<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年もまた・・・

      一昨日から男体颪が冷たくなっていました。
      日々、早朝に庭に出る毎日・・・・
      今日、この冬、初めてのシモバシラ登場でした。
      気温-3度の宇都宮です。
e0034313_718594.jpg

          最長20cm 最大幅4.5cm 
e0034313_7183954.jpg

          美しいシモバシラの華です。
          こちらをご覧いただく方には不要の説明ですが、・・・
    学名:Keiskea japonica シソ科の多年草、日本固有種。属名は植物学者の伊藤圭介にちなむ。
        関東以南に分布。 シソのような花が咲きます。
       冬になって地上部は枯れてしましますが、根は活動し導管を通じて水を吸い上げています。...
       気温が氷点下になると水が氷になって導管を破ってこのように外に出てきます。
        私は「氷の華」と思っています。 素晴らしい植物からのプレゼントです。
        花は至って普通のシソの花、ただ、内面にはすごい生命力、表の顔だけ見ていては駄目・・・と教えてくれた花です。
        寒くても嬉しい朝です。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-28 07:22 | | Comments(24)

井頭公園・花蝶館

   今夜は満月、クリスマスの満月を追加しました。        
          井頭公園には温室もあり、熱帯の鳥、トカゲ、蝶などがいます。
          あまり寄らないのですが、この時期はこのクリスマスツリーに魅かれて・・・・
          「さなぎのツリー」美しいとみるか、気持ち悪いとみるか・・・・・人それぞれですが・・・
          さなぎの苦手な方はスルーしてください。
e0034313_781882.jpg

        オオゴマダラチョウ、アサギマダラ、リュウキュウアサギマダラのさなぎが眠りの中にいます。
e0034313_711038.jpg

         どうやら早朝に羽化するようです。羽根を乾かしている生まれたての蝶
e0034313_712868.jpg



日本ではクリスマスの日より、イブの方が浸透しています。昨夜は良いイブを過ごされましたか?
家族と過ごすのが欧米の過ごし方です。
日本は恋人や友人との時間のようですね。
信じる神が違っても、神の存在を認めなくとも、子供たちが安心して暮らせて、学べる世の中にしたいです。
e0034313_7174581.jpg

e0034313_719263.jpg

               メリークリスマス!!
e0034313_1945281.jpg

by kimiko_shibata1 | 2015-12-25 07:20 | 散歩 | Comments(10)

井頭公園鳥見散歩(2)

     一度目はウグイスをボケボケで写しました。
         是非、しっかりと写したいと再度出かけました。
         もちろん、アカゲラにもまた会いたいな~とかクイナに会えるかな?とワクワクしながら・・・・
         そして、赤い実に来るウグイスを待っておりましたら・・・・・
         大砲集団のカシャカシャ・・・・という連打の音、
         振り返って、よ~く見ると・・・・
e0034313_6565699.jpg

            ミヤマホオジロ(メス)が見えました。
e0034313_6574064.jpg

e0034313_6575944.jpg

            ミヤマホオジロのオスも見えました。
e0034313_6583868.jpg

            オス・メス・なかよく・・・・
       距離も遠く、枝カムリで焦点が合わせにくく・・・・こちらもウグイス同様、今季のテーマです。
       思わぬ拾い物でした。
       それにしても大勢の大砲に動じないミヤホも大したものです。
       
e0034313_7101842.jpg
 
       例の枝には、鶯は来なくてシロハラが来ました。
      
by kimiko_shibata1 | 2015-12-22 07:07 | | Comments(8)

井頭公園鳥見散歩(1)

       諸々一段落して、久しぶりに井頭公園へ、
       16日、19日に歩いて出会った鳥たちです。
       今年は11月24日にミコアイサが一羽、来たそうです。
       寒くなった日でしょうね。また、寒くなったら戻ってきてほしいです。
e0034313_18431969.jpg

           16日には輝いていた紅葉です、今日はすっかり枯れてしまいました。
e0034313_18442364.jpg

e0034313_18451697.jpg

           ヨシガモが20羽ほど優雅に泳いでいます。
           ナポレオンハットも伸びつつあります。
e0034313_18531758.jpg

           声で誘ってくれたシメ、、、歌舞伎役者のような強面ですが、声は涼やか!
e0034313_18543365.jpg

           アカゲラ・・・鋭く飛びまわって木の中の餌をコンコン!
                     少し幼さが残っているようなアカゲラでした。
e0034313_18503039.jpg

            初冬のの井頭公園、まだ輝きの残る湖畔でした。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-19 18:51 | | Comments(12)

久々の自然観察散歩

       帰国してもあわただしく、落ち着かない日々でしたが、ようやく、日常が戻ってきました。
       自分の体のメンテナンスを含めて、フィールドを散策できるのはいいです。たとえ、街中の公園でも・・・・
       おなじみの小鳥の集団がにぎやかに遊んでいました。
       ちょっと違っていのは・・・
e0034313_7581515.jpg

