里の秋

       伊藤若冲《菜蟲譜》が帰ってきました!!!
       ・・・という事で、早速、葛生町(現・佐野市)へ沿線の紅葉をめでつつ行ってきました。
       江戸時代の巻物、痛みがひどく、修理に入ったのが2年前、・・・
       年齢を強調するわけではないのですが、こうした時、「もう見られないかも?」と思ってしまいます。
       絵巻は見事に修復され、私はまだ自分で運転して見に行けました!!
e0034313_71812.jpg

       葛生町の風景です。
       佐野市吉澤記念美術館にて「おかえりなさい、伊藤若冲《菜蟲譜》光学調査・修理完了披露展」が開催されています。
e0034313_724352.jpg

e0034313_73632.jpg

       2年間をかけて修復されて戻ってきて、現在、公開されています。
       光学的調査や化学的調査も素晴らしいですが、
       なんといっても若冲の絵のすばらしさ、また見ることができて本当にうれしいです。
       この作品が佐野市にあることに感謝です。
       以前は模写のイベントに参加して、ブドウやカエルを描かせていただきました。
       ブドウの葉の輪郭などもはっきりしてすっきりを輝いていました。
       先々代でしょうか?吉澤晃南氏が購入し、葛生町に寄贈されました。おかげさまでこうして楽しめます。
e0034313_77287.jpg



        会期は12月14日まで(11月22日より会期後半)是非、お出かけください!
        都会の美術展と違って、静かにじっくりと楽しめます。周りの紅葉もいい頃です。
e0034313_784610.jpg

          時間のない中、若冲を追いかけて静岡、大阪、京都と尋ねた日々も思い起こされて、秋のいい一日でした。
by kimiko_shibata1 | 2014-11-19 07:09 | | Comments(12)
Commented by h6928 at 2014-11-19 10:41
ここは、何年か前に行ったことがります。
益子に行ったときに、ギャラリーの壁に貼ってあったポスターを見て、
「絵に描かれた動物」のような企画展だったと思いますが、
はっきり覚えていないけれど見に行きました。
伊藤若冲の絵は本物を見たことはありませんが、
「なんでも鑑定団」で、残念ながら偽物です、の
鑑定人のコメントをたびたび聞いています。
Commented by 嶺、 at 2014-11-19 11:27 x
こんにちは、里の秋、拝見しました。江戸時代からの巻き物も修復されて良かったですね- 佐野市には親戚がいました 駅前で筆屋を。戦時中はそかいで 今はだいも代わり行つてません 今度一人旅を。ありがとうございます。
Commented by ikutoissyo at 2014-11-19 14:30
若い頃、殆ど日本画を観ることがありませんでしたが、美大に進んだ長女と出かけた美術展で、初めて若冲を観て、衝撃を受けました。
菜蟲譜のことは全く知りませんので、検索してみました。
長い長い絵巻なんですね。字づらから想像して、面白そうですね。
11月はダメ、12月には帰郷の予定もあるし・・・。
行けそうにもありません。残念です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-11-19 22:10
h6928 さま
今は北関東道を利用されると通らない所、是非、またお越しください。
若冲は最近はプライスコレクションで多くの日本人が気がつかされましたが、
以前は評価されなかったのでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-11-19 22:12
嶺さま
佐野にご縁があったのですね。
佐野駅も綺麗に変わりました。JRの個性のない駅舎と違いますので好きです。
佐野市も広くなりましたよ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-11-19 22:15
ikutoissyo さま
今年はダメでもおそらく毎年展示されるでしょうから
また、チャンスがあるでしょう。
是非、ご一緒に・・・
楽しい絵巻物ですし、本当に間近で、ゆっくりと見られます。
Commented by matsu_chan3 at 2014-11-20 04:55
おはようございます
のどかな秋の風景で癒されます!
歴史を感じます。
絵巻は見てみたいですね♪♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-11-20 05:02
matsu_chan3 さま
おはようございます。
石灰の街、葛生です。吉澤コレクションとして公開されていてうれしい限りです、
Commented by hemi-kame2 at 2014-11-20 09:44
伊藤若冲の名前は“開運!なんでも鑑定団”で知ったぐらいです。
美術館のwebで調べて巻絵を見ました。
大胆さと繊細さのある面白い絵ですね。
野菜や虫を描こうと思ったのが素晴らしく思います。
Commented by asitano_kaze at 2014-11-20 19:42
伊藤若冲、いいですよね。絵本、買ってしまいました。
本物をごらんになったのですね。羨ましいです。
そうですか。模写されたことがあるのですか。
1,3,4,美しい秋の光景ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-11-21 07:00
hemi-kame2 さま
鑑定団にたくさん出ているのですね。
はじめは食えない絵師でかなり作品が多いそうですが(米代に)、贋作も多いのですね。
プライスさんが買われたころは安かったそうです。(笑)
面白い視点での野菜や虫たち・・・面白いです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-11-21 07:05
asitano_kaze さま
思わず引き込まれます。
写真撮影にもそんな視点を考えるようになりました。
模写は、この事物館主催で子どもから大人まで誰でも参加できるものでしたが、楽しい企画でした。
一人、一か所だったのですが、ちょうどその頃、葛生を通過して通勤していたもので
最終日近くになって埋まっていない数点も描かせていただきました。よき思い出です。
今回は東京芸大の学生さんの模写が展示されていました。さすがに立派な模写でした。
<< 冬支度 貯水池の風景 >>