05.09.04  那須

☆☆☆ 朝日岳の竜胆  ☆☆☆

e0034313_17211310.jpg
竜胆の季節、台風の雨雲のご機嫌を伺いながら那須を山歩。
例年より、開花が遅れていた。猛暑の影響か。
御山竜胆(オヤマリンドウ)、蝦夷竜胆(エゾリンドウ)は美しい。
下界の暑さを忘れるひととき。
風がガスを飛ばすとうっすらと茶臼岳や登山道が見える。
e0034313_19272836.jpg

                            幸運にもアサギマダラに出会えた。
# by kimiko_shibata1 | 2005-09-07 17:23 | 山歩き | Comments(1)

05.08.14 日光太郎山Part2

☆☆☆ 標高2368m 静かな山 ☆☆☆

e0034313_18543297.jpg
裏男体林道(通称志津林道)をすすみ、
湯殿沢橋から太郎山へ入り、まもなく堰堤に出る。
そこが、新薙コースの入り口である。
はじめは足元も見えず笹の中を泳ぐように進む。

e0034313_18564470.jpg
しばらく登ると左手に崩落箇所が現れる。
ここの紅葉は美しい。

e0034313_1912478.jpg

溝状の悪路をひたすら登る。
石楠花が多く、花の季節には見事である。
自然の造る風景は素晴らしく,しばし休憩。



e0034313_19133949.jpg
林の中には妖精のような銀竜草
大岩を右に巻き、ガレ場を二度トラバースすると
新薙ぎの頭に到達する。
わずかに下ると旧噴火口のお花畑である。

e0034313_18472855.jpg

                       ~ お花畑(旧噴火口) ~

ここから15分ほど登ると太郎山の山頂だ。
登山口より2時間45分(含む休憩)
庭園風景あり、お花畑あり・・・そして 山頂からの展望よし・・・
何度登ってもいい山だ。

太郎山は宇都宮市内からは男体山、大真名子山に隠れて見えない。
鬼怒川の東、もしくは壬生町へ入ると見えてくる。
大好きな太郎山を見られる場所を探すのも私の楽しみだ。
# by kimiko_shibata1 | 2005-09-02 19:28 | 山歩き | Comments(0)

05.08.14 日光太郎山

☆☆☆ 雨上がりの太郎山へ ☆☆☆
e0034313_1339137.jpg

                         ~小太郎山から太郎山を~

大好きな太郎山へ新薙コースから。
雨上がりで展望も無く、ただただ蒸し暑いハードな登山でしたが、
花もいろいろあり、人もおらず 静かな良い山行でした。
花のないお花畑といわれる旧火口にもお花たちが揺れていました。
小太郎山頂で早めのランチと、粘ってみましたら
男体山山頂、戦場ヶ原、中禅寺湖、黒檜岳、そして太郎山山頂も。
静かな時が私を癒してくれ、大きな蝶が元気をくれました。

穂躑躅(ホツツジ) 米躑躅(コメツツジ) 御山竜胆(オヤマリンドウ) 
当薬竜胆(トウヤクリンドウ) 銀竜草(ギンリョウソウ) 鬼下野(オニシモツケ)
御前橘(ゴゼンタチバナ) 梅笠草(ウメガサソウ)
梅鉢草(ウメバチソウ) 粘り芒蘭(ネバリノギラン) 大文字草(ダイモンジソウ)
高嶺苦菜(タカネニガナ) 白山風露(ハクサンフウロ) 巴塩釜(トモエシオガマ)
一薬草(イチヤクソウ)黒雲草(クロクモソウ) 白山女郎花(ハクサンオミナエシ) 
白根人参(シラネニンジン) 岩弟切(イワオトギリソウ) 金黄花(キンコウカ)
深山沙参(ミヤマシャシン) 深山小米草(ミヤマコゴメグサ)
        ・・・・・など充分楽しめました。ヒカリゴケも発見。

たっぷりと楽しんで慎重に下山。(山王帽子山からの登山道が安全です。)

ちょっとわがままですが、せっかくの山頂、タバコの煙を吸いたくはありませんでした。
愛煙家の方には一服が何よりでしょうけれど、上手にすみ分けしていただけたら
うれしいな~ぁと思いました。
e0034313_13482373.jpg
# by kimiko_shibata1 | 2005-08-30 13:49 | 山歩き | Comments(1)