カテゴリ:鳥( 81 )

フクロウ類を追いかけて

トラフズクを観察しようと越谷の友人を誘って、行きましたが、
たった5日ほどで全員お留守?移動?姿が見えなくて残念でした。
ひらひらをゴマダラチョウが舞って慰めてくれました。
e0034313_20212982.jpg
こんなことは鳥見にはよくある事、
気を取り直して歩いていたら
e0034313_20223750.jpg
ケラを見つけました!
何年かぶり・・・・
今の子供たち、ケラを知らなくても「手のひらに太陽を」の歌は知っていると思いきや
歌も知らないようで、びっくりやら、残念やら・・・・
「オケラだって、アメンボだって、みんなみんな生きている・・・友達なんだ!」って良い歌だと思うのですが・・・
かすかな情報を頼りに場所をかえましたら
e0034313_20203590.jpg
フクロウの子供に会えました。
嘴だけを見せて眠っていたのですが、少しだけ起きてくれました。
遠来の友も喜んでくれました。
e0034313_20210009.jpg
その後、また転戦し、アオバズクのカップルを見てきました。
暗い木の中、私たちだけでは見つけられなかったでしょう。
幸運にも地元の方が丁寧に場所を教えてくださって・・・
夏にかけて卵を抱卵、子育てをするようです。
無事をいのります。

by kimiko_shibata1 | 2018-05-10 20:33 | | Comments(4)

栃木県のコハクチョウ

退職して群馬へ行くこともなくなり、ガバ沼が懐かしい毎日
ハクチョウを見る機会がなくなっていました。
そんな中、県内の友人からコハクチョウの情報が!
とりあえず行ってみようと・・・こんな時、夫がいるのが心強いです。
e0034313_07293600.jpg
トビが悠然と空を舞い、畑の一角に水鳥たちがおりました。
あのカオカオとなく声が懐かしい!
e0034313_07290022.jpg
長旅の疲れも見せず、気品ある姿
e0034313_07285019.jpg
若鳥も交じっています。
横から心配そうに見ているのは母親かしら?
e0034313_07291169.jpg
三者会談はヒートアップ!(笑)
e0034313_07292145.jpg
足を怪我しているような雌のオナガガモ、寄り添う姿は美しい!
地区の方々が管理されて、今は80~90羽、集結しているそう・・・有難いことです。
右がオス、左がメスです。

by kimiko_shibata1 | 2018-02-04 07:36 | | Comments(6)

風邪をひきました。

元日から順調な出だしでしたが、5日より咳がひどくなって・・・・・
おとなしくしております。
出だしはエナガの軍団に交じっていたウグイスを写す・・・という幸運な出会いでした。
e0034313_20194552.jpg
寒い朝でしたからまるまるしたウグイスさん、
その軍団、エナガはどれも顔に小枝の影がついてしまって・・・
e0034313_20200515.jpg
                              
ちょうど翅を広げたご挨拶です。
e0034313_20202409.jpg
音に誘われて探すとコゲラが一所懸命に餌さがし・・・・
みんなから元気をもらいます。

こちらは孫のケンタザウルスが「群馬昆虫の森」のサンタさんからもらった「ヘラクレス大カブトムシ」
特等賞だったようです。
撮影に白い紙をもってくれています。

e0034313_20210357.jpg
大きくて角の下とお尻に毛がはえていました!!

