<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

6.24 日光植物園(2)

         今、思うと、6月下旬はいろいろと仕事が忙しい時期だったのです。
         ですからこの季節の植物園を知らなくて、センジュガンピのほかにも目新しい植物にあってきました。
         日曜日でしたから開園前に車が4台も並んで「えぇ~!」と思いました。(笑)
         車を駐車場に入れましたら窓口にある「現在見られる花」をチェックします。
         もちろんHPで確認していきますが、場所はネットにはあまり載っていないのでここで確認することをお勧めします。
         では、今回は小さな花をご覧ください。
e0034313_20114783.jpg
e0034313_2012141.jpg

           ヤマハタザオ Arabis hirsuta アブラナ科
               石見銀山でご紹介したのはハクサンハタザオ、花が似ています。
e0034313_20141467.jpg

           コアジサイ Hydrangea hirta  アジサイ科 日本固有種 関東以西に自生。
              まるで絵画のような美しさです。
e0034313_2015352.jpg
 
           シモツケ  Spiraea japonica  下野は下野国に産したので・・・・
e0034313_2018938.jpg
 
           ツルガシワ Cynanchum grandifolium var. nikoense ガガイモ科 こちらも日光に由来する名前です。


さて、以上が今回日光植物園からご紹介の小さな花たちでした。

私の鳥、昆虫、動物関係の師匠から珍しいものが見られるから・・・とお誘いを受けて撮影してきたのが
かわいいヒヨドリの雛たちです。
場所は申し上げられませんが、街中のにぎわいのあるところ、
撮影は師匠から「カラスや人に気をつけてシャッター一回だけ・・・」と言うことで
e0034313_20231290.jpg

       
by kimiko_shibata1 | 2012-06-29 06:00 | 山歩き | Comments(22)

6.24 日光植物園

          梅雨の晴れ間、6月後半の植物園へ
          今までなかなかチャンスのなかった、この季節に咲く、ある植物を見たくて行ってきました。
          センジュガンピという花です。ご存じですか?
          この花はjaponicaではないのですが、ただいまクリンソウでにぎわっている千手が浜で見つかった植物です。
          牧野先生の名前がついています。
          今年は花期に合わせて植物園に行くことができてうれしかったです。
e0034313_19575919.jpg

           センジュガンピ Lychnis gracillima Makino 千手岩菲  ナデシコ科
                本州(東北~中部地方以北)の山地~亜高山帯の林縁や森林に生える。
                名前は、日光の千手ヶ浜で発見された中国原産の岩菲(センノウのこと)に似た花から付けられた。

e0034313_2033729.jpg

           アサギマダラ Parantica sita 標高の高い所で見られる蝶、今回も飛んでいてくれました。
                うれしいことにイブキトラノオに止まってくれました。
           

          
by kimiko_shibata1 | 2012-06-27 06:00 | 山歩き | Comments(32)

わんぱく公園昆虫記

            この公園は壬生町にあり、北関東道壬生パーキングからも散歩ができるのでよく通勤の合間に寄った所です。
            生活圏が違ってなかなか行けませんでした。
            お天気のよい日に歩いてみましたらたくさんの花が笑顔で迎えてくれ、昆虫たちも・・・・
e0034313_727578.jpg
e0034313_7281930.jpg

         定番のアジサイだけどきれい!
e0034313_728347.jpg
e0034313_7284590.jpg

         オニヤンマもどこかのんびりと・・・・・
e0034313_7291888.jpg

         こちらもカモマイルの一種だそう、きれいに並んで楽しそう!
e0034313_731914.jpg

         トックリバチは忙しいそうです。
e0034313_7314514.jpg

         もっと忙しそうなのは、クマバチ?さん・・・・・
e0034313_7323627.jpg

         ちょっと大人っぽいアジサイも美人さんでした。
            
by kimiko_shibata1 | 2012-06-25 07:35 | 散歩 | Comments(22)

館林散歩

        館林高校吹奏楽定期演奏会があり、よい機会でしたので花菖蒲園に寄ってみました。
        近世より城下町として栄えた館林、 江戸時代には徳川譜代の大名が代々城主を勤めてきた。
        徳川綱吉公が5代将軍として江戸城に移るまで、20年間を過ごしたのもこのまちであり、どこか格式のある街です。
        最後の藩主秋元家の別邸があり、その庭にこの花菖蒲園があります。
        花菖蒲は270種、400,000本だそうで、品種は江戸系、肥後系、伊勢系と様々・・・・
        花の大きさも格別で、色もさまざま、豪華な花菖蒲園です。駐車場とともに無料なのがうれしいですね。
e0034313_13395393.jpg
e0034313_13401698.jpg
e0034313_13402139.jpg
e0034313_13405739.jpg
e0034313_1341154.jpg

