<   2012年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

井頭公園・バラ園

          追記あり
          ちょうどバラのいい季節です。井頭公園の奥にもバラ園があって各国のバラが競い合ってきれいな風景です。
          井頭公園の中でもここは車いすでも負担なく廻れますので母とよく散歩に行ったところです。
          
e0034313_743758.jpg

          そんな時はコンビニのサンドイッチなど持参して、母が喜んでくれたものです。
          今年は一人でした。こうした散歩は誰かと回るのがいいですね、一人で飲むコーヒーは味気ないです。
e0034313_7444039.jpg

          おやおや、こんな豪華なお布団に寝ている方はどなたでしょう?寝心地はいいでしょうね!
e0034313_746534.jpg

          赤いバラはうまく写せませんが、まあまあかな?・・・きれいに咲いているバラには申し訳ないです。

賑やかになったバラ園を後にしていつものようにちょっと森の中を歩きました。

e0034313_7521699.jpg

          落花あり君いるを知るエゴノキよ ・・・・・・namiheiiiさまに刺激を受けて一句、・・・足元にも及びませんが(苦笑) 
e0034313_7572068.jpg

              危うく今年、見損なう所でした。なんとも魅力的に咲く花です。
e0034313_758868.jpg

              池にまわるといました!あのゴイサギが・・・親子で獲物捕りの練習でしょう。
              彼らも粘りました、私も粘りました。魚は捕れませんでした。
              先月より上手になったでしょう。何事も練習ですもの。私はまずますの一枚が撮れました。
e0034313_833820.jpg

         帰りには緑の田んぼにダイサギかチュウサギか・・・・きれいな風景でした。

namiheiiiさまが一首送ってくださいました。感激です。豊富な語彙は憧れです。
     浅みどり溢るる初夏に田の水を括りて立てる白鷺ありて    namiheiiiさま
by kimiko_shibata1 | 2012-05-31 08:04 | 散歩 | Comments(22)

我が家のNew Face 登場

          「島根の旅」まだ後半があるのですが、・・・・・
          5月26日、息子夫婦から思いもかけないプレゼントが・・・・・・
          我が家の一員となった「さくら」です。どうぞよろしく!時々、猫風景も掲載いたします。
e0034313_6401488.jpg

            生後5週目ほどなので片手に乗るほどの大きさなのでびっくりです。
            うれしさとともに不安も多々ありますが、
            幼き「さくら」の仕草はかわいくて、沈んだ我が家の空気を入れ替えてくれます。
e0034313_644245.jpg

            元気なチビちゃんで起きていると「探検」と「挑戦」の時間です。
            そして、遊びながらコッテと寝ます。
            お母さん猫のしつけがよかったせいか、粗相は一度もなく、助かります・・・・・
e0034313_6495634.jpg

            60過ぎのじいさん、ばあさん、さくらとどちらが長生きできるかなど心配な所ですが、
            飼い犬を亡くして10年、母が亡くなり、仕事も終えて
            自分では毎日楽しくしていたつもりですが、息子たちには淋しげに見えたのかもしれません。
            

            「さくら」のおかげで我が家は明るく、会話も穏やかに上品になりました。(笑)
            「さくら」に見られているかと思うと背筋が伸びて、生活もきちんと・・・
            勝手に目標とさせていただいている98歳の報道写真家笹本恒子氏が述べておられるように
               「一人暮らしでもきちんとした食事を」・・・といった暮らしを続けられそうです。

馬鹿」にお付き合いいただきありがとうございました。
 猫        
by kimiko_shibata1 | 2012-05-29 07:06 | | Comments(34)

島根の旅(3) 大久保間歩

            石見銀山・本谷(ほんだに)地区の大久保間歩公開ツアーの模様をご紹介します。
            ここの地区は良質の銀が採れることで戦国時代から採掘されています。
            江戸幕府初代石見銀山奉行大久保長安の名前がついた石見銀山最大の坑道が残された居ます。
            3月~11月、金・土・日、一日 20名×4組 限定で入坑するツアーがあります。
            少々の山道のぼりと足元の悪い坑道を歩きますので、それなりの支度が必要です。
            ガイドの足立 聖 さんの案内で理解が深まります。
            とてもわかりやすい説明でユーモアもあり、楽しいツアーをさせていただきました。
            ガイドの会の会長さんでいらっしゃいました。
e0034313_9195825.jpg
e0034313_9202943.jpg