今年もいろいろと出会いがあるようです。


by kimiko_shibata1 | 2018-01-08 20:49 | | Comments(12)

雀鷹観察記録

最小のワシタカである雀鷹(ツミ)を観察する機会に恵まれました。
成鳥で30cmほど、幼鳥は20cmぐらいでしょうか、葉陰にうまく隠れていてなかなかよく見えません。
それでも時折、見通しのよい場所に出てくれて楽しませてもらいました。
e0034313_06335391.jpg
これがツミの子供、初の出会いです。
e0034313_06341356.jpg
なかなかユーモラスな表情で、見られてしまいました。
e0034313_06343668.jpg
背中はこんな具合です。
e0034313_06351483.jpg
兄弟三羽だそうですが、二羽までしか確認できず・・・
互いに背中合わせで親が来るのを待っているようです。
e0034313_06361132.jpg
雨も降ったり、暑くもなって・・・
首も腕も疲れたころ、突然に大きなものが飛び込んできて、夢中でシャッターを切りました。
親が餌を運んできたのです。
小鳥の雛がつかまってしまったようです。
e0034313_06363770.jpg
丸印の所にツミの子供がいます。
どちらの鳥がもらったかはわかりませんでした。
一羽がそばの巣に入りましたから食事にありつけたのでしょう。
親鳥も猛暑の中、必死で餌を探し、子供たちに運んだのでしょう。

小さなツミと言えども羽根を広げた様子は大きかったです。
こうした生物たちと共存できる環境こそが人にも住みやすい地球だと思います。
ヒトだけが優先されるというのは、バランスを崩した地球ではないかと考えます。

by kimiko_shibata1 | 2017-07-19 06:50 | | Comments(10)

トラフズク観察(続報)

再びトラフズクを観察してきました。
午前と午後にお邪魔して・・・

e0034313_16221842.jpg
トラフズク母さん
別な木の木陰に・・・
でもしっかり子供たちを見守っています。
e0034313_16220519.jpg
三羽の子供たちが揃いました。
三姉妹?三兄弟?
いずれにしても仲良しです。
隣の子の毛づくろいをしてやったり・・・
左端の子が少しお兄さんぽかったです。

この日は父さんトラフズクはいずこかへ・・・・
夫婦で仲良く子育てです。


by kimiko_shibata1 | 2017-06-06 16:30 | | Comments(4)

今年も会えました!

北へ帰る途中に寄ってくれる連雀、コース変更かと思いましたが、
今年もいつもの公園に寄ってくれました。
数は少なかったですが・・・・・
何とか天候と時間のタイミングを見て出かけました。
e0034313_08024757.jpg
公園の桜が美しく、鳴き声が聞こえて嬉しかったです。
e0034313_08011202.jpg
良い写真ではありませんが、ヒレンジャクの花見風景は初めて・・・記念に、
e0034313_08005908.jpg
堂々たるヒレンジャクです。
暖かい日で少しスマート・・・(^_-)-☆
e0034313_08014785.jpg
飛び出しが何とか・・・
e0034313_08012961.jpg
堂々たる脱糞!
この粘力がヤドリギに役立つ・・・
そのヤドリギの実を好む連雀・・・・面白い自然界
e0034313_08020110.jpg
帰り際にいつもの駐車場近くに来てくれて撮影しやすかった!
ヒレンジャクのサービスかな?お見送りかな?
楽しませていただきました。


by kimiko_shibata1 | 2017-04-16 08:10 | | Comments(8)

バレンタインなので・・・・

二回上京、そのうち一回は一日中あるく「多摩モノレール風景印散歩」・・・というハードな一週間でした。
新年の思いも続かず、更新が滞りました。(笑)
上京の前に写したビンズイです。
e0034313_15391134.jpg
背中がハートのマークに見えてバレンタインにぴったりかしら?
いつも見ても上品な感じのするビンズイです。
e0034313_15402501.jpg
水を飲む姿もお洒落に見えます。
e0034313_15393005.jpg
よく観察しました。
e0034313_15395094.jpg
こちらは色のきれいなコガモのカップル
今日は朝からとても寒い一日です。
みなさまもお大事に!!

多摩モノレールが描かれた風景印
e0034313_18150874.jpg
11局ありました。
台紙デザインは嘉藤雅子氏

by kimiko_shibata1 | 2017-02-13 15:45 | | Comments(6)

ようやく出会いました!

