赤城山

本当に久々の地蔵岳ハイクでした。
簡単なコースですが、普段、高低差のある山を歩いていないので心配も・・・
ゆっくり、ゆっくり・・・・
e0034313_07070090.jpg
稲穂・・・ヒガンバナ・・・青空・・・どれも素敵な風景です。
e0034313_07071196.jpg
雲海の先に浮かぶ筑波山
e0034313_07072669.jpg
富士山も見えました。
小沼も覚満渕も美しかった、懐かしかった!
しかし、花は・・・・・・
e0034313_07105826.jpg
ヤマラッキョウ2本だけ!!
もう少し咲いているかと・・・竜胆もなく、鳥も少なく・・・・
でも、第2の故郷の山は表現出来ない優しさで迎えてくれた。

下山はより慎重に・・・・
e0034313_07150079.jpg
気の早い一本がすでに秋を飾っていました。


by kimiko_shibata1 | 2018-09-18 07:15 | 山歩き | Comments(4)
Commented by hemi-kame2 at 2018-09-18 19:37
2枚目の絵、良いですねぇ。
なだらかな山波の向こうには独立峰、手前の雲が左から右へ動くような配置、良い景色です。
どこか中国の南画を思い起こさせる感じがします。
雲に孫悟空が乘ってたら・・・想像してしまいます。
良い時を過ごされましたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2018-09-18 20:07
hemi-kame2さま
ありがとうございます。自分でもよく撮れていたと・・・もうすこし広範囲の写真で良かったです。
この所、高低差の歩きをしていないので心配でしたが、何とか・・・
下りは慎重に・・・でした。
孫に会う前に早出をして遊んできました。
Commented by zao480 at 2018-09-20 23:43
ヤマラッキョウはこちらでは見かけないのですが色が好きです。花が少ないのはまだ暑いから?? それともこちらと同じ夏の雨が極端に少なかったでしょうか。

去年は、花の多い時期にまた行こう、なんて考えていたのですが、暑すぎる夏のせいで群馬に行かずじまいでした。
Commented by kimiko_shibata1 at 2018-09-22 08:32
zao480さん
そちらにはヤマラッキョウはないのですか?
宇都宮市内鶴田沼もまったく芽が出ていない状態なので、暑くて水分不足ではなかろうかと・・・・
マツムシソウは終わってしまったようです。
私もあまりに暑くて、孫がいるのに群馬へ行くのがおっくうでした。
<< 珍しい蝶と秋の七草と・・・ 自然観察散歩から >>