            あちこちにこうした穴があります。
e0034313_921432.jpg

            大久保間歩の入口です。ここから長靴に履き替え、ヘルメット着用、懐中電灯を持っての入坑です。
e0034313_9231156.jpg

            足元にはハクサンハタザオ、この花が咲くところに銀が出るそうです。みなさまのお近くにありませんか?
e0034313_9243159.jpg

            ガイドの足立さん・・・・入抗に際しての諸注意を・・・・・
小一時間の坑内散歩、江戸時代の穴の狭さには驚きでした。座ることもできないような狭さです。
ろうそくの明かりで掘り出す作業はどんなにか厳しかったか・・・・30歳まで生きられなかったという話もうなづけます。
コウモリ、大陸と地続きであったことの証であるシロエビが生息しています。

e0034313_9251471.jpg

             大久保間歩から少し登ったところにある釜屋間歩 17Cはじめ安原伝衛門が発掘、莫大な産出量。
             ここでは鉛と銀がくっつきやすいことを利用した灰吹き法による精錬も行われていたそうです。
e0034313_9364669.jpg

             左の石(地面にある)から粉砕、製錬を経て、とれる銀は右端だそうです。
             右から2つ目は「貴鉛」と呼ばれる鉛と銀が合わさったものです。
e0034313_9333638.jpg
e0034313_9342381.jpg

             サカハチチョウに出会いました。久しぶりです。  

ツアー代金は3800円を安くはありませんが、体力があれば是非参加されるといいと思います。
龍源寺ツアーは予約も費用も掛かりません。是非、ガイドさんとあるかれるといいでしょう。          
by kimiko_shibata1 | 2012-05-27 09:39 | 山歩き | Comments(20)

島根の旅(2)

           今回は鳥や蝶にたくさん会えるとはおもっておりませんでしたが、
           行く先々で素敵な生き物たちに出会いました。
           ワンちゃんと猫ちゃんは時間的にお休みの時でしたが、
           鳥は美しい声で囀り、蝶は花から花へと元気に飛び回っておりました。
           場所柄、少し重たい気分もする観光でしたが、自然界から素敵な時間をいただきました。
           生き物たちでまとめてみました。

e0034313_14121886.jpg

              清水谷製錬所跡  1895年、現在の20億円以上をかけて開所されたが、一年半で閉鎖。

e0034313_14174798.jpg

               ヒメウラナミジャノメ だと思いますが・・・・後翅裏面を写せず・・・
e0034313_1421539.jpg

               カワトンボの仲間
e0034313_14212152.jpg

               ベニシジミ 
e0034313_14214688.jpg

               「ゲン」
e0034313_14222585.jpg

               「キムチ」
e0034313_1423033.jpg

                モンキアゲハに会うのは久々でした。北関東にも棲息していますが、なかなか会えません。

e0034313_1425186.jpg

               選鉱場跡  間歩(まぶ)といわれる坑道からこちらに運ばれ選別され、上の精錬所に集められました。
by kimiko_shibata1 | 2012-05-24 14:31 | | Comments(22)

島根の旅(1)

       昨日は金環日食、今日はスカイツリーオープンに湧いていますね。日本人は太古から祭り好き?・・・・
       へそ曲がりは逆に逆に・・・と計画し、島根:石見銀山へ旅をしてきました。
       なかなか行けない所でした。
       世界遺産に指定されたことが裏目に出ないといいのだが・・・と心配していましたが・・・・
       地元の方々の努力でひっそりと歴史が守られいて、自然の豊かな素晴らしい旅をしてきました。
       
       まずは伝統的建造物群指定の大森地区の街並みから・・・・
       ここは江戸幕府直轄地石見銀山領の中心地だったところです。
e0034313_8342114.jpg

