カテゴリ:旅( 314 )

京都府立植物園温室から

       温室にも寄りました。ここはMayaさんお勧めの充実した温室、
       ただ、旅の最終版、外の暑さ、旅の疲れからか整理してみると名前の不明なものが・・・
       次回に期待しよう・・・・
e0034313_723448.jpg

           バナナの花
e0034313_724753.jpg

           こちらが堂々と開花していましたが、名前がわかりません。
           葉がとても広い!
e0034313_724572.jpg

           チャポディア・スプレンデス
            アカネ科
          メキシコのモゾタル山南斜面だけに生息していたが、源氏アは絶滅。
          こちらは2011年にサンフランシスコ植物園から3本もらった中の一本。
          2013年から花を開花させているが自家受粉では種子ができない。 貴重な植物だ。
e0034313_7263538.jpg

            サテンステッチが美しい・・・
e0034313_727893.jpg

             アリストロキア・ベルヴィアナ
                     ウマノスズクサ科
e0034313_7275380.jpg

             スパティカル・ハスティフォリア
                    南米・サトイモ科
                  面白い構造、素敵な形状・・・・
           次回は是非とも気持ち、時間にゆとりを持って参戦したい。
by kimiko_shibata1 | 2016-05-15 07:29 | | Comments(8)

憧れの牧野植物園へ

     時々、とんでもなく行動してしまいます。
     チャンスの神様は前髪しかないよ・・・と教えられてきましたので(笑)
     植物好きなら誰でも一度は訪れたい「高知県立牧野植物園」です。
     Yamyam一丁目のご住人様とあっという間に話がまとまりまして行ってきました。
e0034313_20353533.jpg

          ここが正門、ここから入園までにも初対面の植物を発見!
          なかなか入園できずに笑ってしまいました。
e0034313_20365832.jpg

           土佐ならこれでしょう!トサミズキ、本場もんです。
e0034313_20374317.jpg

           ハカタシダ  美しい模様でした。
e0034313_2042770.jpg

           ヒメフウロ   可愛い花です。
           シコクフウロを大山登山で見つけたことがあり、本場四国で・・・と探しましたが、生憎・・・
           別名が「シオヤキソウ(塩焼草)」ですって・・・

そして、最大の期待は「ヤマトグサ」でした。開花は天候によりますからまさか開花しているとは思いませんでした。
でも幸運でした!!その朝、咲いたのです。
e0034313_20532412.jpg

           ヤマトグサ Theligonum japonica Okubo et Makino
             アカネ科ヤマトグサ属

     牧野博士が27歳で発見し、日本を代表する花としてこの名前を付けました。
     牧野博士は小学校中退ながら命名は2500種以上、自らの新種発見は600種以上です。
     学歴から不遇の待遇を受けたこともありますが、後年は業績を評価され、現在に至っています。
     ヤマトグサは見逃してしまうような花、一般で言われるきれいな花ではありません。
     でも私たちには非常に嬉しい出会いでした。
by kimiko_shibata1 | 2016-04-27 20:55 | | Comments(4)

たまには小石川植物園へ

      日光植物園の開園時は、兄貴分の小石川へ行く事はあまりないのですが、
      他の用事が千駄木であるので寄ってみました。
      子供たちの遠足あり、藤や八重桜の美しい園内でした。
      キビタキ待ちの写真家も・・・・・
      園内はオオアマナの絨毯!!こんなに華やかな時期を今までは見た事がありませんでした。
e0034313_20304218.jpg

e0034313_2033616.jpg

e0034313_20333473.jpg

          オオアマナ
e0034313_20335952.jpg

           ハマハタザオ
e0034313_20342755.jpg

           ハンカチノキ
e0034313_20345527.jpg

e0034313_20353478.jpg

     
今回はTamayamさまのアドバイスで「B-ぐるバス」を利用しました。
帰路は後楽園に出て、シビックセンター25階から大都会を楽しみました。
上から見た小石川植物園です。
e0034313_2038273.jpg

by kimiko_shibata1 | 2016-04-23 20:38 | | Comments(13)

つくば実験植物園から

     植物の貴重な新種が発表されました。
     好きなチャルメルソウなので行ってみました。
e0034313_20143616.jpg

e0034313_2015209.jpg

     新しい発見のニュースだけでワクワクします。
     見つけられた方はどんなにか驚かれた事か!
     
e0034313_20162191.jpg

         アンズの花にコゲラ
e0034313_2017837.jpg

          山葵の花
e0034313_20211147.jpg

          シロバナアケビ
    お天気が悪く、また、桜も開花しない3月末のつくば行きでした。
by kimiko_shibata1 | 2016-04-03 20:23 | | Comments(0)

