タグ:栃木 ( 61 ) タグの人気記事

一富士、一白鳥・・・・・

         多々良沼散歩の予定でしたが、いろいろあって小山市の大沼散歩となりました。
         周囲2kmの程よい散歩でした。
e0034313_14542979.jpg

             富士山が大きく見えたのですが・・・・写真では何とも・・・・
             一段と真っ白ですね。富士山が見えると幸せな気分♪
e0034313_14555095.jpg
e0034313_14561071.jpg
e0034313_14562080.jpg
e0034313_14563860.jpg
e0034313_14565078.jpg

            どうやら羽根が生え変わりつつあるようです。
            ポツンと一羽・・・・父さんと母さんと年末まで一緒だったのに両親が二人でどこかへ行ってしまったそうです。
            大丈夫かしら?と心配しておりましたら給餌の人が来たら、カモを押しのけて餌を食べていました。
            一人では可愛そうですが、何んとか生きていけそうです。
by kimiko_shibata1 | 2015-01-02 14:59 | 散歩 | Comments(26)

里の秋

       伊藤若冲《菜蟲譜》が帰ってきました!!!
       ・・・という事で、早速、葛生町(現・佐野市)へ沿線の紅葉をめでつつ行ってきました。
       江戸時代の巻物、痛みがひどく、修理に入ったのが2年前、・・・
       年齢を強調するわけではないのですが、こうした時、「もう見られないかも?」と思ってしまいます。
       絵巻は見事に修復され、私はまだ自分で運転して見に行けました!!
e0034313_71812.jpg

       葛生町の風景です。
       佐野市吉澤記念美術館にて「おかえりなさい、伊藤若冲《菜蟲譜》光学調査・修理完了披露展」が開催されています。
e0034313_724352.jpg

e0034313_73632.jpg

       2年間をかけて修復されて戻ってきて、現在、公開されています。
       光学的調査や化学的調査も素晴らしいですが、
       なんといっても若冲の絵のすばらしさ、また見ることができて本当にうれしいです。
       この作品が佐野市にあることに感謝です。
       以前は模写のイベントに参加して、ブドウやカエルを描かせていただきました。
       ブドウの葉の輪郭などもはっきりしてすっきりを輝いていました。
       先々代でしょうか?吉澤晃南氏が購入し、葛生町に寄贈されました。おかげさまでこうして楽しめます。
e0034313_77287.jpg



        会期は12月14日まで(11月22日より会期後半)是非、お出かけください!
        都会の美術展と違って、静かにじっくりと楽しめます。周りの紅葉もいい頃です。
e0034313_784610.jpg

          時間のない中、若冲を追いかけて静岡、大阪、京都と尋ねた日々も思い起こされて、秋のいい一日でした。
by kimiko_shibata1 | 2014-11-19 07:09 | | Comments(12)

ふるさとの山々

  昨夜は171年ぶりの「後の13夜」北関東では神々しい月が見られました。
  薄い雲がありましたが、なんとか・・・追加いたします。ご覧になれなかった南関東の方、素人写真ですが、お楽しみください。
e0034313_629285.jpg
     
だれしも故郷の風景が心の中にあるでしょうね。
       思い出す中には、懐かしい人の面影や後姿だったりもします。
       この二枚は私の故郷・・・どちらもお気に入りのものです。
       生まれて大きくなるのを見ていてくれた日光連山、そして、また今、この風景とともに暮らしています。
e0034313_7282548.jpg
e0034313_7283739.jpg

       そして、こちらは激動の15年、子育ての時代に住んだ赤城山の風景
       昨日、行ってみましたら紅葉が裾野へ広がっていました。
       空っ風の季節ももうすぐ・・・ひどい風ですが、それも含めて懐かしい!
e0034313_7352295.jpg

e0034313_733464.jpg

           おなじみのシジュウカラ・・なにかご馳走がありそうですね。
           また、山を歩きたくなりました。
by kimiko_shibata1 | 2014-11-05 07:34 | | Comments(20)

あついですね~

          言っても仕方なし・・・ですが、暑いですね~
          sakuraもバテバテで食欲なし・・・・かといって冷房は好きではないらしく・・・
          冷たい廊下にながながと寝そべっています。
          暑さに強そうな花を選んでみました。
e0034313_2143164.jpg

             センノウゲ 
e0034313_21441688.jpg

             ヒオウギ こちらの三姉妹も元気そう・・・
e0034313_2145102.jpg

             ムラサキバレンギク 
e0034313_2146216.jpg

              オオハンゴンソウではなくて珍しい花と聞いてきましたが、・・・
              名前が不明です。数が少なくなった…という事ですが・・・
e0034313_21485968.jpg

             ヒメヒオウギズイセン 
e0034313_21502598.jpg

              何やら獲物を確保した蟷螂君、「なに見てるんだい」と睨まれてしまいました。
by kimiko_shibata1 | 2014-07-26 05:38 | 散歩 | Comments(22)

草原

        草原とは少々違うのですが、谷地の中央にたつねむの木、樹形の良さにひかれます。
        木陰のない炎天下の撮影になってしまいましたが、蝶の動きに釘付けでした。
        風が通れば涼しいのですが・・・・・・
e0034313_613181.jpg
e0034313_613387.jpg
e0034313_614281.jpg
e0034313_6142260.jpg
e0034313_6143922.jpg

e0034313_6174767.jpg

           蝶はキアゲハ、花はハナトラノオ:Physostegia virginiana
         夢中でした。おなかに卵を抱えているよう・・・
         暑さに負けないその姿勢に感動・・・
by kimiko_shibata1 | 2014-07-24 06:29 | 散歩 | Comments(20)

