赤城山・地蔵岳

    ☆☆☆   三点セット・・・?   ☆☆☆
             雪は物陰に少々、早春の山頂は芽吹きの鼓動が聞こえそうな静寂。
             上州武尊(じょうしゅうほたか)を中心に谷川、尾瀬の山々がご馳走でした!
e0034313_8122975.jpg

                           大 沼
e0034313_8125055.jpg

                           覚 満 淵
e0034313_8131019.jpg

                           小 沼
by kimiko_shibata1 | 2007-05-02 08:15 | 山歩き | Comments(12)
Commented by sdknz610 at 2007-05-02 10:04
ワーい!もう行って来られたんですね~(*^_^*)
コリャあ、山頂独占ですね♪ 木の葉が落ちているからスゴイパノラマ!
一番のご馳走がこの青空って訳ですね♪
鳥は何か声がしてましたか?
赤城山!何だか疼いて来ましたよ♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-02 10:28
sdknz610さま
ソウなんです。暑さからちょっと避暑に。
&混雑が苦手な人間は・・・・・・
朝の七時で田んぼ駐車とは!

葉がありませんので銚子の伽藍もすっかりお見通し・・・・・
谷川~尾瀬の山々、大パノラマを前にランチでした。

Commented by mstgn at 2007-05-02 12:30 x
本当にshibataさまは、
いろいろなところをご存じですねっ!

「町歩き」ならそこそこ知っていても
「山歩き」となると・・・

shibataさまのように花など自然にお詳しい方と
山を歩いたら楽しいでしょうねっ!
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-02 19:41
mstgn さま
お仕事一段落なさいましたか?
私も良い天気を横目にたけのこをゆでたり、サンショウを煮たり・・・・
仕事も半日・・・・・
私の知っているところなど狭い範囲でして・・・・・
Commented by anpanobasan at 2007-05-02 23:16
まるで夢の世界の様~。
この景色を目にしたら、現実を忘れてしまいそう。。。。。
朝・昼・夕・・・・季節・天候・・・・
多様に変化するのでしょうね。
Commented by borancha at 2007-05-03 00:09
雄大な景色ですねぇ。
こんなところで深呼吸をしたら爽快でしょうね。
最近閉じこもり勝ちなので、引き込まれてしまいました^^
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-03 07:07
anpanobasanさま
本当にしばし雑念を開放し、ぼぉ~としてきます。
夕日も美しいでしょうね。
かつて尾瀬のアヤメ平で至仏山の肩に落ち行く夕日を眺めたときは最高でした。
いい風景を思い出して また幸せ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-03 07:10
boranchaさま
近頃はなかなか遠くの山並みが見られないのですが、この日はラッキーでした。
南ははっきりしておらず、R50からこの赤城でさえよくみえなかったのですから・・・・
行って見ないと分からないときも。
Commented by [松ちやん」 at 2007-05-03 20:18 x
shibata様
今晩は。久しく山になど登っていませんが、先日、山北・大野山に行ってきました。723㍍の山ですがばてましたね。中級者向けだそうです。
富士のお山が綺麗でした。

それにしてもあちこちのお山に登れて羨ましい限りです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-05-03 20:26
こんばんは。
大パノラマですね。
赤城山は一度も登ったことが無いんですよ。地元なのにね~
尾瀬の至仏山からも赤城山は良く見えますよね。
上州武尊の左に鎮座していますね。
物陰にはまだ雪がありましたか。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-04 07:04
[松ちやん」さま
富士山はどこから見ても美しいですね。
山が歩ける幸せを思っています。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-05-04 07:07
sakusaku_fukafukaさま
ふふっ!他に沢山いい山がそばにありますもの・・・・
一枚目、左の白い大きな塊が武尊、その右の白い三角が至仏山です。
肉眼ではよく見えたのですが、コンデジでは・・・・
横にアヤメ平~ひうちも・・・・
<< 赤城山第二章 宇都宮市 >>