<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

がんばれ茨城!

       がんばれ茨城「奥久慈清流・ラインマルシェ」と題して、大震災後冷え込んでしまった奥久慈に活気を取り戻そうとイベントが始まりました。
       本日から12月2日の日曜日まで、JR常陸大子(だいご)駅周辺で、開催されています。
       「映像で振り返るSLと大子の暮らし」
       「SL運行」「ボンネットバスによるシャトル運行」「人力車での観光案内」
       写真展や昔遊び、おはやし、もちろん特産物販売、・・・・・と盛りだくさんです。
       
       福島県をはじめ東北各県、茨城県、そして、栃木県も・・・なかなか復旧・復興が進んでいません。
       そんな中、私たち直接関連がないと忘れていることも多く、申し訳ない思いです。
       選挙も行われますが、ただ私欲のために離合集散を繰り返すようで、・・・・
       たくさんは協力できませんが、行って少しのにぎわいとなるべく、楽しんできました。
       お時間のある方は明日と明後日、いかがでしょうか?
e0034313_1916183.jpg
e0034313_19164357.jpg
e0034313_1917375.jpg

                     ↑ ↓ 無料です。   土日は混雑するかもしれませんね。
e0034313_19174689.jpg

                     三重交通と見えます。三重県からの協力のようです。SLは栃木県の真岡線を走っているC11号です。
                     残念ながら運行しているSLには会えませんでしたが、写真展で楽しんできました。
e0034313_19225100.jpg

                         記念の「小型印」会期中、JR常陸大子駅前にて押印してもらえます。

政治から取り残されていく被災地、・・・どうか、また、元気な姿になってほしいです。
地元の方とおしゃべりをして、申し訳ないほどお安い野菜をたくさん買って帰ってきました。      
by kimiko_shibata1 | 2012-11-30 19:49 | | Comments(22)

霜月の、シモバシラの霜柱

            一か月ぶりの日光植物園、閉園を前の手入れに忙しそうでした。このところ、ぐんと気温が低くなり、風花が舞ったようです。
            落葉樹の葉はほとんど落ちて、見通しの良くなった園内でした。
            鳥の声もほとんどなく、歩くと霜柱を踏む音が響きます。
e0034313_18153883.jpg

e0034313_1812630.jpg

             駐車場にある二本のハンカチの木もすっかり葉が落ちて、実が少しだけ残っていました。
             右奥に男体山が見えるのですが、生憎雲の中でした。
e0034313_1818472.jpg

             シボバシラ  Keiskea japonica  シモバシラという名前の植物です。別名・雪寄草
                
                 この植物は 地上部が枯れても 地中の水を吸い上げて 茎の上まで送り続けているます。
                 気温が氷点下ぐらいにまで 下がった早朝 (風や雪がない時)、
                 茎のちょっとした割れ目から水分が、 外気に触れて「氷」になり、それが横方向に少しずつ押し出されて、こうした氷の華になります。
                 日光植物園は11月30日に閉園してしまいますので、ここで、今までこの氷の華を見る機会がありませんでした。
                 こうして今年初めて見ることとなりました。
                 園内を観察して戻りましたらもう溶けてなくなっていました。見られた幸運に感謝です。

e0034313_1828292.jpg

                静かな園内、作業の人はいるものの、入園者はたぶん一人・・・素敵な植物園を独り占め・・・でした。
by kimiko_shibata1 | 2012-11-29 05:00 | 山歩き | Comments(22)

館林の秋

           秋らしい日、所用の帰りに館林の多々良沼へ寄ってみました。
           白鳥たちが到着しているかと期待したのですが、ご覧のとおり、ガバ沼はガラ~ンとしていて・・・・
           通勤で週二回も通っていたころと違って、どこかよそよそしい感じがしました。
           白鳥たちがいなかったからでしょうか?去る者日々に疎し・・・と言いますものね。
           風も強くなり、外の散歩はあきらめて館林市美術館によって見ました。
e0034313_18375452.jpg

             一羽のオナガガモさえ姿のないガバ沼・・・今頃は賑やかになっていることでしょう。
e0034313_18385025.jpg
e0034313_1839639.jpg
e0034313_18391790.jpg


太田~館林と懐かしい道を走りました。また、白鳥たちが揃ったころ来てみたいと思いつつ、・・・でも仕事が無くなると、なかなか行けないものです。


以下は宇都宮市の「みずほの公園」でみたヤマガラです。鳥を写すようになって6~7年、こうした組み合わせは、初めて。
e0034313_18431928.jpg

           一羽のヤマガラが地面におりました。明らかに幼鳥です。危なっかしい感じがしたら・・・
e0034313_18453335.jpg

           すっ~と親鳥がそばに寄り添いました。お母さんかしら?
e0034313_18462333.jpg

            お父さんが呼んだのでしょうか?揃って後ろを向きました。
e0034313_18465784.jpg

             また、並んで前を向きました。ほのぼのとした親子のシーン、白鳥では時々見かけますが小鳥でこんな親子はなかなか写せません。
by kimiko_shibata1 | 2012-11-27 05:15 | 散歩 | Comments(26)

