<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Glendalough

        首都ダブリンのあるレンスター地方は古代遺跡や初期キリスト教の遺構が多いところです。
        その中の「七つの教会の街」と称される初期キリスト教の聖地である「グレンダロッホ」を歩きました。
        グレンダロッホとは「二つの湖のある渓谷」という意味で、アイルランド最古のキリスト教遺跡。
        標高700mの氷河で浸食された花崗岩の谷に修道院や教会遺跡がありました。
e0034313_1124259.jpg

        修業のため人里離れた静謐な環境を探し求めていた聖ケビンはこの地を訪れ修業をしながらひっそり暮らしていた。
        498年に彼がこの地に建てた修道院は彼の人徳を慕って何千もの人々が集まる聖地となった。
e0034313_1153444.jpg

e0034313_11617.jpg

        足元の石に刻まれた素朴な十字架、誰が、どのように・・・と
e0034313_1110868.jpg

e0034313_11111694.jpg

        ケルト十字架が並ぶ墓地、
        太陽信仰のあったアイルランドとラテン十字架を合わせたといわれるケルト十字架
        聖パトリックが異教のアイルランド人を改宗させる際にこのケルト十字を創ったという伝説があります。
e0034313_1116227.jpg

e0034313_11163550.jpg

        高さ33メートルの「ラウンドタワー」
        1000年近く前に聖ケビンの修道僧により立てられたこの建造物で、もともと鐘楼、外敵の来襲の際の避難所でもあった。
        見事な円塔、当時の素晴らしい技術に感動でした。足元に立つと納まりきれない高さ。
e0034313_1126866.jpg

e0034313_11264051.jpg

e0034313_11272880.jpg

e0034313_11281387.jpg

          昔の様子がイラストで紹介されていました。
e0034313_11291998.jpg

           左はこの教会が描かれたアイルランドの切手です。教会関係の切手発行の多い国です。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-28 11:29 | | Comments(14)

アイルランド郊外の風景

           どこまでも同じ風景が続いているようなレンスター地方、・・・
           果てしない泥炭の丘、ヒースの丘でした。
           ほんの少しでしたが、こうした風景の中を歩けたことがうれしかったです。
           ヒース以外は日本でもおなじみの植物たち、地球は狭いかしら?微笑
e0034313_91454.jpg
e0034313_912186.jpg
e0034313_913250.jpg
e0034313_914994.jpg
e0034313_92926.jpg
e0034313_922714.jpg

            のびのびと育つ羊たち・・・お尻の色で飼い主がわかるそうです。
e0034313_931767.jpg
e0034313_933553.jpg
e0034313_935569.jpg
e0034313_942146.jpg

           ギネスビールオーナーの別荘地、ご招待がないと入れません。
           しっかりとしたガイドさんの案内ですから安心して楽しめました。
           目印の山もない丘歩き、迷子になったら大変でした。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-26 09:05 | 山歩き | Comments(12)

身近な風景

      お彼岸も過ぎようとしています。台風の進路が、風雨の様子が気になりますね。
      田川の水はいつもより多いようです。
e0034313_726535.jpg

      わがやにもいろんなお客様が・・・・・
e0034313_7262971.jpg

e0034313_7265298.jpg
e0034313_727558.jpg
e0034313_7272055.jpg

           ツマグロは最後のあいさつかな?と思いました。
           また、来年・・・・・
e0034313_7283938.jpg

           sakuraは「岩合さんの猫たち」が大好きです。
           気が付くといつもかぶりつきで見入っています。
           この日はお母さん猫からお乳をもらう子猫・・・・2か月足らずで母猫と別れたsakura・・・何をおもっているのでしょう。
e0034313_7313276.jpg

           ケンタザウルスの訪問を受けてsakura・・・対応に困っています!
           相手は奇声をあげて突進してくるのですから・・・
           しまいには孫を抱いたり、遊んでいるzizi、babaに怒りだして猫パンチをしてきました。
           猫もヤキモチを焼くようですね。毎日甘やかしていましたから・・・
           昨夜、sakuraも夕食も食べずに10時間もぐっすりと寝ました。私のベッド中央で!
         
