タグ:栃木 ( 59 ) タグの人気記事

ユリの花

               ちょうどこの日に合わせたかのように庭のユリが咲きました。
               いろいろと思う日々・・・
               仕事、来客・・・・いろいろと忙しい一日になるでしょう。今は嵐の前の静けさ・・・?(微笑)
e0034313_7284987.jpg


具合の悪かったパソコン、調子が戻ったかのよう・・・・・
hem-kameさまのアドバイスはアイスノンで冷やす・・・でした。確かに効果あり!皆様もお試しを・・・・
               
by kimiko_shibata1 | 2013-08-15 07:31 |

栃木市大平町白戸家戸長屋敷

              キツネノカミソリを観る前にかねてから気になっていた戸長屋敷に寄ってみました。
              戸長屋敷の名称は廃藩置県後に制定された大区・小区制の小区の長を戸長といい、白石家がその任にあったということです。
              江戸時代に大庄屋を務めていた旧白石家の屋敷で、約2000坪の敷地内には、
              江戸時代中期に建てられた萱葺きの母屋を中心に、周囲には6棟の蔵と離れ座敷、長屋門が配置されています。
              昭和40年代まで住居として利用されていた。現在はおおひら歴史民俗資料館との複合施設になっています。
              東北の曲がり家のように建物内(右手)に馬屋が作られて構造です。
e0034313_19464877.jpg
e0034313_19465839.jpg
e0034313_1947949.jpg
e0034313_19472164.jpg
e0034313_19473295.jpg
e0034313_19474138.jpg
e0034313_1948043.jpg


最近放映されたTVドラマ「謎解きはディナーの後で」はここでロケをしたそうです。どなたかご覧になられましたか?
e0034313_19503416.jpg

近隣の大平局の風景印は、「戸長屋敷、ぶどう」でした。資料館の方は風景印をご存じなくて説明を致しましたら喜んで下さいました。
e0034313_1951367.jpg

        赤丸ポストも健在でした。風景に似合っています。
        併設の郷土資料館には、全国でも珍しい大きな木棺があり、充実した内容でした。昔から東山道で栄えた所なのでしょう。
        楽しくいい汗をながした一日です。
[おしらせ] この所、パソコンの調子が悪いです。連日の暑さにストライキを起こしたのかもしれません。更新が途切れてもご心配なく・・・・
        先ほども更新したのが消えてしまいました。タスクバーも消えてしまって・・・・
by kimiko_shibata1 | 2013-08-12 19:55 | 散歩 | Comments(20)

カタクリ山(1)

           今年は国道294号線の桜を中心としてお花見をしました。
           宇都宮からこの294号線へ入るには、国道293号線を北上します。
           293号線は、茨城県日立市から栃木県足利市に至る一般国道でして、足利辺りでは通勤道路として親しんだ国道なのです。
           古賀志山の裾野を抜け、徳次郎(あえて、とくじらと読みます)、氏家、喜連川、那珂川町と続き、294号線と交差します。
           その那珂川町(旧・小川町)にカタクリ山と呼ばれる全山カタクリ・・といっても過言でない山があります。
           少しピークは過ぎたようでしたが、まだまだ咲いておりました。
e0034313_20214650.jpg
e0034313_2022046.jpg
e0034313_20222110.jpg
e0034313_20223354.jpg
e0034313_2023265.jpg
e0034313_20231375.jpg

                   幸運にも白花を一本見つけました。距離があったのですが、なんとか・・・・・
                   上はK-5、下はPowerShotSX50  こうした場面ではSX50の威力発揮でした。
e0034313_2024852.jpg
e0034313_20241896.jpg

                    山頂では枝垂れ桜が待っていてくれました。
                    山と言っても丘のような所、撮影をしながら楽しめる山歩きです。
                    今日はカタクリを中心に・・・・春の花たちもたくさん咲きだしておりました。
by kimiko_shibata1 | 2013-04-15 05:11 | 山歩き | Comments(34)