群馬の春

      墓参りに群馬へ行きました。思いがけず予報より早く雨があがり、いつも公園に行ってみました。
      もしかしたら「今日、ヒレンジャクが寄っているかも」と・・・・・(笑)
      静かなガラ~ンとしていました。
      鶯の鳴き声はするものの・・・・
e0034313_7535183.jpg

e0034313_812272.jpg

                ハクモクレンが見ごろ・・・
e0034313_7554433.jpg

               シメがこちらを観察中
e0034313_7561610.jpg

                ちょっと顔隠しのカワラヒワ
e0034313_7571012.jpg

                ヤドリギは寂しそう・・・・
e0034313_758858.jpg

e0034313_7582330.jpg

                ハシビロガモもいました。
                やはり楽しい散歩、赤城山が見えなくて残念!

やはりZaoさまがおっしゃるように画像が横向きになってしまいますね。(縦長の写真で)。
何度か変更してようやく・・・
by kimiko_shibata1 | 2016-03-21 07:59 | | Comments(8)

東京の春

       いつも上京すると都会と宇都宮の気温の差を感じます。
       早朝に宇都宮を出ますので余計にそう感じるのでしょうが、・・・・・
       昨日は婦人の友「子供之友原画展」を見て、赤塚植物園を少し歩いて来ました。
       春の花たちが輝くように咲いており、板橋区の花、ニリンソウも咲きだしておりました。
       やはり春が早いですね。
       小鳥も多く、いつものカメラを試算しなかったことを悔やみました。
e0034313_20271120.jpg

              シュンランもこんなに背高に・・・・
e0034313_20275398.jpg

              トサミズキ・・・あと一か月で日光植物園開園です。いつもこの花が迎えてくれます。
e0034313_20284794.jpg

              フッキソウ  奥日光では夏の初めに咲く花、都会ではもう咲いていてビックリです。
e0034313_20293728.jpg

              ダンコウバイ
e0034313_20302158.jpg

              サンシュユ   キラキラ輝いているようです。
                      山のサンシュユはもっとひっそりとおとなし目に咲きます。(微笑)
e0034313_20314782.jpg

               ニリンソウ  近くの赤塚公園には大群落があるそう・・・・
        西高島平、初めて歩きした。自然が沢山残っている街でした。
         友人はタヌキを何度も見ているそうです。
by kimiko_shibata1 | 2016-03-17 20:33 | | Comments(8)

日光キャンドルページェント

           日光植物園の対岸にある「憾満ガ淵」に並ぶ地蔵群(私が子供の頃は、何度数を数えても違った答えになることから化け地蔵と言われていました。)を
           3500個のろうそくで彩るイベント、今年で11回になります。
           たまたま穏やかな天気で家人の予定もなく、夕方から出かけました。
           12日は大谷(だいや)川河川では花火が打ち上げられました。

           今日、14日まで開催されています。午後5時から・・・花火はなし
           慣れない夜の風景、撮影は難しいですね。
           日光植物園から眺められたらいいのでしょうね。
e0034313_643181.jpg

            左手が日光植物園です。
e0034313_6434090.jpg

e0034313_644079.jpg

             いろいろなお顔のお地蔵さまがいます。
e0034313_6443861.jpg

e0034313_64535.jpg

e0034313_6495025.jpg

e0034313_6503697.jpg

               足元は雪道で凸凹していますから少々あぶなっかしいのですが、素敵な時間でした。
               東照宮の市営駐車場からシャトルバスあり、
by kimiko_shibata1 | 2016-02-14 06:50 | | Comments(6)

シャルトル大聖堂

         大変ご無沙汰を致しました。
         不謹慎ですが、往復の飛行機もガラガラで疲れや時差ぼけは全く感じられず、毎日忙しく過ごしておりました。
         今、お若い方に大人気のマスキングテープの特別展が宇都宮市大谷資料館にて開催されていました。
         郵趣の知人が何組かご来県くださってご案内申し上げて10日も過ぎてしまいました。

       今日はパリから100Km弱にある「シャルトル大聖堂」をご紹介します。
       1979年に世界遺産に登録されています。「フランスで最も美しいゴシック建築」と言われています。
       町も落ち着いた趣のあるところ、再訪がかなえばゆっくり一日を過ごしたい街でした。
e0034313_19155675.jpg

e0034313_1916133.jpg

           聖母マリアに捧げられた教会です。
           尖塔右:ロマネクス様式(12世紀) 尖塔左:ゴシック建築(16世紀)・・・と制作年代が違います。
e0034313_19182259.jpg

