タグ:福島県 ( 8 ) タグの人気記事

兄妹会 in IWAKI

ようやくソメイヨシノもほころんできました。
東京の標本木の満開が早かったため、誤解が生じていますが、開花の遅い年ですね。
アメリカ在住の妹一家が久々に帰省しましたので、兄弟たちが子供家族を連れて平(たいら)に集合しました。
e0034313_07450595.jpg
東北大地震で夫の同級生が津波にさらわれてお亡くなりになりました。
消防団員で残されたみなさまの避難にあたっていて・・・
長い間、奥様の元に帰れませんでしたが、昨年、ようやく戻られたそうです。
奥様が語り継ぎのボランティアをなさっていらしたので案内していただきました。
ポツンと御堂が残ったそうです。
この辺りは植樹が進み、グリーンベルトになります。
本来なら宗教色のあるものは駄目なのですが、長い間の守り神、これだけは残すことになりました。
e0034313_07453334.jpg
それぞれの思いで祈りました。
e0034313_07443902.jpg
水準点が残っていました。
少しずつ新しい家が建ち始めています。
e0034313_07445283.jpg
昔、子供たちとあるいた薄磯海岸、シュウリガイなども捕った記憶もあります。
崖は無残にえぐられています。
e0034313_07442268.jpg
問題は複雑ですが、よつくら港には道の駅もできて明るい兆しも見え始めました。
e0034313_07590239.jpg
アメリカの姪たちとお話を聞く機会を持てて良かったです。
自然の力は人事の及ばない所ですが、それだからこそ人のなすべきことがあると思います。
その後は両親の眠るシオンの丘、祖父母の眠るお寺さん、そして、所属教会へ・・・
素晴らしい時間でした。



More 日本経緯度原点
by kimiko_shibata1 | 2017-04-05 08:04 | Comments(6)

東北の桜

         ちょっと用事もあり、ぐるっと回ってきました。
         桜狂人はこの季節、おとなしくしていられず・・・・・
         大河原のひと目千本桜は大賑わいでした!
         満開、日曜日、好天と三拍子そろいでしたから・・・・・
         桜の下では、みんな笑顔で楽しそう!
         生憎、蔵王は春霞の中・・・
         とってもラッキーなことに渋滞もなく、スムーズに駐車できましたが、大変な人込みで駅も溢れる人・人・人・・・・
e0034313_7575466.jpg
e0034313_7581196.jpg
e0034313_7583573.jpg

        一目50本ぐらい見物して、先の予定に・・・・
e0034313_7592362.jpg

e0034313_7594614.jpg

e0034313_802452.jpg


    ここからは3月11日に開通した常磐道や海岸の風景です。moreにしますと記録として残らないのでそのまま掲載します。ご覧になりたくない方はここまでで。
e0034313_823487.jpg
e0034313_82481.jpg

      穏やかな海なのに・・・・
e0034313_833381.jpg

e0034313_83563.jpg

      被災地、特に帰宅困難地区の家々は荒れ果て、窓は割られて・・・桜は寂しそうに・・・
e0034313_851268.jpg

      除染のための廃土、・・・あちこちにいっぱい!
      シーベルトの値は真実か?この先の展望は?故郷がこんなになった方々へ「ごみはそちらで処分して」なんて言えますか?
      もっともっと忘れないで何かしないといけません。・・・といえどんなことができるのか?
      自分を含めて、どんどん距離が開いていくのを感じました。

参考までに、こちらが米海軍が強く主張した200マイル圏内の米国人全員退避の範囲です。
「目くそ、鼻くそを笑う」現在の処分場反対運動はもっと建設的な行動に変えないといけませんね。
e0034313_8174164.jpg

by kimiko_shibata1 | 2015-04-14 08:11 | | Comments(18)

尾瀬便り(4)

前回の尾瀬便り(3)の昆虫の名前が判明しました。ブログ友「花と葉っぱ」さまが教えてくださって。関心のある方は覗いてみてください。            
            
             今回の山行の一番の目的はサワギキョウの群生地、でした。
             尾瀬ヶ原、見本園にも群生した所がありますが、尾瀬沼のものが一番かと思います。
             「浅湖(あさみ)湿原」、燧ケ岳の裾野にあります。大きな群生地、今年の咲き具合を思いながら少し歩きます。
e0034313_7121536.jpg
e0034313_7124545.jpg

                どうやら先客がいるようです。
e0034313_7132618.jpg

                アオサギです。以前は鳥に注目していなくて尾瀬でアオサギを見た記憶がありません。どうやら美味しい餌を見つけたようです。
e0034313_7143353.jpg

                私たちがランチを取ったのが、対岸です。
e0034313_7151241.jpg
e0034313_7152549.jpg

                ちょうどいい時期だったようです。素晴らしいサワギキョウの群生地でした。
                これ以上近づくことができす、×50倍でもこれが精一杯!肉眼、双眼鏡にはかないません。
                涼しさを感じる風に吹かれながらこの花を見ると「尾瀬の小さな秋」を感じます。
e0034313_7263439.jpg