           大森地区を仙の山展望台から   周囲の山々から銀が産出し、世界の流通量の1/3にもなっていたそうです。
           伝建の街並みや銀山間歩(まぶ)を見る予定でしたが、鳥や蝶に誘われて山へ山へと登ってしまいました。                 

e0034313_8402945.jpg


e0034313_8411879.jpg

           登り旗もなく、ただ店並みが続く・・・・赤いポストがアクセント・・・
e0034313_841327.jpg

           路地を裏へまわると、田んぼに茅葺の家が・・・・
e0034313_8434321.jpg

           いい声で囀っていたのはキセキレイ
e0034313_8443535.jpg

           あちこちに古き時代の足跡が静かに、さりげなく・・・・・・

More  やはり今日は・・・・・
by kimiko_shibata1 | 2012-05-22 08:46 | | Comments(28)

5.13 高原山:剣ヶ峰

         6月に山友とハイキングを計画しております。下見を兼ねて大間々台から剣ヶ峰まで登ってみました。
         40肩やアレルギーや車の整備不良などなどついていないめぐりあわせを吹っ切るためにも遠出をしてみました。
         犬も歩けば棒にあたる、と言いますが、不運続きの私にもご褒美が・・・・・・
         ムナグロに会ったのはこの後の話ですので、
e0034313_19413052.jpg

          大間々台はまだ冬のような風景で、那須塩原方面には雲海が・・・・・

e0034313_19423128.jpg

          ひと登りしてみるとうっすらとですが、富士山が見えたのです。山へ登って富士山が見えると嬉しくなります。
          写真中央奥にうっすらと見えると思うのですが、お分かりになりますか?
e0034313_1945255.jpg

          山はようやくミズキが新芽を出したところです。北風が冷たかったです。
          ミズキは荒れ地に一番に生えてくる木だそうです。
e0034313_1947613.jpg

          カケスも富士山を眺めにきました。
e0034313_19474154.jpg
e0034313_19475222.jpg

          ショウジョウバカマやカタクリが咲いています。こんな厳しい環境で・・・・・
e0034313_19491393.jpg

           下山途中でホオジロが・・・・
             「高槻のこずゑにありて頬白のさへずる春となりにけるかも」 島木赤彦
                山友にちょうどこの山で教えていただいた歌です。
by kimiko_shibata1 | 2012-05-20 06:00 | 山歩き | Comments(24)

5.10 井頭公園

         突然、我が家のアイドル的存在となった「ムナグロ」ですが、昨日から姿が見えません。
         昨日は26度になった宇都宮、きっと「こりゃたまらん・・・・・・」と北に向かったようです。
         mink330さまmatsu_chan3 さま、どうぞよろしく!

         
e0034313_19231043.jpg

         井頭公園の風景です。サギの幼鳥らしき鳥が盛んに水の中の餌を見ていて今にも飛び込みそうなのですが、・・・・・
         結局、餌にありつけず、飛んでいきました。
e0034313_19235785.jpg
e0034313_1924818.jpg

e0034313_19333347.jpg

         眼の色や足、嘴などから同定しようと思いましたが、どうもよくわかりません。
         お分かりの方がいらっしゃいましたらご教授下さい。        
         
e0034313_19254047.jpg

           昆虫たちも動き始めました。シオカラトンボのメス(ムギワラトンボ)とオスです。

森ではコゲラ、エナガ、シジュウカラの三点セットが賑やかでした。
e0034313_19265234.jpg


さて、今日から少し旅に出ます。予約投稿です。 スマホで返信などトライしてみたいと思っていますが・・・・・
by kimiko_shibata1 | 2012-05-18 06:00 | 散歩 | Comments(18)

5.8 日光植物園(3)

          ムナグロ出現で掲載が途切れましたが、5月8日の日光植物園からです。
          緑の中にきれいな花色が点々と・・・・・・
          全体が生き生きと目覚めるこの季節ならではの風景が見られます。
          そのエネルギーが私にも届いて、心身が新たにきれいに生まれ変わるようであった。
e0034313_8304222.jpg