by kimiko_shibata1 | 2014-09-24 07:38 | | Comments(14)

アイルランド風景(3)

       市内には「ケルズの書」最古の教会「クライスト・チャーチ大聖堂」「ダブリン城」など見どころは多かったです。
       ここ「聖パトリック大聖堂」もそのひとつ、アイルランド最大の教会です。
       1191年、大司教のジョン・コムが木造の礼拝堂を現在の形に建て替えました。
       ここは何世紀も民衆の教会として存在しております。
e0034313_7542215.jpg

         1560年、ダブリン初の公共時計の一つがここにある。
e0034313_7574726.jpg

e0034313_7581060.jpg
e0034313_7584479.jpg

            座布団のように見えますが、祈りをささげる際の膝あてです。アラン模様のセーターとともに男性の手仕事でもあるそうな・・
e0034313_822666.jpg

      長い歴史を通して、大聖堂はアイルランド人の生き方に多くを寄与してきたが、その重要なひとつは作家であり風刺家であったジョナサン・スウィフトある。
      ガリバー旅行記の作者である彼は、1713年から1745年まで大聖堂の首席司祭であった。彼の墓と碑銘は彼の「友人」であったステラ (エスター・ジョンソン) のものとともに礼拝堂の足元ににあった。
      二人は聖パトリック病院や貧しい女性のために救貧院にも尽力した。
      
    
    アイルランドの歴史は他民族の侵略の歴史でもあったが、
    もう一つは太陽信仰であったもともとの宗教にカトリックの布教が浸透していった深く、難しい歴史もあった。
    そして、宗教革命後のプロテスタント系の布教・・・ なかなかガイドの熱心な説明にも理解の及ばないところでした。          
    一つの市に大きな大聖堂が二つあることも興味深いところ・・・
    クライストチャーチを単一かつ明白なダブリン主教区の大聖堂とし、パトリックは国立大聖堂とすることでついに「2つの大聖堂」問題を解決したそうだ。

    苦しくて複雑な歴史、数日の滞在ではわからないのも当然です。
e0034313_8257100.jpg

         こちらはサー・ベンジャミン・リー・ギネスの像  1860年から65年にかけて大規模な修復が行った。有名なギネスビールの三代目で醸造者であり、慈善家であった。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-22 08:34 | | Comments(8)

9月の日光植物園(1)

       奥日光の帰りに日航植物園にも寄りました。
       しかし、山の天気は気まぐれ・・・・途中から雨がぽつぽつと・・・・
       秋の植物園は閉演まで2が月半、・・・どことなく寂しさを感じます。
       そんな私の感情とは別にしっかりと季節をとらえてきれいな花が輝いています。
       ご覧いただければ幸いです。
e0034313_753423.jpg

           常連さんはこのマルバノキで季節の変りを感じて園内に入るのではないでしょうか?
e0034313_7545960.jpg

           そう、ちょっとドキッとする トリカブト Aconitum
e0034313_7564972.jpg

           オトギリソウ は実をつけていました。こちらは薬草、傷に効きます。山野草もそれぞれ・・・・人も・・・
e0034313_7585268.jpg

            園内もちらほら紅葉が始まって・・・・いい風景ですね。
e0034313_7594212.jpg

            ツルボにもお客様・・忙しそうですね。Scilla scilloides
            別名 参内傘 貴婦人の使用した傘をイメージしたのでしょうね。
e0034313_811487.jpg
e0034313_813477.jpg

            おなじみのキレンゲショウマも咲いていました。
         時々の小雨、自分はぬれてもいいのですが、カメラが気になります。(笑)
         一台は水滴対応なんですが、もう一台は・・・・・
    もう少し続きます。・・・・・
by kimiko_shibata1 | 2014-09-20 08:04 | 山歩き | Comments(18)

初秋の奥日光(2)

        地震見舞いありがとうございました。多少、物が落下した位ですみました。
        久々に強い地震で、職場での時間という事もあって精神的に疲れました。
        ちょうど前の時間に保存食の管理について話していた処でした。
        被害がなくて幸いでした。

