冬鳥のおおとり・・・・歌舞伎役者!

         いろいろやり繰りして今年も楽しみな鳥との時間を過ごしてきました。
         歌舞伎役者のようなヒレンジャクです。
         数は昨年より少し少なく、水を飲むシーンは見られませんでしたが、
         たっぷりと喰らって、脱糞!!
         厳しい赤城颪の中も堂々たる姿でした。
e0034313_5101628.jpg

         さすがに寒いのか、丸々としておしくらまんじゅうのように固まっていました。さて、何羽いるでしょう?
e0034313_511158.jpg

e0034313_5113663.jpg
e0034313_5115426.jpg
e0034313_5121251.jpg
e0034313_5125388.jpg

          五料沼と赤城山・・・風は冷たくても私には懐かしい、あったかい風景です。
          鳥たちよ、無事に北国へ・・・・運が良ければ奥日光で再会しましょう!
by kimiko_shibata1 | 2015-03-04 05:14 | 散歩 | Comments(22)
Commented by h6928 at 2015-03-04 10:17
レンジャクさん、たくさん来ていたのですね!!
さすが、日頃の行いの良い人は運も味方しますね。
水飲みシーンは、今年は水位を上げてしまっているので、
撮れる位置が限定されてしまいました・・・。
先日60羽くらい見たという人がいました。
これからが楽しみになるかもしれません。
Commented by hemi-kame2 at 2015-03-04 10:28
この前に行った時より数が多くなってるように思います。
良いときに行かれましたね。
やり繰りの甲斐があったようで良いことです。
ここのヒレンジャクはだんだん多くなるのでしょうか。
多くなったらまた行かなくちゃ。
ヤドリギの実を咥えているのが良いですね。
Commented by koneko3y at 2015-03-04 21:17
たくさんのヒレンジャクがいるのですね。
たまにキレンジャクが混じっているというようなことは
ないのですか?
私も写してみたいと思います。
遠くで一回しか見たことがありません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-05 06:58
h6928さま
おかげさまでまた見られました。
数はふえているようでした。
水のみは撮影場所が難しいですね。
時間があれば待てたのですが・・・・
いいところに毎年来てくれるのでうれしいです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-05 07:00
hemi-kame2 さま
行けてよかったです。
まずまずの成果でした。
風が強くて葉や枝が動きますからなかなかいいものは少なかったですが、、、
実を咥えていたのはよかったです。
赤城山も懐かしかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-05 07:02
koneko3y さま
数が増えていたようです。
みんなもキレンジャクを探すのですが・・・・
私は特に「風景印」がキレンジャクなので是非と・・・思っていますが、昨年、奥日光で見ただけです。
北本公園でも見ましたが、遠いのでしょうか?
Commented by at 2015-03-05 20:16 x
こんばんは、ヒレンジャクお見事ですね流石です。私もバッチリ撮りました。今年は未だキレンジャクの姿みずです。此のところ紅梅の枝に止まるアトリを。今日は猛禽類に追われるアオバトを。大部分花粉が飛んでます、ご自愛のほどを。
Commented by withadog at 2015-03-05 21:47
ヒレンジャクは赤がポイントの美しい鳥ですね。

今日、貴重なお便りが届きました。
ありがとうございました。
ギフチョウも拝見しました。
実は数年前、犬と散歩中、山の中で見たような気がするのです。
アゲハに似てそうでない、尾のポイントの赤が印象に残りました。
風に乗って飛来するなんてことがありますか?
延岡にいた頃はアサギマダラが群をなすように
飛来するところに出くわし、感動した覚えがあります。
Commented by ななごう at 2015-03-06 08:09 x
シバタさん、おはようございます。