           しっかりと踏ん張っている後姿・・・あっ、シジュウカラ・・・・と思いましたが、実は・・・・
e0034313_759128.jpg

           ヒガラでした!この辺りではなかなか見ません。胸のネクタイがなくてシジュウカラとの違いがあきらかです。
e0034313_801634.jpg

           そして、鳴き声で存在を知らせてくれる コゲラ・・・・
e0034313_805160.jpg

           相変わらず、大忙しのエナガも一緒でした。
           いつもの冬が戻ってきています。また、楽しみな季節です。
           でも、慣れないせいか、視力が悪くなったのか・・・・どうもシャッターチャンスを逃します!
           練習しなくては・・・・・
e0034313_823690.jpg

             こちらは哲学者風のアオサギ
                餌を捕ろうとしたのか、前足と首を伸ばして・・・そのまま静止!
                じっと「その時」を待つアオサギです。
         口をあんぐり開けてカメラを覗いていると喉の痛みが・・・この辺りにもPM2.5が来ているのでしょうか? 
         追突事故に合ってしまった友人も・・・
         そうぞ、お気をつけてお過ごしください。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-16 08:05 | | Comments(10)

シャルトル大聖堂

         大変ご無沙汰を致しました。
         不謹慎ですが、往復の飛行機もガラガラで疲れや時差ぼけは全く感じられず、毎日忙しく過ごしておりました。
         今、お若い方に大人気のマスキングテープの特別展が宇都宮市大谷資料館にて開催されていました。
         郵趣の知人が何組かご来県くださってご案内申し上げて10日も過ぎてしまいました。

       今日はパリから100Km弱にある「シャルトル大聖堂」をご紹介します。
       1979年に世界遺産に登録されています。「フランスで最も美しいゴシック建築」と言われています。
       町も落ち着いた趣のあるところ、再訪がかなえばゆっくり一日を過ごしたい街でした。
e0034313_19155675.jpg

e0034313_1916133.jpg

           聖母マリアに捧げられた教会です。
           尖塔右:ロマネクス様式(12世紀) 尖塔左:ゴシック建築(16世紀)・・・と制作年代が違います。
e0034313_19182259.jpg

              雀の仲間でしょうか?鳥を見るとほっとします。
e0034313_19191153.jpg

e0034313_19192877.jpg

             きめ細かい、素晴らしい彫刻がびっしりと・・・・
             キリストの生涯を現わしています。
e0034313_19205383.jpg

e0034313_19211862.jpg

            東西南北、びっしりと・・・
e0034313_19302144.jpg

e0034313_19311611.jpg

              「シャルトルブルー」と言われる美しいステンドグラスの数々、もうため息ばかりでした。
               フランス革命で破壊や略奪などもなく、こうして後世に残っているのは貴重です。
               こうした遺産はこれからも大切に保存されるよう願うばかりです。
e0034313_19335863.jpg

             路地一本も素敵な雰囲気のシャルトルでした。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-11 19:34 | | Comments(8)

モン・サン・ミシェル

      この時期に!と驚かれると思いますが、テロ後10日目の出発で、COP21開催前日に帰国しました。
      私の年ともなると先での再チャレンジは難しく、背負うものも少なく、夫の賛成があれば十分です。
      もともと息子たちにも内緒の旅でした。(笑)
      ケルト人の文化に興味のある私にはアイルランドとともに訪ねたい所でした。
      生憎、時間が少ない旅でしたが、目の前にこの風景が洗われて時には涙の出るような気持ちでした。
      帰路は暗くなり、雨も激しく、また、満月の日で潮の高低差も最大
      ひたひたと押し寄せる浪はすぐ足元まで・・・・・
      昔は「ここを訪ねる時は遺言を・・・・」と言われたそうです。

      夕方で、時折雨、そして、時間がなくて急ぎ足・・・・良い状態の写真ではありませんがご笑覧ください。
e0034313_8255485.jpg

e0034313_826915.jpg

          橋を渡るとき虹が見えました。
e0034313_8265216.jpg
e0034313_827485.jpg

           残念ながら島の郵便局はもう閉まっていました。
e0034313_828151.jpg

           登っていくと目の前を小鳥が・・・・ベニマシコのようでしたが・・・・
e0034313_828471.jpg
e0034313_8285926.jpg

e0034313_831463.jpg

            ホシムクドリのように見えたが・・・・
e0034313_8313924.jpg
e0034313_8314827.jpg
e0034313_8315630.jpg
e0034313_8322127.jpg

        モン・トンブと呼ばれ、ケルト人の信仰の場であった。
        708年、礼拝堂ができ、その後、13世紀までに今のような形に・・・
        フランス革命後は一時、牢獄になったが、ナポレオン三世に寄り再び修道院に
        1979年に世界遺産に登録。
        長年の夢であったこの旅、ヨーロッパの不安定であきらめかけていたが、どうしても・・と一人でのツアー参加申し込みでした。
by kimiko_shibata1 | 2015-12-01 08:38 | | Comments(24)