        戦場ヶ原の鳥見のあとは小田代が原へ向かう定番コースです。
       「誰にも会わない山歩」・・・モットーですが、今回ばかりはちらほら人が歩いていないと熊が心配です。
       おなじみの山ブドウは荒れた天候のせいか、熊のせいか・・・高いところだけが残るのみ・・・
       木道が整備され、車いすでも小田代が原を堪能できるよう工事中です。
       平日は通行できない区間もありますのでご注意を・・・
       木道の整備は多くの方にはいいことでしょう。ただ、配慮されない植物もあって期待のカリガネソウはなくなっていました。
       理由はほかの場所で見られるから・・・との回答でした。
e0034313_15103793.jpg

e0034313_15105352.jpg
e0034313_1511156.jpg
e0034313_15114972.jpg

e0034313_15153266.jpg

e0034313_15183578.jpg
e0034313_1519755.jpg
e0034313_15192652.jpg

         きれいな空の下、きれいな空気を吸い、始まった草もみじを楽しみ、そして、アサギマダラまで見られていい山歩でした。
         閑蔵さまのお話からこの蝶の羽根の力強さを改めて観察しました。
         長旅のできる構造ですね。無事に旅が続くことを祈って・・・・
         貴婦人にもご挨拶・・・・
         近くにいい自然があって幸せです。

  
by kimiko_shibata1 | 2014-09-17 15:27 | 山歩き | Comments(14)

初秋の奥日光(1)

      我が家のケンタザウルス(孫)が発熱し、こちらに来られない事となり、それでは・・・と日光に鳥見に行ってきました。
      日中は暑い日々ですが、さすが奥日光の早朝は寒いくらいでした。
      日が昇ると清々しい青空、空気も汚れがなくなったようです。
      大雨で被害の地域の方々には申し訳ないことですが、大雨が洗い流してくれたようです。
e0034313_18245086.jpg

         大好きな太郎山と戦場ヶ原です。
e0034313_18312070.jpg

         はるか遠くに・・・・どうやらノスリのようでした。時折、低く飛んでは獲物を捕まえようと・・・・
         なかなか取れないようです。こちらも幼鳥の練習なんでしょうね。
e0034313_1951172.jpg

        可愛いノビタキも・・・・
e0034313_18431121.jpg

          戦場ヶ原のシンボルツリーで長々と朝化粧をしているのは・・・?
          真下に行ってもそのままいます。夢中なのか、神経が太いのか・・・・
e0034313_18445618.jpg

          どうやらゴジュウカラのようです。つわものですね~!
e0034313_18513366.jpg

          輝く朝露の草原で鳴いているのはアオジでしょうか?気持ちが良いようです。
e0034313_18591028.jpg

          こちらはキビタキでしょうか?暑い夏を越している間にすっかり同定できなくなりました。また勉強ですね。(笑)
          違っていましたらご指摘ください。
e0034313_1913219.jpg

           ホザキシモツケがまだ輝いていました。学名:Spiraea salicifolia

孫は熱も下がり、元気に歩く練習だそうです。9歩、歩けたとか・・・進歩が目に見えます。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-15 19:14 | 山歩き | Comments(22)

鳥の季節到来・・・・

         我が家近くの農家さんは稲刈りに忙しい連休です。
         いい具合のお天気で空もきれいな一日でした。
         夕方は雷雨となり、野外演奏会には生憎だったようです。

         夏場も鳥は粛々と生活していたのでしょうが、暑くて観察はできません。
         ようやく今秋からは蝶から鳥へのシフト変更?
         まだ、日中は暑いですね。
     幼いカワセミたちの素敵な会話の聞こえるような時間でした。
e0034313_18371243.jpg