のこり色

       のこり色・・・こんな言葉があるかどうかはわかりませんが、冬に変わっていく鶴田沼風景です。
       日差しが戻ったようなので出かけましたが、雲が下りてきて・・・・
       沈んだ沼でしたが、よく見るとこんな命がそこここに・・・・・・
       昔、初めて見た舞台劇、「森は生きている」ではありませんが、「沼は生きている」です。
e0034313_757321.jpg

e0034313_7582067.jpg
e0034313_7582334.jpg

          ヤマラッキョ  寒さの中、まだ咲いている株もありました。ガンバレ!
                    こうして種になっていくのですね。今年はいつもより開花は遅かったですが、たくさん咲いてくれました。

e0034313_80430.jpg

           こちらの種はなんでしょうね。素敵なデザインのアートです。
e0034313_811232.jpg

           蔦のつくるアートも芸術性がたかいですね。沼のいいアクセントです。
e0034313_82250.jpg

             ミヤコアザミ Saussurea maximowiczii キク科 トウヒレン属  関東以西
                  アザミと名前がつきますが、アザミ属ではないのです。普通のアザミに比べると一見、ぱっとしない花ですが、貴重な植物なんです。
                  高さが背丈ほどにもなって、ボサボサの花のようですが、よくみると蕊の先が面白いです。
e0034313_87249.jpg

              リンドウ  このままフリーズドドライフラワーになっていくでしょう。
e0034313_88310.jpg

              エナガも寒さそうでした。

More 余談
by kimiko_shibata1 | 2012-11-25 08:13 | 散歩 | Comments(30)

井頭公園の秋(1)

          お天気に誘われて井頭公園へ・・・・半年ぶりでしょうか、久々の散歩です。
          水鳥たちはまだ集まっていないようで、広々とした池でしたが、どこからか鵜の集団が到着しました。
          紅葉は終わりかけの所、今が盛りの所・・・ひろい公園ですからいろいろです。
          日差しを受けて一層輝いていました。
          「空飛ぶ宝石」が数回、甲高い声とともにその飛翔を見せて池を横断します。
e0034313_1912301.jpg
e0034313_1913270.jpg
e0034313_19125991.jpg
e0034313_19132769.jpg

          「飛ぶ宝石」、ご覧になれますか?
e0034313_19132987.jpg

          池を一周して来るとまた飛んできました。・・・少々距離がありました。カワセミも久しぶりです。
by kimiko_shibata1 | 2012-11-22 05:05 | 散歩 | Comments(40)

市内点描

         各地の紅葉を堪能した11月中旬でした。その間、市内のトチノキは葉を落し、銀杏は一段と輝きを増してきました。
         JAZZ祭りに、餃子祭り、グルリ市とイベントも目白押し、23日のSWINGING HERDの定期演奏会voll.42が終了すると秋が終わります。
         そんなこんなで毎日落ち着かない日々ですが、身近にもいい風景がこぼれていました。
         今日はそんな風景を集めて送ります。
e0034313_7123259.jpg

                       なかなか姿を見せない日光連山でした。白根山が真っ白になりました。
e0034313_7143557.jpg

                       暑さが長引いたせいか今年は田んぼの「ひこばえ」が目立ちます。なんと穂ができています。
                       高知県では「またび」と言うそうです。
               ひこばえは「稲孫」とも書くのですが、namiheiiiさまから「ひつじ」とも言われると伺いました。
               皆様の地方では・・・?
e0034313_717084.jpg

                       イチョウの黄葉は場所によって差がありますが、ここはもうピークです。
e0034313_7253579.jpg

                       イヌセンブリ  Swertia diluta var. tosaensis リンドウ科 センブリ属
                             絶滅危惧種Ⅱ類指定  センブリは乾地に、こちらは湿地に生えます。白毛が多く、花弁が透き通るようです。
e0034313_71863.jpg

                       さくらが教えてくれて家の中から写した仲良しカップル(オナガ)、
                       鳥が飛ぶのをよく眺めています。小さな声で鳴くので鳥がいるとわかります。
    
           
そんなさくらも今日で満7か月となりました。先日、掲載したように無事、避妊手術も終えて少し大人になったようです。
e0034313_7201319.jpg
                    
e0034313_7204686.jpg

                       おすましで記念の写真を・・・・・・・・乳歯も抜け替わりました。
by kimiko_shibata1 | 2012-11-20 07:31 | 散歩 | Comments(30)

紅葉のあとは・・・

          素敵な庭を後に、霧降高原を抜けて一気に大笹牧場へ・・・我が愛車、軽ジムニーではこうはいきません。
          実は前日や当日の日光の天気が怪しかったので、軽では・・・と友人が普通車の4駆を運転してくれたのです。
          霧降高原までは時々行くのですが、さらに六方沢を越して、ピークを越えてその先の大笹には数回しか行ったことがありませんでした。
          きっと何十年も経っていたのでしょう、牧場や売店もきれいに整備されて、さすが本州で一番広いといわれる牧場です。
e0034313_20283340.jpg