国道294号桜めぐり(3)

          黒羽城址の桜を楽しんだ後、ちょっと寄り道をしながら県北の道の駅「伊王野」を目指しました。
          桜はちょうど良い時期で、山村の風景がきれいな街道です。
          
e0034313_1920877.jpg

               この道の駅は「伊王野そば」で有名です。行かれましたら是非・・・・・
e0034313_19214237.jpg

               伊王野からまた北上しますと「芦野」という集落があります。ここは「遊行桜」で有名な所、桜もきれいに開花し始めています。
e0034313_19235356.jpg
e0034313_19241038.jpg

                以前にここまで桜を見に来たことがありましたが、その時は硬い蕾でした。ようやくここの桜花を見られました。
           「道のべに清水流るゝ柳かげしばしとてこそ立ちどまりつれ」 西行
                この柳を西行がこのように詠み、その後、謡曲「遊行柳」が創作されました。
                これにより芦野の柳は「遊行柳」として広く世に知られるところとなり、歌枕の地となりました。
                芭蕉は、西行ゆかりの遊行柳に心を寄せ、1689年4月19日、殺生石を見物したあと遊行柳に立ち寄り、
           「田一枚植えて立ち去る柳かな」  芭蕉  と詠みました。
           「柳散清水涸石処々(柳散り清水かれ石ところどころ)」  と蕪村も詠んでいます。      
e0034313_1926662.jpg

               ここは那須湯泉神社(上の宮)です。
e0034313_1936486.jpg

               風が冷たく、北の空が暗くなってきました。荒れ模様の空・・・・
               国道294号線の桜巡りも本日はここまで、…来た道を折り返しました。
e0034313_19391617.jpg

               頃合いの桜、葉が出てきた桜、散りつつある桜・・・・多くを堪能した一日でした。(この日光連山は往路時に撮影)
         
by kimiko_shibata1 | 2013-04-13 05:16 | 桜散歩 | Comments(27)

国道294号桜めぐり(2)

           旧湯津上村を北上し、やはり大田原市に編入した旧・黒羽町にでます。
           黒羽城址公園、大雄寺、雲厳寺などの史跡があり、芭蕉が奥の細道行脚のおり、14日間も逗留したところです。
           本日は黒羽城址公園、芭蕉公園からの風景をお届けします。
e0034313_18522493.jpg

           黒羽城跡、・・・黒羽城は1576年築城、那珂川の地形を利用した大関氏の城でした。
e0034313_18523075.jpg

               こちらは那須連山です。久々に眺めました。まだ雪の山です。先日も遭難騒動がありました。気を付けましょう。
e0034313_18534928.jpg

               こちらは日光連山、左が男体山です。いつも当ブログで掲載する日光連山とは山容が違います。
e0034313_18593575.jpg

               一昨年の地震で一部崩れたところもありましたが、整備がされて桜がちょうど良い時です。
               日光連山、高原山、塩原山塊、那須連山と見事なパノラマ山岳風景がご馳走でした。
e0034313_1923686.jpg

               この城跡は芭蕉公園に続いており、芭蕉が北千住で詠んだ句碑がありました。ちょうどこの季節にあっています。
e0034313_1964926.jpg

               シロハラもお花見を楽しんでいます。
e0034313_191574.jpg

e0034313_1974644.jpg

               テングチョウも現れ、まさに春爛漫の黒羽町でした。

                  
by kimiko_shibata1 | 2013-04-11 05:41 | 桜散歩 | Comments(26)

国道294号桜めぐり(1)

          なかなか行けなかった栃木県北東部の桜を見てきました。
          現在は国道294号線となっていますが、昔はみちのくへ続く東山道として白河の関所に向かう道です。
          西行や芭蕉、空良が歩いた道です。那珂川沿いの趣のある風景が続き、所々に名前の付いた美しい桜があります。
          今回は箒川を渡った現在の大田原市佐良土から北をご紹介します。
          かつての湯津上村、日本三古碑の一つである国宝「那須国造碑」が祀られ、上侍塚と下侍塚など古墳が残る古代のロマンを感じさせる地域です。
e0034313_2010929.jpg