         豪華な花菖蒲を堪能する。好みとしてはやはりブルー系が好き。

e0034313_13424742.jpg

        本日のコアジサシは何度も水中に潜っては餌を採っている。素早くてなかなか写せません。
             コアジサシ Sterna albifrons カモメ科
e0034313_13443271.jpg

             モンキチョウ Colias erate

さすが館林の午後は暑かったです。
by kimiko_shibata1 | 2012-06-24 06:00 | 散歩 | Comments(20)

6.1 日光植物園(2)

         随分と掲載がおそくなりましたが、月初めの静かな日光植物園から・・・・・
         緑の暑苦しさのない季節でした。
         いまとなってはあの過ごしやすい空気が懐かしいですね。
         急な暑さに対応が遅れています。
e0034313_2153759.jpg

          こんな色、柄で涼しさを感じましょう。ゼンマイの葉です。
             ゼンマイ Osmunda japonica ゼンマイ科 japonicaらしい色合いですね。
e0034313_219482.jpg

             マタタビ Actinidia polygama  マタタビ科 別名 夏梅 日本、朝鮮半島に
                   疲れた旅人が、この実を食べたらまたたびが続けられたからこう命名されたという・・・・
e0034313_2112676.jpg

             サワフタギ Symplocos chinensis ハイノキ科 こちらも日本、朝鮮半島、中国に
                  この季節は白い小さな花の樹が多いですね。
e0034313_2115016.jpg

             シライトソウ Chionographis japonica こちらも日本、朝鮮半島南部  
                  楚々とした風情が茶花としても好まれていますね。
         こうしてみると6月初旬は「緑と白の季節」、さわやかでした。現在はなんとも蒸し暑いです。
by kimiko_shibata1 | 2012-06-22 06:00 | 山歩き | Comments(20)

小さきものたち

         すさまじい台風が日本を抜けていく。各地、さまざまな爪痕、充分にお休みになれなかった方も多いでしょう。
         さて前回、ハッチョウトンボのオスを見ましたが、その折、メスを確認できずにおりました。
         再度、観察に行ってみました。
e0034313_22281685.jpg

               ハッチョウトンボ オス
e0034313_2229245.jpg

               ハッチョウトンボ メス ようやく見つけました!こちらも素敵な色と柄・・・・
                              幸い近くに来てくれ、良く写せました。
                              ともに20mmぐらいの大きさ、日本最小のトンボ。
e0034313_22313886.jpg

               ノハナショウブも美しい風景を見せてくれた。
                   Iris.ensata var.spontanea アヤメ科 
                       他の品種と比較すると小さな花だが、細い茎がすくっと空に向かっている風情がいい。
e0034313_22353830.jpg

               モウセンゴケの花 まだ十分には開ききっていなく、2~3mm、小さな花である。
e0034313_22394262.jpg
 
               モウセンゴケの葉 こちらは10mmほど、美しかった。
                    モウセンゴケ科 Drosera rotundifolia 食虫植物。

               小さき生き物たち、嵐をどう凌いだのだろうか?無事を祈る。
               地球の環境を守る運動を続けなくては・・・と改めて思う。
         
by kimiko_shibata1 | 2012-06-20 06:00 | 散歩 | Comments(26)

身近な風景

           雨の休日が猛烈な暑さとなり、近くの小学校の運動会で熱中症に罹った生徒さんがでました。
           みなさま、ご自愛くださいね。最近の天候は激しい変化ですので・・・・
           ここ10日ばかりの身近な雑多な風景をまとめてみました。
e0034313_1937931.jpg

          宇都宮市は餃子とJAZZの町として売り出しています。
          議場で市議会の前にJAZZが演奏されると広報にありましたので行ってみました。
          今回で10回目ということでした。
          近くの保育園の子供たちもお散歩がてら聞きにきており、演奏曲目もアニメの歌などが・・・
          楽しい音楽でパッピーになってその後の議事討論も活発に行われたことでしょう。
e0034313_19422515.jpg