昨年、場所を教えて頂き現地まで行って見て来ました。
あのヒレンジャクの姿、覚えて居ます。
少なく見ても30羽位居た様に思います。
一眼は、持って居ないのでコンデジで撮りましたが写って居るかな?居ないかな?状態でした。
しかし、双眼鏡で目の前に居る状態ではっきりと見て来ましたので、嬉しかったです。
20人以上居たカメラマンの数にも、驚きでした。
Commented by matsu_chan3 at 2015-03-06 19:09
こんばんは
そちらはヒレンジャクなんですね!
こちらのキレンジャクは今日の時点では
見れなくなりました。
どんどん移動しているようです。
Commented by sdknz610 at 2015-03-06 22:39
アレアレ!♪ 未だ居ましたね♪ 押しくら饅頭は良かったですね。
最後の見送りに行こうかと思いました・・・。
貴重な画像をありがとうございます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 07:36
嶺 さま
私もキレンジャクを探すのですが、・・・・
昨年、5月に奥日光戦場ヶ原で見かけました。
ヒとキ・・・どんな行動の違いがあるのでしょうね。
会えるといいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 07:45
withadog さま
こちらこそ、佐原より素敵なカードを拝受いたしました。
奈良へ旅しておりまして、お礼が遅くなりました。

静岡でしたらギフチョウだったと思います。ギフチョウとヒメギフチョウは生息分布があって
群馬でヒメギフチョウが見られますが(ごく一部で)
ギフチョウは憧れなんです。
お散歩で見たなんて羨ましい!!
「リュードルフィアライン」を検索してご覧ください。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 07:47
ななごう さま
存在感たっぷりのヒレンジャク!
一度でもご覧になれば、忘れない鳥ですね。
堂々たる脱糞も楽しみです!(笑)
数は昨年の方が断然多いかったです。
春になりますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 07:50
matsu_chan3 さま
北海道はキレンジャクのようですね。
郵便局に風景印というものがあって、集めておりますが、旭川近辺局がキレンジャクをデザインに使っています。
残念がらヒレンジャクはなくて、私がどうしてもキレンジャクを写したい理由です。
昨年、奥日光でキレンジャクの一群を見ましたが、あまりいい画像ではなくて・・・
こちらのカメラマンたちは時々交じってくるキレンジャクを探しています。(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 07:51
sdknz610 さま
ここ数日旅をしておりまして、ヒレンジャクは先週の画像です。
まだご滞在かな?
よろしく伝えてきてください。「来年もきてね~!」と。
Commented by shata3438 at 2015-03-07 09:48
こんにちは。
キレンジャクの大群ですね。しかし1羽でも迫力があるのに
これだけそろうと大迫力ですね。
Commented by zao480 at 2015-03-07 10:18
みながお尻を向けている画像が最高に面白いですね。脱糞の粘り糸も見えて。生物学概論の(種子散布)講義を持っている頃でしたら学生に見せてあげたいきれいな画像です。
赤城山も懐かしいな。小沼をまた散策に行きたくなりました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 16:04
shata3438 さま
レンジャクは大きくて迫力ある容貌・・・数も多くて堂々として・・・脱糞もすごい迫力・・・
これをみると本格的春への期待が深まります。
今年は少し数が少なかったです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-07 16:06
zao480 さま
ヤドリギとレンジャクの深い関係ですね。
堂々たる脱糞です!!
赤城山、私もなかなか登れなくなりましたが、今年も一度は地藏へ行きたいと話しています。
Commented by ななごう at 2015-03-08 19:57 x
シバタさん、こんばんは。

今日、行って来ました。
前回と同じく朝7時に着きましたら、既に2人の方がカメラを構えて居ました。
好きな方は、雨もなんのそのですね。
今年は、昨年に比べかなり数が少ないと話して居ました。
キレンジャクは、一羽だけS市に来ている様でそちらにはカメラマンが押しかけて居るそうです。
実の成り方も、まだ早かった感じです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2015-03-09 04:27
ななごう さま
今年も行かれましたね。
毎年の行事になりますよ。そうして春がきます。
数はぐんと少ないですね。
雨でも存在感たっぷりですから楽しめますね。
雪の時はさらにいいでしょうね。(私が行けませんが・・・)

キレンジャク、そうですか!しっかりとみたいものです。
<< 奈良・鹿寄せ もう弥生・・・・ >>