<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

我が家の蝶たち

      恐ろしい位に降っています。もう4日でしょうか?・・・追記あり
      各地の河川の氾濫、土砂崩れ等々、・・・もう被害のおさまってくれることを願う朝です。
      江戸時代の歴史にもあるような今年はつらい1年です。
      そんな中、保安院の体制が明らかになり、まことに腹の立つ朝でもあります。
      そうした身勝手な官僚体制がこうした事態を引き起こす一因であり
      その後始末に一般人が原発で、増税で、食糧難に苦しむのです。
     
      気を取り直して楽しい話題を・・・
      今年、我が家で産れたのではないかと思う蝶、二頭です。
      ツマグロの羽化は遅くてあきらめていました。
e0034313_7191519.jpg
e0034313_7201240.jpg


そして、切手の中にいる我が家の蝶たち
ブログ友・tamayam2さまのひらめきでこうした企画が生まれました。感謝申し上げます。
タイトルを「山歩風景」としてオープンしましたが、
年月を重ねた現在なかなか山を歩く機会がなくなり、看板倒れの感も・・・
これからは撮影とともに長年、収集してきた使用済み切手の世界も合わせてご紹介させていただきます。
こちらの蝶もお楽しみください。(不慣れな撮影でお見苦しい一枚ですが、これから改善していきます)
e0034313_725020.jpg


   上段 ’90切手デザインコンクール(オオウラギンヒョウモン)  ’66オオムラサキ(日本初の蝶の切手にNIPPONの文字追加)  ’80ギフチョウ(国際昆虫学会議記念)

   中段中央  ベニシジミ  ’66国際切手趣味週間   モンシロチョウ

   下段 ’77ミカドアゲハ(自然保護シリーズ) ’86アサギマダラとウスバキチョウ(昆虫シリーズ) ’08モルフォチョウ(日本ブラジル交流記念) 


上段左端 アザミに止まった蝶は種不明です。
by kimiko_shibata1 | 2011-07-30 07:25 | | Comments(24)

7月の日光植物園(5)

      今年も半年・・と思いながら猛暑に耐え、
      歩みの鈍い台風にヤキモキ・・・・
      涼しくなって体調回復、ようやく元気を取り戻したら、もうすぐ八月!
      まったく人生は短いですね~
e0034313_642644.jpg

           ナツツバキ

e0034313_653725.jpg

           シモツケ  Spiraea japanica L. 下野、まさにわが県由来の花
                (霜付との説もある。シモツケソウとは別物です)

e0034313_672995.jpg

           ハウチワカエデ Acer japonicum どこへ飛んでいくのだろう?

e0034313_684113.jpg

           今夏より撮り始めたトンボ、なかなか種類がわからない。
           背面の画像が必要なのだ、絵としてはこんな角度がいいのだが・・・・

e0034313_6101352.jpg

           この植物の名前はご存じだが、実際を知らない方が多い
           マタタビ、 小さな花も咲き、実もなる。

e0034313_611326.jpg

           ワレモコウ  この花に会うと夏の盛りが過ぎた感じがするのだが・・・
  
さてのんびり更新しているうちに八月になってしまいそう
キレンゲショウマが咲きだしたかと楽しみである。
by kimiko_shibata1 | 2011-07-28 06:14 | 山歩き | Comments(28)

群馬散歩

      二週間ほど前、暑い群馬へ用事があって道中ちょこちょこと散策してみました。
      あまり収穫はなく、暑さに参ってしまいました。
      オオタカの住む森は小鳥たちがワイワイ遊んでいて、一歩入っただけで空振りを感じました。
      時折、トビの鳴き声がして少しだけ姿を見せてくれました。
e0034313_953366.jpg

     親子のように感じました。中央は子供、子離れを見守っていたのか?
     もうかしたら距離のある恋人・・・?
e0034313_965548.jpg
e0034313_971325.jpg

         シオカラトンボ
e0034313_974146.jpg

         マツモトセンノウ Lychnis sieboldii 学名にシーボルトの名前があります。
           もう間に合わないかと思いましたが一輪残っていました。
e0034313_992827.jpg

          コミスジチョウ
by kimiko_shibata1 | 2011-07-26 09:10 | 散歩 | Comments(22)

再びの暑中見舞い

      この度、私の送った暑中見舞い(下のはがき)に友人が素敵な詩を歌ってくださいました。
      少し年長の私の目標とする方です。
      時折、いろんな心に残る風景を詩にしてくださいます。

    不思議な写真の暑中見舞いが来た
    野原にぶらさがったマアルイボトル
    周りの風景が写っているらしい
    さかさにする。谷折りにする
    フムフム、どうやら少し解ってきた
    でも 車線が反対
    鏡にする
    これで正確
    フェンスの向こうに車が走り去る
    日本の静かな風景
    放射能はいらない
      

e0034313_87377.jpg


       関東は涼しい日々があって少し体力が回復しました。
       大暑が涼しいとは皮肉なものでした。
       今日からまた猛暑に戻ります、どうぞご自愛ください。
       
       ↓は久々に見た日光連山です。
e0034313_8125969.jpg

by kimiko_shibata1 | 2011-07-24 08:13 | ご挨拶 | Comments(12)

7月の日光植物園(4)

      ウツボグサをご存知ですか?
      矢を入れる「靫」に見立てた和名 Prunella vulgaris シソ科
      vulgaris とは「普通にある」との意味だが、日本ではそんなに普通にはない。
      花は密集して適当に咲くかと思うと、実は素晴らしく整然としているのだ。
      節ごとに大きめの苞があり、背中合わせに3つの花が先、中央のものが先に咲く。
      次いで両側が咲くのである。
      どんな理由があるのだろうか・・・自然界の神秘だと思う。
e0034313_1958565.jpg
e0034313_19591721.jpg