           下侍塚古墳  関東地方にお住いの方は、NHKニュースで、ここの「こもまき」「啓蟄のこもはずし」をご覧になられているかもしれません。
               この古墳は5世紀初めのもので、江戸時代に水戸光圀の命により調査が行われ、その後、埋め戻され、
               崩落を防ぐため松を植えるなど保存整備がなされました。
               「花と樹と風の中Ⅱ」様のブログには桜の樹が植えられた「さきたま古墳公園」が紹介されていましたね。
e0034313_20171585.jpg

            続く桜は法輪寺から・・・・法輪寺は860年慈覚大師円仁開山。鳥居があるお寺で奉納されている天狗面は日本一だそう・・・・
e0034313_20182582.jpg
e0034313_2018457.jpg
e0034313_2019895.jpg
e0034313_20192654.jpg
e0034313_20192886.jpg

             静かなこの寺の中心には、有名な「西行桜」があります。
             西行は1144年、1186年と二度、みちのくへ旅をしております。その際、この桜をみて
               「盛りにはなどか若葉は今とても心ひかるる糸桜かな」と詠みました。どちらの旅だったかは不明です。
                  美しく生きることを信条として、桜の歌も多く、1190年陰暦2月16日、釈迦涅槃の日に亡くなりました。73歳。

       今年は思いのほか桜の開花が早く、この西行桜も10日早い満開でした。
       私が訪れた日は、すでに散り始めていて、強い風が吹くと桜吹雪になりました。
       深い苔の絨毯に花びらが舞っており、幻想的な風景でした。
             
             
by kimiko_shibata1 | 2013-04-09 04:42 | 桜散歩 | Comments(30)

天平の丘公園

            下野国分尼寺の隣りには、天平の丘公園があります。
            そこでもいろんな桜が咲き始めており、小鳥たちも花見?を楽しんでいるかのよう・・・・
            武蔵小金井の後で少し疲れていましたが、ひと回りしてきました。
            万葉植物園付近も以前よりは整備されたようで、楽しめました。
e0034313_17265142.jpg

               滝桜 このように紹介されています。三春の滝桜の子孫でしょうか?まだ若い木でした。
e0034313_17275795.jpg

e0034313_1730485.jpg

               枝垂れ桜 西行桜と・・・西行がめでて歌を残した県北部の「西行桜」の子孫か・・・見事な桜でした。
e0034313_17311725.jpg

               スズメも桜を楽しんでいます。
e0034313_17314914.jpg

                安行寒桜  こちらは少しあでやかな桜・・・
e0034313_17342826.jpg

                 江戸彼岸 Cerasus spachiana Lavalee ex H.Otto var. spachiana forma ascendens (Makino) H.Ohba
                     神代桜、淡墨桜、石割桜・・・など各地で有名な長寿の桜はこの種です。日本種。
                     ソメイヨシノの片方の親、オオシマザクラ江戸彼岸からソメイヨシノが作られました。
                     やはりこの野生種には魅かれます。
e0034313_17431411.jpg

                     桜の仲間であるスモモも満開! 中国原産で日本では奈良時代以前から栽培。
                         これが北米にわたって品種改良されて戻ってきたのが、ソルダムなどである。

             こうして並べるとまさに春ですね~・・・昨日は雨も遠慮して降らずに過ぎました。
by kimiko_shibata1 | 2013-03-25 05:23 | 桜散歩 | Comments(32)