                         サワギキョウ 沢桔梗  Lobelia sessilifolia  キキョウ科ミゾカクシ属
                                  トリカブトとともに秋の尾瀬の花、どちらも有毒植物、妖しい美しさがあります。毒で自身を守っているのでしょう。
e0034313_7295820.jpg

                群生地が今まで以上に素晴らしい花を見せてくれたことに安心し、帰路につきました。
                三本落葉松を見下ろすこの風景も好きな一つです。ちょうどいい具合に山ガールたちが・・・
by kimiko_shibata1 | 2013-08-24 07:32 | 山歩き | Comments(22)

尾瀬便り(3)

                 関東でも、栃木県北でも降っているのになかなか雨の降らない宇都宮でしたが、昨夜はたっぷりと降ってくれました。
              なかなか平均的には降らない昨今、尾瀬にも恵みの雨が降ったことと思います。
e0034313_6314084.jpg

                        なんといっても尾瀬沼と燧ケ岳がメインです。風がなければきれいな影燧が見られるところですが・・・・
                        多くの登山者が山頂に立っていました。
                        この風景がご馳走ですが、朝が早かったので午前9時ですが、ここでランチです。スペシャルランチです!
e0034313_6353057.jpg

                        こちらは尾瀬ヶ原に続く沼尻方面です。何度も通った白砂乗越・・・いつか、また歩きたいな~
e0034313_6364311.jpg
e0034313_637487.jpg
e0034313_6373514.jpg

アカハナカミキリ
e0034313_6375735.jpg
e0034313_6391459.jpg

             ブチヒゲハナカミキリ  ブログ友「花と葉っぱ」さんが教えてくださいました。感謝!
                         仲良しの虫たちのお邪魔にならないように・・・・
                            上の昆虫と同じかと思いましたが、どこか微妙に違います。どちらも何という昆虫か・・・・
                               上はアカハナカミキリかと思いますが?この数日、一応探してみたのですが、不明です。ご存じの方どうぞご教授下さい。

少し涼しい時間帯があって、気がつくと暑くなっていて・・・どうも体温調節が難しく、鬼のかく乱!どうぞ皆様もお大事に・・・・
今日はドッビシーの生誕151年なんですね。ますます内にこもってしまいますが、静かに音楽を聴いて過ごします。
by kimiko_shibata1 | 2013-08-22 06:47 | 山歩き | Comments(22)

尾瀬便り(2)

            今回は花を中心に尾瀬の風をお届けします。
            小さな花も大きな花もそれぞれに今生きていることを謳歌しているようです。
            精一杯咲いて、次世代にバトンタッチ・・・黙々とその繰り返しを・・・・・
e0034313_6475885.jpg

               沼山峠から尾瀬沼へ向う所です。キスゲの季節は木道が人でいっぱいですが・・・・・
e0034313_6491050.jpg

                 ツリガネニンジン 釣鐘人参 Adenophora triphylla var. japonica
                       登山道、峠から下りてくるところ、カーブを曲がった先にいつも咲きます。
                       期待して、そして、見つけたときはうれしいものです。日常のことはすぐに忘れてしまいますが、山のことは覚えていますね。(笑)
e0034313_6515144.jpg

                 イワショウブ 岩菖蒲 Tofieldia glutinosa subsp. japonica 大山以西の日本海側の植物です。
                     ピンクの小さな粒粒のかたまりが咲くとこんな風に白い花になります。
e0034313_6553180.jpg

                  マルバダケブキ 丸葉岳蕗  Ligularia dentata  本州、特に中央以北、四国にもまれに・・・・
e0034313_6572282.jpg

                  ミズギク 水菊 Inula ciliaris (Miq.) Maxim
                       ミズギクとオゼギクの違いが不明です。どなたかご存知でしょうか?
e0034313_7073.jpg

                   オトギリソウ  弟切草 Hypericum erectum
                         平安時代からの伝説から不気味な名前がついていますが、山で怪我をしたときの血止めに有効です。

こうしてみると緑の湿原には黄色い花が多いですね。昆虫に目立つように・・・・でしょうか。
違った花も咲いております。また、次回に・・・・いろいろと楽しみが多くて先に進めないゆっくり山歩でした。
e0034313_745133.jpg

                   
by kimiko_shibata1 | 2013-08-19 07:07 | 山歩き | Comments(28)

尾瀬便り(1)

              今年もトランペッター君のお休みができて尾瀬沼日帰り山歩に行ってきました。
              2週間も雨が降っていないという尾瀬、乾燥化が心配です。
              雲一つない晴天、・・・・風がさわやかで木陰は気持ちの良い尾瀬沼でした。
              昨年と同じ時期の入山ですので、今年は違ったまとめ方で掲載してみます。
e0034313_1911670.jpg
e0034313_192442.jpg

