タグ:栃木 ( 69 ) タグの人気記事

奥日光

久々に戦場ヶ原・小田代ヶ原を歩いてきました。
早朝、雨が少し残っていましたのでほとんど人気がなく、
ケラのドラミング、カッコウ、ウグイスの声が響いていました。
e0034313_08513064.jpg
小田代の貴婦人、いつものように暖かく迎えてくれるようでした。
e0034313_08530540.jpg
お召替え、夏毛になったモズ、
今回はあちこちで見かけました。鋭いモズもこちらでは優しそう・・・・
e0034313_08521833.jpg
シジュウカラはいつも忙しそう・・・
e0034313_08523011.jpg
ノゴマもいました。前回の記事で脳震盪を起こしていたノゴマ、こんな鳥です。顔が見えず・・
e0034313_08525286.jpg
こちらは・・・?まだ同定できず・・・
e0034313_08524295.jpg
ビンズイ、高原のビンズイはいっそう清楚!
e0034313_08514277.jpg
アカゲラの子どもかな?この切り株のまわりを・・・
e0034313_08515345.jpg
飛んだら結構大きかった!
e0034313_08520633.jpg
気の毒なほど痩せたキツネ
どうやら子育て中らしい
顔は柔和ですね。
子育て、頑張ってほしいです!
e0034313_08532853.jpg
ちょっと満開には早い竜頭の滝でした。
がんばって歩きました。
これなら今年も尾瀬に行けるかな?


by kimiko_shibata1 | 2019-06-05 09:03 | 山歩き | Comments(6)

桜めぐり2

皆様のお住まいの所、雪はいかがでしたか?
宇都宮は寒い一日で、みぞれが降っていましたが、積雪はなく、朝から良い天気となってほっとしました。
散る桜の中、一回り車を走らせました。
e0034313_16351608.jpg
ここは大正天皇ご成婚の祝いに植樹された金崎の桜並木です。
e0034313_16363898.jpg
姿川沿いの桜並木
木々がずいぶんと大きくなりました。
私もこちらに転居し、20年以上になりましたから・・・・
奥に見える中学校は黒川紀章氏の設計で話題になりました。
e0034313_20134977.jpg
e0034313_16354216.jpg
奥の右が高原山、左がトレーニングの山・古賀志山・・・もう登る事はなくなりましたが・・・
流れる川は黒川
e0034313_16361729.jpg
オカメ桜にルリタテハ
e0034313_16371284.jpg
今日の日光連山、雪が多くなり、まだ吹雪いています。




by kimiko_shibata1 | 2019-04-11 16:44 | 桜散歩 | Comments(4)

桜めぐり

三月のお彼岸頃から身近な桜を回っていましたが、
どうも読みが当たらず、開花が遅くてちょうどよい桜に会えませんでした。
今日は栃木医療センターの桜が美しく、
しかし、大谷の孝子桜はまだ5分咲き・・・
しかし、鹿沼のおくにあるこのエドヒガンは丁度良い見頃でした。
雲も少し切れてきてよい花見になりました。
e0034313_20130747.jpg
四月の第一週に満開となるので「観音桜」と呼ばれています。
e0034313_20134977.jpg
e0034313_20133430.jpg
e0034313_20131971.jpg
元号も「令和」と決まり、「平成」もあとひと月、
日本も世界も穏やかな時代のはじまりであってほしいです。

by kimiko_shibata1 | 2019-04-02 20:19 | 桜散歩 | Comments(8)

小田代湖

今月初めの小田代湖です。
今は一層の色合いになっているでしょう。
華厳の滝の水量が例年の55倍!と聞き、
では小田代湖は?・・・と鹿児島から戻ってすぐに行ってみました。
e0034313_07591820.jpg

e0034313_07593795.jpg
何やら泳ぐものも・・・・カモも来ていました。
e0034313_07595969.jpg
モズが小田代湖のほとりでのんびりと・・・
e0034313_08005447.jpg
戦時が腹~小田代ヶ原で見つけた紅きものたち

e0034313_08004311.jpg
ズミも赤い実をたくさんつけています。
e0034313_08001805.jpg
アオゲラをついに・・・
ノゴマも見たかったのですが、生憎、時間が遅くて・・・

旅の疲れもこうした散歩で癒されます。
運転は連れ合いなので楽です。ありがたや・・・
今頃は色が深くなっているかな?
あまり湖が長くできると草紅葉にはよくないのですが・・・・

by kimiko_shibata1 | 2018-10-13 08:07 | 山歩き | Comments(6)

堅香子の花

昨日は雨が上がっても昼までは暗い日でした。
昼過ぎ、ようやく日差しが出てきて、体を動かすためにちょっと出かけてみました。
開花状態はいい状態でしたが、雨で花粉が飛んでいてベストではありませんが、久々に斜面を登っていい散歩になりました。
e0034313_08055162.jpg
一面のカタクリ!
e0034313_08053605.jpg
色の濃いもの、薄いもの・・・・個性があります。
e0034313_08063102.jpg
白花も・・・・・・
e0034313_08061110.jpg
イチゲとのコラボ・・・・

雨上がりで人出も少なかったのですが、鳥も少なくて・・・・
寂しい森でした。


by kimiko_shibata1 | 2018-03-23 08:11 | 山歩き | Comments(12)

ようやく咲きだしました!

e0034313_19294789.jpg
自生地にてようやく開こうとしているセツブンソウ
いつみても可憐ですね。
e0034313_19300287.jpg
e0034313_19302512.jpg
e0034313_19304049.jpg
ようやく見つけた開花軍団
これで全部・・というくらいしか咲いておりませんでした。
2か所まわりましたが、一か所は眼が出たばかり・・・・これからの楽しみでした。