見上げると
e0034313_8311926.jpg

             オオカメノキ Viburnum furcatum スイカズラ科 別名 ムシカリ 
足元には
e0034313_8335966.jpg

             ハルリンドウ  Gentiana thunbergii リンドウ科 
水辺にはもう・・・・
e0034313_8371144.jpg

             クリンソウ  Primula japonica  サクラソウ科  中禅寺湖畔の群落もあと少しでしょう。

以前から 毎月一回を目標に来園していました。しかし、ずっと気づかずにいい加減に過ごしていたようです。
この時期から 水辺にかなり長い期間咲き続ける花があります。
ずっと尾瀬などで見る「リュウキンカ」だと思っておりました。
今回、それが「エンコウソウ」であることを知りました。
リュウキンカとエンコウソウ、花はそっくりで一見すると見分けは難しいのですが、茎の様子が明らかに違いました。

e0034313_8443719.jpg

e0034313_845556.jpg

          エンコウソウ 猿猴草 Caltha palustris var. enkoso キンポウゲ科 リュウキンカの変種 有毒
                手長ザルのように茎が横ばいに伸びます。対して、リュウキンカ(立金花)は茎が立ち上がります。
                ヒメリュウキンカもあり紛らわしい所です。
                葉が茂る前に散策すると名札が見えてこのような間違えに気がついたり、珍しい植物の存在を知ります。
                何回通っても新しい発見、出会いがあります。これはどこでも同じですが・・・・・

More  5.15 ムナグロ
by kimiko_shibata1 | 2012-05-16 08:52 | 山歩き | Comments(20)

続報 ムナグロ

          昨日見た鳥は確かに「ムナグロ」、皆様に確認していただけてうれしかったです。
          ありがとうございました。
          コメントをいただいた中にhemiーkameさまから 昨年、埼玉に3週間ほど滞在したとありました。
          それでは、と 今日も田んぼに行ってみましたら まだ滞在しておりました。
          幼鳥たちが元気で田んぼを歩き回っておりました。成鳥は畦で見張り番か、これからの旅を考えているのか動きません。
          ここは自衛隊のヘリが多く飛ぶ地区です。ヘリの音がするとじっと動かなくなります。
          幼鳥がきれいに撮れましたので続報としました。
e0034313_1932016.jpg

              ムナグロ 幼鳥  シギはとても上品な足さばきで、一段と美しい鳥ですね。

e0034313_1933114.jpg


e0034313_193324100.jpg

               リーダーはこうして見張り番をしながら旅の予定を考えているかのように見えます。

e0034313_19343937.jpg

               楽しそうに田んぼを走っています。元気な幼鳥たち・・・・全部で18羽確認しました。

More  つづき・・・・・キアシシギでした。
by kimiko_shibata1 | 2012-05-14 19:47 | | Comments(16)

速報 見慣れぬ風景

         アレルギー性食中毒やら点検に出したばかりの車がエンスト(整備士のミス)で
         40肩なのに車を押し上げたり・・・・・・まあ、不運続きで養生しておりました。
         先ほど、近くの図書館わきの田んぼに珍しい鳥がいました。
         旅鳥のムナグロのようですが、・・・・・(ご存じの方、確定していただけたら嬉しいです)
         東南アジアやオーストラリア、インドなどで冬を過ごしてシベリアへ帰る途中、私ども地域に寄ってくれたのです。
         うれしいですね!
         気分が晴れやかになり、肩や腕の痛みも軽くなりました。

e0034313_15592418.jpg
e0034313_15593474.jpg

           ムナグロ 成鳥 素敵なコスチュームですね。

e0034313_1605288.jpg

           ムナグロ 幼鳥 こんな幼き鳥たちもしっかりと親について北を目指すのですね。私も頑張りましょう。
           田んぼにいるのはムナグロだそうです。おなじようなダイゼンは干潟、河口にいるようです。

実はこちらでも珍しくなった田園風景をお届けしようとカメラ持参の図書館行きでした。
お姫様のように大切に育つこの作物、おわかりになるかしら?昨年以前からのブログ友はもうお分かりですね。
栃木の名産です。スイカやカボチャではありません。
e0034313_165346.jpg
e0034313_1653978.jpg

by kimiko_shibata1 | 2012-05-13 16:06 | | Comments(22)