          麦秋です。栃木、群馬は麦刈りの季節です。
e0034313_19433538.jpg

          一方、こちらは以前に掲載したユウガオの畑です。お姫様のように大切に藁の上に広がりつつあります。
          特産・かんぴょうになります。
e0034313_19555659.jpg

          ヘラオオバコ Plantago lanceolate オオバコ科 ヨーロッパ原産今ではコスモポリタン雑草
                江戸時代から日本に帰化
                風に揺れてかわいい植物です。
e0034313_19481120.jpg

          こちらは我が家の姫・・・・一日一日進歩が目に見えます。いたずら盛りで・・・・920gになりました。
e0034313_19501516.jpg

           もう駄目かと思っていたナツツバキが咲きました。頑張ってくれました。
           季節も一歩前に進みました。
by kimiko_shibata1 | 2012-06-18 06:00 | | Comments(28)

続・6.3ミツモチ山

          ランチを済ませて青空コースをのんびり歩いて駐車場に・・・・・・
          わずかなのぼりが続く、久々の山歩きにはちょうどいい負荷、木々の緑と
          ところどころに咲くツツジがきれいな風景を見せてくれている。
          また、興味深い蛾と遭遇、まだしっとりとしていて生まれたてか?
          見下ろすとクマよけ君のすきなコバイケイソウの見事な群落が育っている。花の頃、また来たいものです。
          駐車場に戻り、それぞれとあいさつしていると細い雨が落ちてきました。
         
e0034313_7419.jpg
e0034313_74979.jpg
e0034313_742125.jpg
e0034313_743222.jpg
e0034313_745225.jpg
e0034313_75438.jpg

     
              「私、晴れ女!」と言っていたエミちゃん、「一日雨を遅らせてくれてありがとう! 」
by kimiko_shibata1 | 2012-06-16 07:06 | 山歩き | Comments(16)

6.3 ミツモチ山

           久々に山友との楽しい一日でした。
           雨の覚悟で出かけましたが、みんなの行いがよろしいようで・・・
           風もなく、晴れ間も出て、実に山歩きによい気候でした。
           ミツモチ山は栃木県中央部の高原山の一角、いろんな登山道が整備されています。
           今回は大間々台からやしおコースで山頂へ、帰路は青空コースを。
           静かな森にはトウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、シロヤシオが見事・・・
           いろんな鳥の声が響き、オオルリの姿も・・・・・残念ながら写真は・・・・
e0034313_19111678.jpg
e0034313_19112478.jpg
e0034313_19113220.jpg

e0034313_19185883.jpg

e0034313_19115065.jpg

    追記: sdknz610様より  サカハチクロナミシャク  と教えていただきました。
e0034313_1912164.jpg

            エゾハルゼミも脱皮、・・・・
e0034313_1914491.jpg

           ランチに参加してきたのは、アオオサムシか?きれいな色!
               彼もこの上ない甘味にびっくりだったでしょう。
e0034313_19125272.jpg

           楽しい会話、美味しいランチ、・・・・・・森の中で仲間と過ごす一日は極上の日でした。
by kimiko_shibata1 | 2012-06-15 06:00 | 山歩き | Comments(20)

6月の鶴田沼

         6月に入ってご無沙汰だった鶴田沼へ行ってみました。
         雨が降りそうな日ですが、カザグルマが気になっておりました。案の定、最盛期が少し過ぎてしまったようでした。
         気温も低く、蝶の舞は期待できませんでしたが、葦原を見ていると・・・・
         やはり「犬も歩けば棒にあたる」ですね。思わぬ収穫がありました。
e0034313_1140361.jpg
e0034313_11404580.jpg

          カザグルマ Clematis patens キンポウゲ科 中国原産のテッセンと似ていますが別物です。
e0034313_11433011.jpg

         そう!、ハッチョウトンボのオスを見つけました。寒さのためか止まったまま・・・メスの姿は見つかりませんでした。
             ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea 日本で一番小さいトンボです。
e0034313_1147226.jpg

             帰りには、ホシゴイがフェンスで見送ってくれました。
             やはり目の離せない鶴田沼です。
                      残念なことに二羽いたカワセミの一羽がタカに捕まってしまったそうです。
                      厳しい自然の生き物たち・・・・・
by kimiko_shibata1 | 2012-06-12 11:49 | 散歩 | Comments(24)