下野国分尼寺跡の淡墨桜

           3月17日に第一報をお送りしました淡墨桜です。まだ蕾がほんのわずか割れただけでしたのに
           3月22日には満開となってしまいました。地元紙に載ったとの情報で、それっとばかりに駆け付けました。
           ちょうどいい具合に咲いており、人出もまだまばら・・・いい時に行けました。
e0034313_21124684.jpg

e0034313_21132244.jpg

e0034313_21135970.jpg
e0034313_21141912.jpg
e0034313_21142847.jpg

            淡墨桜  淡墨公園(旧根尾村)にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラの一種を淡墨桜という。
                   そこから実生の苗をいただきここにこのように定着しました。
                   群馬から栃木に越して、1997年から毎年母と見てきた桜ですので私としても愛着のある桜です。
                   こんなにちょうどいい時期に見られて幸せです。

           
by kimiko_shibata1 | 2013-03-24 04:59 | 桜散歩 | Comments(28)

身近な風景

          皆様の2013年の幕開けはいかがでしたでしょう?
          風が多少(箱根は強風でしたが)ありましたが、穏やかに静かにスタートしました。
          今、BSプレミアムで「エルミタージュの猫たち」という番組を放映したいます。
          「人は猫たちに感謝すべき…」と書かれ、猫の記念日があるそうです。
          エルミタージュ美術館には多くの猫がいるそうです。

          さて、我が家の「さくら」と息子の猫「もも」が私たちに楽しい時間を作ってくれます。
          さくらのテリトリーに来たももはちょっとご機嫌なななめなんですが、以前よりは慣れて
          「しかたがないな~」と我慢していてくれます。
e0034313_75885.jpg

e0034313_842657.jpg

              終い天神へ詣でた友人から「大福梅」をいただきました。
              新年を寿ぎ、これをいただき、健康を祈りました。
e0034313_88026.jpg

              雀の宮神社への参拝を・・・・・
              日光連山、裾野まで雪が広がりました。やはり気持ちのよい風景です。
e0034313_895459.jpg

              ヒヨちゃんもお正月らしい輝く顔つきです。
e0034313_894987.jpg

              葉ボタンにはキラキラ、氷のダイヤモンド・・・・
e0034313_8101346.jpg

              何やら美味しい餌を獲得したツグミを二羽のムクドリが追いかけてきました。
              柿の実でしょうか?
e0034313_813915.jpg

              今朝もシモバシラの華が咲きました。以前に比べると繊細なようです。
              でも、これほどまでに何度もできるとは驚きです。
          
by kimiko_shibata1 | 2013-01-03 08:14 | 散歩 | Comments(20)

小晦日こつごもり

           今日、12月30日は小晦日、12月31日は大晦日(おおつごもり)ですね。
           今では大晦日(おおみそか)と言う方が一般的ですが・・・・・つもごりは「月が隠れる、月籠りのこと」。
           29日は「苦」を思わせるので、大掃除は28日までに済ませて、正月の準備を。
           明日は大晦日、今日は少しゆっくりと過ごします。明日になっては一夜飾りになりますので鏡餅やしめ縄を飾ります。
           今年も拙ブログにお付き合いくださいましてありがとうございます。
           少しでも進歩していたらいいのですが・・・・・

e0034313_13253888.jpg

               ここにきてようやくコゲラの姿を捉えることができました。残念ながら赤いポッチは見えません。
e0034313_1327302.jpg
e0034313_1328848.jpg

               黄昏時の大谷川にかかる神橋
e0034313_1327571.jpg

               年末、夕方の男体山、神橋風景です。人も去り、杉の森は静かに眠りに着きます。

空海が書いたといわれる「二荒山碑」には
       「われわれをとりまく自然の環境は、人間の心しだいで変化して映る。心が汚れていれば環境も汚れて映るものである。
        また、逆に、人間の心は自然の環境しだいで変質して映るものである。
        環境が静かで清らかであれば、心もこれにしたがってほがらかできよらかになろう。
        つまり、心と環境とは、われわれの目には映らないが、一致しているものである」   と書かれています。

    人が汚してしまった環境にある現在ですが、自然とのふれあい、その風景を通しての人との素敵な交流が続くことを願って
    私も心を静かに清らかに保って2013年を過ごそうと思います。 来年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。
by kimiko_shibata1 | 2012-12-30 05:16 | ご挨拶 | Comments(36)