鳥類園

     ☆☆☆  上の池(淡水湖)  ☆☆☆
             ウオッチングセンターと上の池、穏やかな朝であった。
いつもながら混同しました。
hitakijoさまありがとうございます。


e0034313_1937172.jpg

             二回目の鳥類園、初めに迎えてくれたのはセグロセキレイとシジュウカラ?・・・・・
                                           ハクセキレイ
e0034313_19373542.jpg

e0034313_19375857.jpg

                         通路に沿って今頃びっしりと花をつけている木
                         後ほどハマビワと教えてもらった。
               ハマヒサカキでした。においがガスもれのにおいに似ていました。
e0034313_1939552.jpg

               こちらもハマヒサカキです。
e0034313_2091255.jpg

                         こちらはハマビワの実                         
                         ハマビワはクスノキ科で中国本州中国地方以南の植物
                         詳しくはhitakijoさまブログをご覧ください。
by kimiko_shibata1 | 2007-12-09 19:42 | 散歩 | Comments(13)
Commented by babakzk9271 at 2007-12-09 20:48
お久しぶりです。
富士山展望山行すばらしい写真を沢山撮られたうちの一部でしょう?
ブログに載せられたのは・・・富士山は何処からみても何時みてもいい
日本一のお山です。
あなたの写真をみて鳳凰三山縦走の時に見た富士山を思い出しています。
忙しくしていてコメントが遅くなりました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-10 06:51
babakzk9271さま
鳳凰三山も歩いたのですね。凄いですね。
富士山はどこからも探してしまいます。
私的には「眺める山」なのです!
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-10 06:56
hitakijoさま
昨夜、花が違ったかな~と思いつつ、よく確認もしないで掲載してしまいました。
より注意深くしなくてはいけません。
ご指摘ありがとうございました。
花のつき方、葉よく見ますと違います。

多々良沼で先月見たセグロセキレイは貴重だったのですね。
Commented by goldpony767 at 2007-12-10 07:05
ハマヒサカキですか
これの名前を聞いていた方が見えました。
Commented by otama at 2007-12-10 09:01 x
ハマヒサカキ、ハマビワ、初めて知りました。万葉に「ちち」の名で詠まれているイヌビワは見たことがあります。まったく種類も違うのでしょね。
皆さま実にいろいろな事にお詳しく勉強しておられますね。
Commented by sdknz610 at 2007-12-10 10:28
この池、随分沢山冬鳥が来ているんですね。ウォッチングセンターからだと
スコープでということのようですね。
上からなら手前の葦は邪魔にならないのかな?・・・
近くにとまった小鳥をすかさず撮る!というのがいいですね。
これがなかなか出来ないんですよ・・・。
撮れる時に撮る・・・難しいですが流石ですね!
Commented by hitakijo at 2007-12-10 11:17
おはようございます。
otama様へ
ハマヒサカキ(ツバキ科)は海岸植物ですが、丈夫なので内陸の公園や団地などの低木としてたくさん植栽されています。花の匂いがガスに似ているため、ガス漏れと勘違いして通報した人がいたそうで、団地の植栽樹種から外されたそうです。
ハマビワ(クスノキ科)も海岸植物で関東の海岸には自生していません。植物園以外では鳥類園以外には、谷津公園に1本あります。
イヌビワ(クワ科イチジク属)は、種子を鳥が運ぶのでしょう至る所で見かけますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-10 20:56
goldpony767さま
植物も鳥も詳しくないのですが、
どうも常緑樹については、その傾向が一層のようで・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-10 20:58
otama さま
本当にいろいろと詳しい方々ばかり・・・
私は一体何をして過ごしてきたのでしょう・・・と思います。
勉強になりますね。
それも楽しい勉強!
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-10 21:04
sdknz610さま
ウォッチングセンターの二階から西(この上の池ですが)を眺めたことがなくて・・・・
2Fからでは撮影は無理ですので、
池を回りながら観察窓から写します。
デジスコを試してみましたが、oputioはレンズが前にでませんので不適当でした。
一緒に回った学生さんも苦労されていて、なかなか難しいようです。
今回は、偶然なのですが、飛ぶ鳥が多くて・・・・
押した時に飛んだ鳥が多くて・・・・
翡翠をじっくり見せていただきました!大収穫!!でした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-10 21:09
hitakijoさま
ご丁寧な説明、誠にありがとうございます。
少しずつ整理されていきます。
それにしても「ビワ」といっても
ビワ(バラ科)、ハマビワ(クスノキ科)、イヌビワ(クワ科)・・・・
それなりに理由があるのでしょうが、面白いというべきか
難しいというべきか・・・・・・・
Commented by otama at 2007-12-11 20:15 x
hitakijoさまからビワの詳しいご説明を頂きました木の名前もろくに知らず、ましてそれが何科に属するのかも分からないのです。説明を受けてそれぞれ違う事がわかりました。有難うございます勉強になりました
Commented by kimiko_shibata1 at 2007-12-12 19:07
otama さま
hitakijoさまは本当にお詳しい方です。
こうして教えていただくと楽しいですね。
「なかなか覚えられない」と言うと「無理に覚えることはありませんよ」とお優しくて・・・・
<< 鳥類園 鳥類園 >>