スプリングエフェメラル
ようやく春ちかし・・・・
しかし鳥の声がほとんどしません。ようやくジョウビタキ君が来てくれました。
どうしたのでしょう?サイレントウインター?

e0034313_19313023.jpg

by kimiko_shibata1 | 2018-02-15 19:36 | 散歩 | Comments(8)

小田代ヶ原の秋

いつもの10月は夫の定期演奏会の準備などで渋滞の奥日光へは行けずにおりました。
今年はぽっかりお休みができて
e0034313_23094280.jpg
美しい風景を楽しんできました。
そのご、昼近く華厳の滝まで降りてきたら雲に入ってしまって雨模様・・・・
なんと気まぐれな秋の天気だろうか?
でもこれを見られたのですから幸せです。

by kimiko_shibata1 | 2017-10-11 23:14 | 山歩き | Comments(4)

芭蕉の旅をなぞって

10/20-22に目白で開かれる切手展の為、県内をあちこと訪ねています。
芭蕉は「奥の細道紀行」で間々田から栃木県に入り
「室の八島」「鹿沼」「日光」「壬生」「黒羽」「雲岩寺」「芦野」と歩き福島へ抜けました。
一日に30kmほど歩く旅でした。

室の八島は歌枕で有名な所、
下野一之宮の大神神社内に句碑があります。
e0034313_06482198.jpg
e0034313_06535406.jpg
句碑は明治2年建立、文字が読めないのでこちらの案内板を・・・
e0034313_07044926.jpg
日光では含満が淵や裏見の滝を訪れました。
e0034313_06443318.jpg
黒羽の芭蕉の館にて
ここで曾良が
かさねとは八重撫子の名成べし と詠んでいます。
くしくも切手展は「なでしこ切手倶楽部展2017」
e0034313_06431149.jpg
このような風景が広がっています。
e0034313_06424597.jpg
雲巌寺には10日余り滞在した芭蕉、知人の僧が居たことや天候の具合だったようです。
木啄も庵はやぶらず夏木立 芭蕉
e0034313_06421033.jpg
e0034313_06461733.jpg
芦野にはいつも田植えの季節に行っておりました。今回は曼殊沙華と実りの風景、秋の風景も良い所でした。
e0034313_06472456.jpg
e0034313_06434128.jpg
帰りにこんな風景に出くわしました。コンバインがそばに来てものんびり餌をついばむサギたち
あまりに大きなカエルでなかなか呑み込めず、シャッターが間に合いました。
久々の200km越えのドライブ、さすがに疲れました。

by kimiko_shibata1 | 2017-09-20 07:14 | | Comments(6)

雀鷹観察記録

最小のワシタカである雀鷹(ツミ)を観察する機会に恵まれました。
成鳥で30cmほど、幼鳥は20cmぐらいでしょうか、葉陰にうまく隠れていてなかなかよく見えません。
それでも時折、見通しのよい場所に出てくれて楽しませてもらいました。
e0034313_06335391.jpg
これがツミの子供、初の出会いです。
e0034313_06341356.jpg
なかなかユーモラスな表情で、見られてしまいました。
e0034313_06343668.jpg
背中はこんな具合です。
e0034313_06351483.jpg
兄弟三羽だそうですが、二羽までしか確認できず・・・
互いに背中合わせで親が来るのを待っているようです。
e0034313_06361132.jpg
雨も降ったり、暑くもなって・・・
首も腕も疲れたころ、突然に大きなものが飛び込んできて、夢中でシャッターを切りました。
親が餌を運んできたのです。
小鳥の雛がつかまってしまったようです。
e0034313_06363770.jpg
丸印の所にツミの子供がいます。
どちらの鳥がもらったかはわかりませんでした。
一羽がそばの巣に入りましたから食事にありつけたのでしょう。
親鳥も猛暑の中、必死で餌を探し、子供たちに運んだのでしょう。

小さなツミと言えども羽根を広げた様子は大きかったです。
こうした生物たちと共存できる環境こそが人にも住みやすい地球だと思います。
ヒトだけが優先されるというのは、バランスを崩した地球ではないかと考えます。

by kimiko_shibata1 | 2017-07-19 06:50 | | Comments(10)

今年のトラフズク


昨日は横浜から若い友人と古河駅で合流し、遊水池の自然と郵便局巡り、そしてホフマン煉瓦窯・・と充実した一日でした。
鳥は動物園でしか見たことがないという友人、・・・
トラフズク一家がいることを祈りつつ・・・・

e0034313_20231802.jpg
e0034313_20224761.jpg


お父さんです。しっかりと起きて子供を守っているようです。
お母さんはお昼寝中でしょう。姿が見えませんでした。
トラフズクは抱卵も子育ても夫婦でします。
ヒトは見習わねばいけませんね。

e0034313_20234922.jpg


こどもAです。モフモフが可愛いです。

e0034313_20403308.jpg


こどもBです。こちらはぐっすりとお休みでした。
寝相が良くて落ちません(笑)
今年はそれぞれが別な木に・・・
並んだ可愛い姿は見られませんでした。

e0034313_20242798.jpg


キジも土手にいて友人は大喜び!
こうした生物たちにとってもヒトにとってもいい環境によみがえった遊水地・・・
今までの活動を伝えていかねばなりません。

e0034313_20435643.jpg


風景印に谷中湖が描かれているのはこの4局
北川辺は埼玉県です。
それぞれに谷中湖の形が違って面白いです。
昨日ははがき料金52円最終日、各地の友人たちに送りました。



by kimiko_shibata1 | 2017-06-01 20:45 | 散歩 | Comments(3)