アマサギ

            この時期、珍しい夏鳥や旅鳥が見られることもあり、用事で外出の際は少し遠回りをします。
            一昨日も栃木県では準絶滅危惧種に指定されているアマサギの一団に会えました。
            雨ではありましたが、記念撮影ができてうれしい時間でした。
e0034313_2010690.jpg

e0034313_20102790.jpg
e0034313_20104312.jpg

           アマサギ Bubulcus ibis コウノトリ目サギ科アマサギ属 
               夏季に繁殖のため飛来し(夏鳥)、九州以南では越冬もする(留鳥)
              夏羽がきれいでした。
e0034313_2012115.jpg
e0034313_20123631.jpg
e0034313_20125498.jpg

              夏毛がなんとも美しい色です。雨の日もうろついてみるものです。
              しかし、よる年波のせいか、午後から急な発熱で土日を寝て過ごしました。
              喉の痛みもなく、突然という事が、やはり加齢を思います。
              皆様もお大事にお過ごしください。
by kimiko_shibata1 | 2014-06-09 05:05 | 散歩 | Comments(28)

今年は会えたオキナグサ

           ここ数年、この花がある山へは行けず、
           「イーハトーブガーデン、nenemu8921 さま」に教えていただいた所へも行けないな~とおもっていましたが、
           ひょんな事から出会いがありました。
           まったくの野生、・・・少々盗掘を心配してしまいます。
           だれもいない所でゆっくりとご対面でした。
e0034313_1850957.jpg

e0034313_18502047.jpg
e0034313_18503642.jpg
e0034313_18504450.jpg

                 オキナグサ 翁草 キンポウゲ科
                    絶滅危惧種、また、毒草でもあります。
e0034313_1851543.jpg

                名前のごとく、翁になりかけた株も・・・・
e0034313_18522644.jpg

                 空からはヒュルヒュルとトビのカップル、・・・遠くからはウグイスのさえずり・・・
                 のどかな日でした。
by kimiko_shibata1 | 2014-04-10 18:54 | 山歩き | Comments(31)

小鳥たち

            あっという間に一月も半ばとなりました。暦通り、寒い日々が続きますね。
            関東平野は雪にもならずに済んでいます。
            今月3日の井頭公園(真岡市)から・・・
            林間の小鳥たちを・・・・・
e0034313_22195475.jpg

                 なかなかジョウビタキにあいませんでした。ようやく・・・・
e0034313_22265077.jpg

e0034313_2227893.jpg

                 アトリ
e0034313_22275678.jpg

                 アオジ・・・・・マヒワではないと思うのですが、ずっと鳥とご無沙汰でしたからどこか不安がよぎります。
ビンズイでした。ほっぺの白い斑が気になっていたのですが、思い出さないで・・・・
                           hemi-kameさま、ありがとうございます。また、一から覚えなおさないと・・・・
e0034313_22283860.jpg

                 シロハラ
e0034313_22292077.jpg

                 カワラヒワ
e0034313_22295571.jpg

                  日光連山が美しく輝いていました。特に男体山の左隣りに白根山のドームが真っ白に・・・・
                  いつも雪雲の中で、なかなか見られない山です。
                  
by kimiko_shibata1 | 2014-01-13 05:16 | 散歩 | Comments(25)

秋の七草・フジバカマ 

             全国的にきれいなお月見ができて誰しも少しほのぼのとした夜を過ごしました。
             そのあとの夜中の地震は、また不安な現実に引き戻されたものです。
             さて、秋の七草のひとつフジバカマは開花にほんの少し早かったです。
             今日あたりはかわいい花を2~3見せているのではないでしょうか?
             地味な花ではありますが、日本の秋を彩るいい花です。
e0034313_2293883.jpg

                 フジバカマ 藤袴 Eupatorium japonicum キク科ヒヨドリバナ属
                       万葉の頃から日本人に親しまれてきましたが、近年は環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されている。
                       園芸種は多いが、少し本家とは違うとのことです。
                       蝶が好む花でアサギマダラなども来てくれる楽しみな花です。

アサギマダラには会えませんでしたが、いろんな蝶たちが元気に飛び交う昨今です。
e0034313_2214439.jpg
e0034313_22142720.jpg
e0034313_22143779.jpg
e0034313_22145211.jpg
e0034313_2215544.jpg


               お彼岸です。当方の心持しだいですが、やはり墓参りを済ませるとどこかストンと心が落ち着いてくれる。
by kimiko_shibata1 | 2013-09-21 05:04 | 散歩 | Comments(20)

秋の七草・オミナエシ

           敬老の日、台風に明け暮れた一日でした。でも夫が在宅で安心でき、停電もなく、被害もなく、こうしてブログ更新・・・
           ありがたいことです。
           大小にかかわらず被害のある地方のみなさまにお見舞い申し上げます。
           特に東日本大震災の被災地が、また被害を受けて・・・本当にどう申し上げたらよいか言葉が見つかりません。

            秋の七草、山上憶良が詠んだ
              「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花」
              「萩の花雄花葛花撫子の花女郎花また藤袴朝貌の花」
                               この歌が秋の七草の由来と考えられています。

           そんな中から今日はオミナエシをピックアップしてみました。
           若いころは「女郎花」の字面になんとなく気持ちが離れていましたが、花のかわいさを知ってからは好きな花です。
e0034313_6323248.jpg

                ちょうどミソハギとの競演です。さあ、近づいてみましょう!
e0034313_6334568.jpg

                オミナエシの花畑にうずもれてしまいます。
e0034313_6342651.jpg

                オミナエシ 女郎花 Patrinia scabiosifolia  虫たちに大人気!
e0034313_636462.jpg

                オミナエシにヒョウモンチョウ・・・・

More オトコエシにヒョウモンチョウ
by kimiko_shibata1 | 2013-09-17 06:47 | 散歩 | Comments(20)