              雀の仲間でしょうか?鳥を見るとほっとします。
e0034313_19191153.jpg

e0034313_19192877.jpg

             きめ細かい、素晴らしい彫刻がびっしりと・・・・
             キリストの生涯を現わしています。
e0034313_19205383.jpg

e0034313_19211862.jpg

            東西南北、びっしりと・・・
e0034313_19302144.jpg

e0034313_19311611.jpg

              「シャルトルブルー」と言われる美しいステンドグラスの数々、もうため息ばかりでした。
               フランス革命で破壊や略奪などもなく、こうして後世に残っているのは貴重です。
               こうした遺産はこれからも大切に保存されるよう願うばかりです。
e0034313_19335863.jpg

             路地一本も素敵な雰囲気のシャルトルでした。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-11 19:34 | | Comments(8)

モン・サン・ミシェル

      この時期に!と驚かれると思いますが、テロ後10日目の出発で、COP21開催前日に帰国しました。
      私の年ともなると先での再チャレンジは難しく、背負うものも少なく、夫の賛成があれば十分です。
      もともと息子たちにも内緒の旅でした。(笑)
      ケルト人の文化に興味のある私にはアイルランドとともに訪ねたい所でした。
      生憎、時間が少ない旅でしたが、目の前にこの風景が洗われて時には涙の出るような気持ちでした。
      帰路は暗くなり、雨も激しく、また、満月の日で潮の高低差も最大
      ひたひたと押し寄せる浪はすぐ足元まで・・・・・
      昔は「ここを訪ねる時は遺言を・・・・」と言われたそうです。

      夕方で、時折雨、そして、時間がなくて急ぎ足・・・・良い状態の写真ではありませんがご笑覧ください。
e0034313_8255485.jpg

e0034313_826915.jpg

          橋を渡るとき虹が見えました。
e0034313_8265216.jpg
e0034313_827485.jpg

           残念ながら島の郵便局はもう閉まっていました。
e0034313_828151.jpg

           登っていくと目の前を小鳥が・・・・ベニマシコのようでしたが・・・・
e0034313_828471.jpg
e0034313_8285926.jpg

e0034313_831463.jpg

            ホシムクドリのように見えたが・・・・
e0034313_8313924.jpg
e0034313_8314827.jpg
e0034313_8315630.jpg
e0034313_8322127.jpg

        モン・トンブと呼ばれ、ケルト人の信仰の場であった。
        708年、礼拝堂ができ、その後、13世紀までに今のような形に・・・
        フランス革命後は一時、牢獄になったが、ナポレオン三世に寄り再び修道院に
        1979年に世界遺産に登録。
        長年の夢であったこの旅、ヨーロッパの不安定であきらめかけていたが、どうしても・・と一人でのツアー参加申し込みでした。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-01 08:38 | | Comments(24)

東照宮「動物園」

       奥日光の翌日には日光東照宮をご案内いたしました。
       生憎、陽明門は修理中ではありましたが、しっとりとして、混雑のない東照宮は良かったです。
       東照宮には彫刻によるさまざまな動物や鳥たちがいて、それを楽しむのも一考です。
       素晴らしい竜「鳴き竜」は生憎撮影不可でしたが、迫力あります。
       湿度の高い日は鳴き声が一層美しいと聞きましたが、その通り・・・涼やかな鳴き声でした。
       昔は自分で手をたたけましたが、今は個人個人は静かに聞くだけに・・・
e0034313_814321.jpg

            「想像の象」(狩野探幽下絵)
e0034313_815463.jpg

             神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)
                 人生訓を描いた8枚組の一枚です。
e0034313_8171541.jpg

             「飛び越えの獅子」 通常の阿吽とは異なって面白いです。
                 まさに飛び込んできたよう・・・・
e0034313_8211863.jpg

              唐門「恙つつが」江戸幕府の鋳物師・椎名兵庫の作。
                  これ一頭に金200両、左右の龍は一体に250両が支払われた。
                  生けるが如く下界を睥睨。

e0034313_8354758.jpg

              「眠り猫」猫の耳はたっていますね~!やはり家康を守っているのだと思います。
e0034313_8365662.jpg

               「雀たち」猫も眠っているから遊べます・・ということですが・・・
e0034313_8381649.jpg

e0034313_838355.jpg

               [ 獏 ]東照宮の中で龍・唐獅子に次いで3番目に数の多い霊獣・象の鼻、犀の目、牛の尾、虎の脚。
           鉄や銅を食料とする獏は、それらを材料として作られた武器を必要としない、平和な世の中にしか生きることができません。   
          平和のシンボルとして、獏の彫刻は、表門で力強く神秘的な姿すがたで世の中の動きを見つめています。
             peace on earth 
by kimiko_shibata1 | 2015-11-20 08:41 | | Comments(8)