2017年 09月 20日 ( 1 )

芭蕉の旅をなぞって

10/20-22に目白で開かれる切手展の為、県内をあちこと訪ねています。
芭蕉は「奥の細道紀行」で間々田から栃木県に入り
「室の八島」「鹿沼」「日光」「壬生」「黒羽」「雲岩寺」「芦野」と歩き福島へ抜けました。
一日に30kmほど歩く旅でした。

室の八島は歌枕で有名な所、
下野一之宮の大神神社内に句碑があります。
e0034313_06482198.jpg
e0034313_06535406.jpg
句碑は明治2年建立、文字が読めないのでこちらの案内板を・・・
e0034313_07044926.jpg
日光では含満が淵や裏見の滝を訪れました。
e0034313_06443318.jpg
黒羽の芭蕉の館にて
ここで曾良が
かさねとは八重撫子の名成べし と詠んでいます。
くしくも切手展は「なでしこ切手倶楽部展2017」
e0034313_06431149.jpg
このような風景が広がっています。
e0034313_06424597.jpg
雲巌寺には10日余り滞在した芭蕉、知人の僧が居たことや天候の具合だったようです。
木啄も庵はやぶらず夏木立 芭蕉
e0034313_06421033.jpg
e0034313_06461733.jpg
芦野にはいつも田植えの季節に行っておりました。今回は曼殊沙華と実りの風景、秋の風景も良い所でした。
e0034313_06472456.jpg
e0034313_06434128.jpg
帰りにこんな風景に出くわしました。コンバインがそばに来てものんびり餌をついばむサギたち
あまりに大きなカエルでなかなか呑み込めず、シャッターが間に合いました。
久々の200km越えのドライブ、さすがに疲れました。

by kimiko_shibata1 | 2017-09-20 07:14 | | Comments(6)