シモツケコウホネ

     尾瀬の後半を掲載するつもりでしたが、NHKの放送で開花したと聞き、8年間の思いとともに行ってみました。
     栃木県だけに咲く、「シモツケコウホネ」です。
     2006年に新種として登録されたました。
     2008年にその存在を知りましたが、母の事や仕事のピークの時期でもあり、
     今日、ようやく見に行く事ができました。
     美しい風景の中に可愛らしく咲いていました。
e0034313_19214932.jpg

e0034313_19221366.jpg

e0034313_19231156.jpg

e0034313_1923308.jpg

              シモツケコウホネ 下野河骨 Nuphar submersa
                  スイレン科 コウホネ属 絶滅危惧1A類
               特徴は葉が常に水面下にある「沈水葉」だということです。
e0034313_19254886.jpg

            国内希少野生動植物の指定を受け、地域の子供たち、住民の皆さんに大切にされていましたが、
            この気候の変動か、話より数が減っているように感じました。
            この風景が無事に続くといいですね。

折しも近くではオニヤンマが初飛行!!世界に飛び出していきました!!良い瞬間を見ました。
e0034313_19252788.jpg

by kimiko_shibata1 | 2016-07-06 19:28 | 山歩き | Comments(2)
Commented by ななごう at 2016-07-08 19:24 x
こんばんは。

シモツケコウホネ、私も3年程前に県内のブログ友の方の記事で、知りました。
水中で綺麗な花を咲かせて居る姿は、良い感じですね。
混むのを避けて、早朝7時着位で行きましたら、他県ナンバーに不信感を持たれたのが事実でした。
止むを得ませんけどね。
一応、コンデジも持参で撮影して居たんですが。
絶滅危惧種が、県内で見つかるなんて嬉しい事ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2016-07-09 06:58
ななごうさま

すでにご覧になられたのですね。私はようやく行く機会ができました。
いつも忙しい時期で・・・
栃木県内にしかない貴重なコウホネ、ようやく見られて嬉しかったです。
この日は誰もおらず、地元の方とお話もできて良かったです。
<< コウホネ比較 尾瀬沼(1) >>