        葉が落ちて沢には雪が残り、すっかり初冬です。
e0034313_20244587.jpg

        今市方面も少しかすんで・・・・風が冷たかったです。
        農業展示会が開催されており、食堂は満員!ジンギスカンは食べられませんでしたが、牛の串焼きが美味しかったです。
        そして、霧降高原へ降りて行く途中、なんとキジが車の前を横切りました!
e0034313_20304827.jpg
e0034313_20305627.jpg
e0034313_20311131.jpg

         メス二羽とオス一羽・・・・オスはさっさと逃げて行きました。逃げ足の速いのは我が連れ合いと同じ・・・・(苦笑)
         もっと寒くなってもここで暮らすのかしら?こんなに沢山のキジを見たのは数年振りです。
         
e0034313_2035246.jpg

         女峰山・・・歩いたガレ場や赤薙山からのシャクナゲやハイ松の稜線が良く見えました。
e0034313_20345141.jpg

         再び、美しい紅葉をめでながら、日光高速を帰りました。
         女二人、車中の話も弾み、あっという間の一日でした。         
by kimiko_shibata1 | 2012-11-19 06:25 | 山歩き | Comments(24)

紅葉の庭

         さて、日光には、ある個人の素晴らしい庭を拝見するために伺いました。
         京都のお寺さんのような素晴らしい庭でした。大きな植木以外は、ご当主様がお一人で造られたと伺い、またビックリです。
         隅々までに心くばりがあって、素晴らしい紅葉散策でした。
         管理や手入れはどれほどか・・・と・・・・
         日光連山からの水が引かれているようで、とてもきれいな池でした。
e0034313_1457947.jpg
e0034313_14572871.jpg
e0034313_14572581.jpg
e0034313_14574454.jpg
e0034313_1458652.jpg
e0034313_14584072.jpg
e0034313_14584673.jpg

         東福寺を思い起こす苔の作りもありました。 光を受けて、眩いばかりに輝やく紅葉・・・落ち葉も味があります。
         昨年から身辺があわただしく、ゆっくりと紅葉狩りもできずにおりましたが、友の案内でこのような一日が過ごせました。
         この後、霧降高原、大笹牧場・・と、すでに散り始めた風景へも案内していただきました。
         
         
by kimiko_shibata1 | 2012-11-18 05:36 | 散歩 | Comments(29)

山の秋

        昨日は友人が日光に誘ってくれました。神橋近辺の風景は素晴らしいものでした。
        二日間、荒れた天気の後でしたが、少しちり際の風景が何とも言えず、感動ばかり・・・
        ご厚意に甘えて助手席で堪能させてもらいました。
        順不同ですが、いい風景をさらにチョイスしてお届けいたします。
e0034313_7345833.jpg

        出発時には薄いベールをかぶっており、雪を心配しましたが、現地は素晴らしいお天気となりました。
        自分の通る道と違い、日光をよく知っている友の通る道はそれだけでうれしい風景と出会えます。

e0034313_7371837.jpg

        暗い杉林の中に輝く紅葉・・・・・高尾を思い出す風景です。


e0034313_73817100.jpg
e0034313_738255.jpg
e0034313_7383439.jpg

         少し空の開けたところで・・・・トビが10羽ほど・・・ゆっくりと旋回したり、仲間と追いかけっこ?・・・
         こんなに多くのトビを見たのは10年前の鎌倉以来・・・大きな体がゆったりと軽く飛ぶ・・・・・圧巻でした。


e0034313_742139.jpg

         素敵な紅葉・・・言葉はいりませんね。太田に続いて紅葉三昧、わが身もきれいに染まったかのようです。
by kimiko_shibata1 | 2012-11-16 07:44 | 山歩き | Comments(28)

里の秋

         一気に紅葉が平野部に下りてきましたね。日光などは雪が舞ったようです。
         日差しもあり、輝くような紅葉を楽しみました。
         紅葉に見とれているとそばにジョウビタキがいたのに気づかず、飛ばれてしまったり・・・と鳥にはアンラッキーでしたが。
e0034313_18551760.jpg

          感動の色です。こんなに素晴らしい木々が迎えてくれました。
          茜色、紅、珊瑚色、橙色、山吹色、鬱金色、蒲公英色、櫨色・・・・・思いつく日本の伝統色を思い起こす。
e0034313_1944242.jpg
e0034313_1945078.jpg

          メジロが・・・・活発です。
e0034313_1953424.jpg

          シジミチョウ・・・こちらは精一杯生き抜いているよう・・・・・・
          午前中は気持ちの良い散歩でした。
          太田市の「こどもの国」・・・よくそばを通っていたのですが、なかなかチャンスがなくて初めての散策
          入場無料、駐車場も無料、大人も子供も楽しめそうです。
          
by kimiko_shibata1 | 2012-11-14 19:10 | 散歩 | Comments(24)