2017.1.29の鳥見散歩は最高の時間となりました。
掲載しましたようにトラツグミやカワセミ、ミコアイサ・・・
そして、アカゲラ、キクイタダキ、ミヤマホオジロを見て・・・・
アカゲラの移動を待っているときに目の前に現れたのが・・・・
e0034313_08372984.jpg
ルリビタキ ♂

12月に井頭公園で見たという情報を得ながら何度も足を運んでいましたが、
ルリビタキだけでなく、いつもみるベニマシコなどなど・・・ほとんどの常連さんに会えずにいました。
そのルリちゃんが目の前に現れたのです。
そして、のんびり何枚も撮らせてくれました。
光線も抜群でいい色に・・・・
今後もこれだけのルリちゃんは撮れないでしょう。

もう群馬へ遠征しようかと思っていました。
神様のご計画だったのでしょうか?
とても嬉しい時間でした。

こんなことがあるからやめられない鳥見散歩です。(^_-)-☆
みなさまへも幸せが訪れますように!

by kimiko_shibata1 | 2017-02-02 08:45 | | Comments(6)

モズは好きな鳥ですが・・・・・

鳥の中でもモズは好きな方ですが、この所、鳥見散歩で見かけるのがモズばかり・・・・となると・・・・(笑)
今年は鳥の数も、種類も、少ないように思います。
気候の変化、鳥インフルエンザ・・・・・・などが理由でしょうか?

前回の日光連山、あの日だけでずっと雪雲の中です。
日本海側の大雪、大変ですね。北海道の寒波も・・・・
e0034313_06462696.jpg
e0034313_06444132.jpg
ステンの柵に写ったモズのお腹と実物との対比が良かったです
e0034313_06510842.jpg
井頭公園でもモズが挨拶に出てくれましたが、こちらからはヨッシー君
ナポレオンハットは何度見ても美しいです。
でも写真は難しい鳥だと思います。
e0034313_06513040.jpg
栃木県の郷土料理:しもつかれ
新巻鮭の頭・豆まきの残りのマメ・大根・人参を酒粕でトロトロに煮たものです。
大根、人参はこの「おにおろし」でおろします。
若い時は苦手なおかずでしたが、夫が好きなので作っているうちに
自分の味になったのか、年なのか・・・最近は私もいただきます。
究極の残り物利用の郷土料理です。


by kimiko_shibata1 | 2017-01-24 06:58 | | Comments(8)

久々のオオハクチョウ

       昨冬までは通勤路に多々良沼へ寄り、白鳥たちとの時間がもてましたが、今年から在宅、
       井頭公園にはめったに飛来しませんので少し「お出かけ」をしないと会えなくなりました。
       東京ではセツブンソウも咲きだしたというお話で少し出かけてきました。
       途中で街道から白鳥が見えて、田んぼに水をはった飛来地に寄り、この冬、白鳥との初対面でした。
e0034313_7192589.jpg

          やはりオオハクチョウは素敵な風情です!なんとも言えずに心が和みます。
e0034313_7202385.jpg

         昨年の大水害でこの辺りの田畑も浸水、汚泥がたまってしまって後処理に苦慮されているそうで
         白鳥たちに用意された一面はいつもより狭い所でした。
         通常の生活に戻っているとまだまだ復興していないご苦労に心がいかず、申し訳ないことです。
e0034313_7544299.jpg

           こちらの幼鳥は少しみんなと離れています。そして、餌を食べようと近づくと成鳥に追われます。
           気の毒に思い、尋ねると
           「この一羽は後から来たんだ~」とのこと
           家族とはぐれてしまって、他の家族に合流したようです。
           皆が食べ終わってから食事をして、しばらく遠慮した様子でしたが、土手に並んで日向ぼっこ・・・・ちょっと安心して帰宅しました。
           家族愛の強いハクチョウ、いろいろと厳しいこともあるのでしょうね。
by kimiko_shibata1 | 2016-01-09 07:59 | | Comments(18)