この季節は紫の花が多いようだ。ウツボグサにちなんで紫でまとめてみた。
e0034313_2003681.jpg
e0034313_2004950.jpg
e0034313_2011056.jpg


    上から クガイソウ、オオマルバノホロシ(尾瀬ナス)、オゼヌマアザミ
by kimiko_shibata1 | 2011-07-22 20:03 | 山歩き | Comments(18)

大亜米利加木大角豆

     今日は雨、皆様の地方はいかがですか?
     タイトルで遊んでみました。これで植物名なんです。
     蛙太郎櫻左衛門さま、お待たせいたしました。
     日光植物園を歩いていくと豪華な花が散っていました。
     見上げますとこの木だったのです。初めて気がついた花でした。
     お隣のネムノキばかり見ていました。
e0034313_15453277.jpg
e0034313_15454979.jpg
e0034313_1546333.jpg


      オオアメリカキササゲ  別名 ハナキササゲ ノウゼンカズラ科
      
e0034313_15461856.jpg

          ギンリョウソウ  銀竜草  森の小人たちです。
e0034313_15505128.jpg

          ヤマオダマキに夢中!!

More  高速道路の混雑に思う
by kimiko_shibata1 | 2011-07-20 16:00 | 山歩き | Comments(20)

古代ハスに会う

     連日の猛暑、気持ちも折れてしまいそうだがなんとか凌ぎつつ・・・・
     今、苦しい時間を戦っているなでしこ達にも凌いでチャンスをつかんでほしい!
     
     時間帯が午後になってしまったが、ようやく古代ハスを見てきました。
     暑さの中にしっかりと咲き誇っています。
     紀元前1400年ハスが行田市から出土し、命を繋いでいます。
     ハスの花弁は萼片から花弁に連続的に螺旋配列、雌蕊が多いのも原始的な特徴。
     花粉のでき方でも古代ハスは特徴があるようだ。
     四集合粒花粉の比率が高いほど古いハスということだ。
e0034313_4252870.jpg
e0034313_4254088.jpg
e0034313_4254959.jpg
e0034313_425594.jpg


        ひさかたの雨もふらぬか蓮葉(はちすは)にたまれる水の玉に似たる見む  万葉集より          
            蓮を観賞しながらの「蓮葉の宴」、食をハスの葉に盛ったとの注記あり。
            ハスの料理としてはコメにハスの実とレンコンを炊き込んだ「玉井飯」、「蓮子粥」などある。
            ハスを食すると「心鎮め、内臓を強壮にし、耳目を聡明にする」と「飲膳正要」に記載されているが、今の時期にぴったりである。
            レンコンのきんぴらでも作ろう。
            ハスは葉柄からハス糸(藕糸)をつくったり日本人に深くかかわってきた植物だ。
by kimiko_shibata1 | 2011-07-18 04:43 | 散歩 | Comments(24)

暑中お見舞い申し上げます。

e0034313_913505.jpg


           猛暑お見舞い申し上げます、ですね。
           充分に休養、水分補給をとられてお体をいたわってください。
           二日間、37~8度の群馬ですごし、この温度での1~2度がどんなにか過酷か体験してきました。
           地球の、日本の未来が心配ですが、心も震災以来過酷な状況でした。
           心にも休養を・・・・・
           そして、よい夏をお過ごしください。    shibata
by kimiko_shibata1 | 2011-07-16 09:17 | ご挨拶 | Comments(22)

真夏の多々良沼

      多々良沼は群馬の東部にあり、一部は猛暑で有名な館林市にあります。
      以前なら夏でも水辺は涼しいものでしたが、こう暑くては焼け石に水・・・・・・
      弁天島まで歩くだけでも汗が吹き出し、最後にはクラクラしてくる。
      お目当てのコブハクチョウ一家はどこかへ避難しているのだろう・・・
      トンボが元気に飛び回っていました。
e0034313_1843202.jpg
e0034313_1844051.jpg

       飛んで行くアオサギ・・・写すのは初めて
e0034313_1845416.jpg

       カイツブリも暑つそう・・・・

トンボ三種
e0034313_18454914.jpg

e0034313_18462363.jpg
e0034313_18463455.jpg

       どうにか・・・トンボの飛翔は早くてなかなか追いつけない
by kimiko_shibata1 | 2011-07-15 18:48 | 散歩 | Comments(12)

カッコウ来たる!続報

      朝晩、遠くにカッコウの鳴き声がするここ「雀の宮」・・・「郭公の宮」に改名したら?なんて冗談が出ていました。
      なかなか起床できないでいるとまじかな鳴き声
      これは我が家のアンテナ!・・・と。
      着替える時間ももどかしく、飛び立たないでおくれ・・と祈りつつ
      まさに我が家の上で鳴いておりました。
      逆立ちのパフォーマンス?いえお腹を見せてくれて大サービス・・・・
e0034313_8183726.jpg
e0034313_8184857.jpg

      
      なんとこの後、二羽のカッコウが飛んできて三羽で飛び去って行きました。
      テリトリーのための抗争か?恋の抗争か?托卵をするくらいだから親子ではないだろうな~?
      残念だが、三羽一緒の写真は写せませんでした。
      次なる課題です。
      

More 日光植物園から(3)
by kimiko_shibata1 | 2011-07-13 08:26 | Comments(24)