2018年 05月 10日 ( 1 )

フクロウ類を追いかけて

トラフズクを観察しようと越谷の友人を誘って、行きましたが、
たった5日ほどで全員お留守?移動?姿が見えなくて残念でした。
ひらひらをゴマダラチョウが舞って慰めてくれました。
e0034313_20212982.jpg
こんなことは鳥見にはよくある事、
気を取り直して歩いていたら
e0034313_20223750.jpg
ケラを見つけました!
何年かぶり・・・・
今の子供たち、ケラを知らなくても「手のひらに太陽を」の歌は知っていると思いきや
歌も知らないようで、びっくりやら、残念やら・・・・
「オケラだって、アメンボだって、みんなみんな生きている・・・友達なんだ!」って良い歌だと思うのですが・・・
かすかな情報を頼りに場所をかえましたら
e0034313_20203590.jpg
フクロウの子供に会えました。
嘴だけを見せて眠っていたのですが、少しだけ起きてくれました。
遠来の友も喜んでくれました。
e0034313_20210009.jpg
その後、また転戦し、アオバズクのカップルを見てきました。
暗い木の中、私たちだけでは見つけられなかったでしょう。
幸運にも地元の方が丁寧に場所を教えてくださって・・・
夏にかけて卵を抱卵、子育てをするようです。
無事をいのります。

by kimiko_shibata1 | 2018-05-10 20:33 | | Comments(4)