深草

    ☆☆☆  若冲の寺・石峯寺  ☆☆☆
            宝永年間に建立された禅道場であり、以後寛政年間に若冲が草庵を結び、
            若冲の磊落な筆で下絵が描かれた五百羅漢が残っている。
            羅漢を竹林の一山に安置したもので、若冲らしい豊かな表情がなんともいえず・・・・・・
e0034313_8132040.jpg

                                 羅漢参道赤門
e0034313_814033.jpg

e0034313_8143063.jpg

                   若冲展の大混雑はウソのよう・・・・
                   やぶ蚊が多いですから・・・・とご住職のお心遣いがうれしい。
                   十年以上の夢がようやく実現、訪れる人も少なく、心残りなく竹林を歩いた。
             



若冲展を楽しんでホテルに着いたとき、ニュースで「若冲の石仏が破壊される!」と・・・
石峯寺の五百羅漢であった。なんと言うことを・・・・!
e0034313_8231114.jpg

                       誰が何の目的で・・・・・・悲しみとともに怒りが・・・・
by kimiko_shibata1 | 2007-06-15 08:24 | 散歩 | Comments(15)
Commented by noriko at 2007-06-15 09:01 x
コメントの途中でmoreに気づいてクリックしたら、当然ながら、書きかけのコメントは消えちゃうんですね。
 40年前によく行っていた、近所(当時)の目黒の五百羅漢を思い出しました。うっそうとした緑やお堂も含めて、とても雰囲気がよかったのですが、今はどうなっているでしょう。コンクリートのお堂に再建されていたりして…

ここは、緑の奥が深いですね。
一つづつ撮った羅漢さんが好きですが、3枚目の写真は、何だろうと思いますね。誰が何のためにとは思います。
Commented by sdknz610 at 2007-06-15 10:41
五百羅漢の事件、京都新聞に出ていましたね~・・・。
4月6日に30体が倒されていたのが分かり、内5体が破損していたとか。
こんなに優しい表情の羅漢に何と言う仕業・・・。
なんともやり切れない怒りがこみ上げて来ます・・・。
人心の荒廃が加速しつつあるんでしょうか・・・。
原因はあるんでしょうが、如何ともし難いので、余計・・・。
Commented by anpanobasan at 2007-06-15 10:55
伊藤若冲と石峯寺の関係知りませんでした。^^;
羅漢像の下絵を書いて石工たちに彫らせたなども・・・・・
改めてネットで‘百丈山石峯寺’等を見て参考になりました。

いつもながらですが、sibataさんの行動力には敬服。
何事も深く深く真理を追求して止まないのですね・・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-15 20:18
noriko さま
ソウなんです。消えて困る場合は、反転させてコピーしておくと便利です。
目黒は自然が残っているから、そのままあるかも
なんというお寺さんかしら?
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-15 20:19
sdknz610さま
嫌な時代ですね。
好きで盗掘するのは分かりますが・・・・
穏やかで、うそのないおおらかな時代なんてないのでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-15 20:22
anpanobasanさま
なかなか良いところです。
若冲ファンでなくとも・・・
機会がありましたら是非、インプットしておいてください。

ブログ訪問して終わりではなく、勉強されるところが凄いですね。
敬服です!
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-15 20:23
hitakijoさま
ちょうど陽がスポットライトのように・・・
楽しんでくださって嬉しいです。

日本国はどうなるのか?自分に何ができるのか?・・・・・・・
Commented by noriko at 2007-06-15 20:30 x
このブログにコメントなさる方は、皆さん、守備範囲が広いですね。
○○カンゾウさんも、花から鳥から昆虫も。
ロゴというんですか?右端の小さな写真に、数日前にオオミズアオが載っていたら、本格的な登場になりましたね。
リンクのお陰で、いろいろ楽しんでいます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-15 20:38
noriko さま
みなさま、広くて深いのです!勉強させていただいています。
右上の画像をエキサイトブログでは「ロゴ画像」と言うのですが、
最近、sdknzさまは、予告欄とされているようで、楽しみが増しています。
例の花の名前、わからないです。あの漢字が出てこないのです。
・・・・・・気になっています。
Commented by otama at 2007-06-16 09:19 x
若冲と石峯寺の関係は知りませんでした。念願を果たされよかったですね。五百羅漢さんのお顔いいですね。それを壊す者がいるなんて許せない!情けないです。目黒の五百羅漢が何処にあるのか私も知りたいです。
Commented by mstgn at 2007-06-16 11:22 x
これは、もしや「京都」の・・・

「佐渡」や「伊勢」・・・
いろいろと迷いましたが、

この夏の旅行は、久しぶりに京都を
訪れてみようかと・・・

できれば、1日レンタカーを借りて、
以前より、訪れてみたかった「伊根」にも

いってみようかと、現在計画中です!
Commented by borancha at 2007-06-16 12:05
石峯寺は何ヶ所かあるようですが、若冲といえば、京都伏見ですね。
写真だけ見ていると、風情のあるすてきなところですね。
京都市街は好みませんが、郊外の静かな佇まいのお寺巡りをしてみたいです。
かつて、若冲が何故か好きで、ネットで絵をダウンロードして夢中で眺めていました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-17 07:03
otama さま
まったく!ですね。
目黒のお寺は「大円寺」さんだそうです。
機会がありましたら・・・・・
都内にはいいところが多くありますね。知らないだけで・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-17 07:05
mstgn さま
京都です。長いあいた手帳にかかれたままで・・・・・
若冲展を機会にジャンプしてみました。

「伊根」!mstgnさまらしい所ですね。
是非、行かれて舟屋風景を見せてください。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-06-17 07:15
boranchaさま
小さな庵がいいですね。
以前からお好きでしたら、現在のブームは片腹痛し!でしょうね。
先日も「若冲への詫び状」と題して
日本人がずっと若冲を忘れたまま放置し、今頃外国人から紹介され大ブーム、
若冲の墓に「忘れていてすみません」と頭をたれるのが筋・・・・云々とありました。
最近の日本はブームが簡単に起こり、簡単に去っていきますからこんな風に言われても仕方がありませんね。
ブームに乗って知ったチャンスをそれぞれが今後にどう生かすか!と思います。
<< 深草 奥日光 >>