           あの辺に何かいるようだな~いっちょう、行ってみようかな・・・
e0034313_18381097.jpg

           えい!思い切って!!
e0034313_184174.jpg

            失敗しちゃった!!あれっ~・・・・
e0034313_18425350.jpg

            上手だな~貴女は・・・
e0034313_1843374.jpg

             いいな~・・・僕はもう一度挑戦しよう~
e0034313_18451332.jpg

e0034313_18503956.jpg

        頑張れ、若者よ!!ギャラリーはみんな心の中で応援していますよ!
        何度も失敗を繰り返すカワセミ君、でした。

今まで以上に毎日が忙しく????更新が滞っております。せっかくのご訪問、空振りが多くてごめんなさい。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-13 18:49 | 散歩 | Comments(20)

アイルランド風景(2)

       市内の名所めぐりから・・・
       一番に見たかったものはBC800年にまとめられた「ケルズの書」です。
       マタイ伝、マルコ伝、ルカ伝、ヨハネ伝が収められている福音書の写本です。
       トリニティー・カレッジのオールドライブラリーにありました。
       トリニティーカレッジは1592年にエリザベス女王一世によって創設された由緒ある大学です。
e0034313_2054691.jpg

e0034313_2072260.jpg

e0034313_207539.jpg

         カモメの多い校内でした。どこかハイカラなカモメたちでした。
e0034313_2083886.jpg

e0034313_209828.jpg

          ケルト文化とキリスト教の融和が生み出した装飾文字はどこまでも美しく魅力的でした。
          閲覧できるのはその時に開かれているページのみです。
e0034313_20123690.jpg

          こちらの風景をご記憶の方が多いと思います。
          ロングルームです。映画「スター・ウォーズ」のジュダイ図書館のモデルでした。
          なにか圧倒されて図書館を後にしました。ケルズの書以外ではアイリッシュハープが美しく印象に残りました。
          生憎、写真が撮れませんでしたので、お土産のコースターから・・・
e0034313_2019671.jpg

          緑、そして、この三つ葉のクローバーがアイルランドのシンボルです。
e0034313_20165475.jpg

          こうして時間や美しいケルト文字に感動しつつ、大学を後にしました。
by kimiko_shibata1 | 2014-09-10 20:19 | | Comments(14)

アイルランド風景

        同世代の女性でしたらお分かりいただけるかと思いますが、
        中高生の頃、「嵐が丘」「ジェーン・エア」そして「風とともに去りぬ」「赤毛のアン」などに夢中でした。
        漠然と「ヒースの丘」「タラの丘」に立ってみたいと思っておりましたが、
        そのような環境には程遠く過ごしておりました。
        それがひょんな事からイギリスへ、アイルランドへ・・・となったのですから「人生の旅」も面白いものです。
        なぜにイギリスではなく、あえてアイルランドへ行ったかといいますと
        この国は長い間イギリスに占領され、独立したのが1949年、私の生まれた年なんです。
        つらい過去を背負い、、石ころだけの国と言われた北海道のほどの島国、
        なぜか親近感を持っていました。アラン模様のセーターを何枚編んだことか・・・・
        今日はダブリンの街角風景です。(車内からの撮影もあり、少々難ありです)
e0034313_151812100.jpg

e0034313_1518335.jpg
e0034313_1519424.jpg

           お気づきでしょうか?ドアに個性を出しているようです。
           ドアだけ見て回ってもいいくらい!
e0034313_1520910.jpg

            一番に見ていただきたいのはポスト!緑のポストです。
            カトリックの影響で「三つ葉のクローバー」をシンボルとしているアイルランド
            イギリスから独立してきっと真っ先に赤いポストを緑に塗り替えたのでしょう!
e0034313_15222558.jpg

            偶然に見つけた日本語・・・スーパードライですって、衣料品店なんですが・・・・
            滞在中も晴れと雨が短時間で繰り返されます、速乾は希望なんでしょうか?
e0034313_15252071.jpg

e0034313_15275526.jpg

            ダブリン城壁のここですよ・・・という案内板・・・わかりやすかったです。
e0034313_15284238.jpg

            こちらの100円shopと同じ店もありました。
e0034313_15293978.jpg

e0034313_15304645.jpg

e0034313_15311561.jpg

            ざっと歩いたダブリン中心部です。
            次回は歴史ある風景を・・・・
by kimiko_shibata1 | 2014-09-07 15:34 | | Comments(13)