね。ハーブに三つ葉のクローバー。
三つ葉のクローバーにはこアイルランドの人々のこめられた祈りがあるのでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-11 15:16
ikutoissyo さま
ヒースの丘にアニーローリーが聞こえるような空想の翼を広げています。
きっと素敵なコーラスになるでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-11 15:18
hemi-kame2 さま
カトリックが現地の太陽信仰と上手に相まって来たようです。
太陽もみどりもクローバーも・・・・わたし好みです。
イギリスはスコットランドの独立やなにやら問題が続くようですね。

ケルトデザインはとても魅力的でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-11 15:20
school-t3 さま
そう、泥炭とジャガイモしかない・・とか・・・石ころだけの島・・・とか言われていますね。
人々は明るく、親切でした。おばあさんもお洒落で可愛い人たち・・・
でも芯は強そうでしたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-11 15:26
asitano_kaze さま
今も学生が学んでいる大学です。建築物のあちこちに飾りの彫刻があって・・・
残念ながら一般人は図書館以外にははいれないのですが・・・・
三位一体とこのクローバーが重なってこの国に定着したようです。
大昔からのこの島は太陽信仰でした。
そこにカトリック教が入ってきたわけですが、力づくではなく、土着の信仰と上手に相まってきてようです。
Commented by nenemu8921 at 2014-09-11 15:49
こんにちわ。アイルランドの旅なんて夢のようです。
画像楽しませていただいております。
アイルランドの昔話は子どもが幼い時楽しんで読み漁りました。
伝承の宝庫というイメージがあります。



Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-12 07:11
nenemu8921さま
おはようございます。
思いがけず憧れのアイルランドを少しだけ歩いてきました。
スイフトがパトリック教会の司祭だったことも知らずに・・・・(笑)
伝説や妖精の国でもありますね。
もう少し続きます。よろしかったらご覧ください。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-09-12 10:59
素晴らしい記録ですね。
私は、ロンドンに数日滞在をしただけで
イングランドもアイルランドも知りません。
この国も変わるのかもしれませんね。
妻は静養しています。
その分忙しいのは私。
ははは
今日もスマイル
Commented by shibata at 2014-09-12 20:19 x
奥様、ご自宅に戻られてほっとされていらっしゃるでしょうね。
やはり自宅が一番ですから・・・
私も短時間滞在でした。
これからはイングランドも不安定になるかもしれませんが、
お二人でのんびりロンドン郊外へ避暑に行かれるのもよろしいかと思います。
涼しくて、・・・それが一番でした。
Commented by matsu_chan3 at 2014-09-12 21:03
こんばんは
歴史あるアイルランド訪問は羨ましいですね!
若い時に訪れてくればよかったと嘆いています。
今となりゃ 出かける元気もなくこちらのブログで
楽しませていただいてます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-09-13 06:52
matsu_chan3 さま
おはようございます。
そんなことをおっしゃらず、ヨーロッパの鳥撮影にも・・・

北海道の豪雨、おさまりましたか?ひどかったですね。
その後も野外活動はお気をつけて
<< 鳥の季節到来・・・・ アイルランド風景 >>