                      ニッコウキスゲ  随分と実になっています、花が咲き揃ったときは素晴らしかったでしょうね。
e0034313_1942927.jpg

                      モミジカラマツ 花が一輪残っています。Trautvetteria caroliniensis var. japonica
e0034313_1951793.jpg

                      有名なミズバショウ、大きいですよ~
e0034313_1955164.jpg

                      エンレイソウ  アメリカでも見てきました。なんでもアメリカのものはおおきいですが、エンレイソウはこちらの方が大きかったです。
e0034313_1965112.jpg

                      キヌガサソウ Paris japonica 日本固有種
e0034313_197316.jpg

                      ヤグルマソウ
e0034313_1975690.jpg

                       タケシマラン
e0034313_1983494.jpg

                       マイヅルソウ   花の小ささに比べて実が大きい感じがします。
e0034313_1985984.jpg

                       ゴゼンタチバナ こうなるとあの白い花びらは花ではなくて4枚の白い総苞とわかりますね。
                                   花が一つだったら、こんなに沢山の実にはなりませんから・・・
ながながと地味な「実」ばかりご覧いただきありがとうございます。
花の姿、心に浮かびましたか?
e0034313_19103956.jpg

                シータテハ、ようやく写せました。 
おまけの一枚
e0034313_19222712.jpg
 
               近年では荷物輸送はヘリのようだ。尾瀬にはやはり歩荷が似合う。           
by kimiko_shibata1 | 2013-08-16 19:23 | 山歩き | Comments(22)

雪中桜

           昨日は思わぬ積雪となったところが多かったですね。四月も二十日過ぎですからびっくり・・・
           郡山で開かれている「春の楽しい切手展」を見て、夫のふるさといわき市へ・・・・と久々の遠出を計画しました。
           北の雪の具合が心配でしたが、スタットレスタイヤを履いたままだったので、行けるところまで・・と敢行しました。
           那須~白河区間、雪と事故で高速道閉鎖、どうにか郡山郵便局にたどり着きました。
           その後、再び高速にのりましたら、郡山東~小野区間不通となってしまい、お国入りは中止。
           せっかくだから三春の滝桜を見て帰ろう・・・ということになり、寄ってみました。
           たくさんの観光バスが並んでしてびっくり・・・
           すっかい様相の変わった滝桜周辺にびっくり・・・・
e0034313_2012894.jpg

e0034313_202341.jpg

                  福島ではとても有名な「三春の滝桜」、1000年は越えているといわれる。国の天然記念物。
                  この枝垂れ桜、天保の頃、加茂季鷹の詠歌によって知られるようになりました。
                  散り始めたころであり、雪の重み、樹齢・・・また、昔より周りが広く整備されたためか・・・
                  圧倒される雰囲気ではありませんでしたが、雪の中の美しい一本桜でした。
e0034313_2063645.jpg
e0034313_206381.jpg


More  そのあとは・・・
by kimiko_shibata1 | 2013-04-22 05:00 | | Comments(42)

郡山の風景

            今日の雷雨で大気の様子ががらっと変わったようですね。
            落ち着いた秋になるといいのですが・・・・・・
            今日からはJR東日本の「大人の休日パスの旅」からお届けします。
            まずは、郡山市から・・・・・
            「エルンスト・クライドルフの世界」と題して郡山市美術館で17日まで開催されています。
e0034313_2028976.jpg
e0034313_20283758.jpg

           クライドルフ(1863-1956)はスイスを代表する絵本画家で、皆様もお子様方に読み聞かせをなさったかもしれませんね。
            憧れのアルプスを舞台に花や虫たちを擬人化したお話です。
            「アルプスの花物語」「花のメルヘン」など・・・
e0034313_2029627.jpg
 
            同じような花が日本にもあるな~と思ったり、
            パンジーの顔はそうだ!と妙に納得したり・・・
            このアゲハは・・?
            子供に読んでいた時より現在はどっぷりと花や虫たちに親しんでいますので原画を観る楽しみは一層です。
            一昨年亡くなった細密画家・熊田千佳慕氏を思い起こしたり・・・・
            短い滞在ではありましたが、いい時間を過ごしてきました。
e0034313_20333965.jpg

木々が少し色づいてきています。空気は夏の暑さですが・・・
e0034313_2033276.jpg

                         バスの中から見た阿武隈川風景
            郡山市というとお隣福島県ですが、馴染みがありませんでしたが、今では新幹線で30分、便利になっていました。
            ただ、駅から市の美術館への交通が少し不便でして、・・・宇都宮市の美術館も山の上・・・・
            宇都宮の交通の便はいかがかな~?
            せっかくの美術展、時間をきにせずに鑑賞できたらいいですね。
by kimiko_shibata1 | 2012-09-07 05:20 | | Comments(20)