今年はサンカヨウに会えました。

昨年は見事に出遅れたサンカヨウ撮影山行だった。
今年は慎重に情報を集めて、無事に尾瀬のサンカヨウを見てきました。
e0034313_20104605.jpg
チシマザクラとミズバショウの尾瀬沼と燧ヶ岳

天気は曇り、青空ではなかったが、今年も来られた事に感謝しつつ、・・・
e0034313_20081884.jpg
サンカヨウの蕾
葉にくるまれて育つ(周りの葉は別の植物)
e0034313_20080713.jpg
満開のサンカヨウ、いつ見ても、何度見ても可憐な素敵な花

実はこの花びら、濡れると透き通る!
2010年にその状態を見て、また、会いたいと願うが当時からすると一か月も早い開花
開花の予測がつきにくく、花期も短く・・・その上に濡れた・・・となるとなかなか難しいものだ
e0034313_20082711.jpg
2010.6.29撮影、この濡れたサンカヨウに魅せられて、7年も通っていますが・・・・
完全に雨の日の登山はbabaには無謀なので、曇りの日、前夜の雨に期待しています。
来年も行けると良いのだが・・・・


e0034313_20091246.jpg
見送ってくれたカッコー
托卵をするので評判が悪いが、山行で聞くカッコーの啼き声はいいものだ。

by kimiko_shibata1 | 2018-05-31 20:21 | 山歩き | Comments(8)
Commented by ikutoissyo at 2018-05-31 21:08
サンカヨウの花はまだ見たことがありませんが
濡れると透きとおるとは謎めいていて、魅力がありますね。
尾瀬では桜も見られたのですね。

托卵の事を知った時、びっくりして、嫌ねなんて言ったりしましたが
八ヶ岳で鳴き声を聞くと、それはそれは嬉しくて・・・。
20年ほど前の話です。
こんな姿なんですね。
Commented by koneko3y at 2018-05-31 21:36
サンカヨウの花びらが濡れると透明になるそうで
写真では何度も見ていますが、実際に見たら
どんなに感動することかと思います。
カッコウは自宅にいてもどこにいるのか姿は見えませんが、
鳴き声はたまに聞こえます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2018-06-01 06:29
ikutoissyoさま
なんとか、今年も尾瀬に行けました。
サンカヨウ、何とか花を見られましたが、あと数日遅いと、また、駄目でした。
昔は6月下旬の花だったのです。
7月下旬のキヌガサゾウも咲いていて、もうばあさんは花期が読めません。

サンカヨウは神秘的な花です。
桜とミズバショウのシーンは感動でした。
ただ、水芭蕉、暑さもあったためか、近くでみると先が茶色くなって痛んでいました。
難しい時代ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2018-06-01 06:34
koneko3yさま
我が家の朝もカッコーの啼き声で・・・・前の家のアンテナにいて撮影もできました。
尾瀬では二度目の撮影、こんなに近くは初めてでした。

サンカヨウ、2010年、雨の山行で透明な状態を見て、以来、毎年、狙っていますが、
花期もぐんと早まり、体力的に雨の山行は危険な年頃となり・・・・・
花を見られただけでも幸運です。
Commented by yuta at 2018-06-01 13:30 x
こんにちは
サンカヨウは可憐な花ですね
濡れたサンカヨウの透き通った花とてもきれいです。^~^
Commented by asitano_kaze at 2018-06-01 19:44
サンカヨウ、ガラス細工を思わせるような透明な葉、写真でしか知りません。
3から4へ。見事な変身ですね。
カッコウ、声ばかりで姿はなかなかお目にかかりません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2018-06-01 22:45
yutaさま
サンカヨウ、花期が短く、咲くのもいろいろで・・・・
なかなか気難しい花?(笑)
濡れ方にも条件が厳しいようです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2018-06-01 22:49
asitano_kazeさま
今年は行けただけでも感謝ですが、サンカヨウ、桜、キヌガサソウ、カッコーにも・・・・ラッキーでした。
帰りの運転はより慎重にしてきました。微笑
カッコーは大きい鳥ですから撮影は楽なんですが・・・・
<< 我が家のカッコウも姿をみせてく... 撮り鉄体験 >>