タグ:鳥 ( 516 ) タグの人気記事

キクイタダキが撮れました!

日本最少の鳥の一種であるキクイタダキに会いました。
北風の強い日でしたが、元気に・・・相変わらず速いスピードで飛び交っています。
なかなか捕まらなくて、まずまずのものですが、「菊」が写っていました。
かつて、遭遇した折は、キクイタダキを捉えたかと思い、帰宅したらメジロに変わっていたことがあります。(笑)
e0034313_07473014.jpg
何かいました!
e0034313_07475193.jpg
キクイタダキでした。
e0034313_07481591.jpg
青空で翅の美しさが見られました!
でも冠毛はむりかな~?と・・・
e0034313_07491470.jpg
ピントは下の鳥ですが、上の鳥の「菊」が見えました!!
大きなお目目も!
トビながら餌を捉えてしまう鳥です。
まあ、忙しくて大変!!
寒さも忘れて楽しみました。
e0034313_07502890.jpg
カルトナージュの講習会で作成したミニ写真立てにいつもお気に入りのアイルランド切手を入れています。
左側がキクイタダキです(右はrobin)
ヨーロッパでは馴染みの鳥、ちいさな王さまのようです。

by kimiko_shibata1 | 2019-01-16 08:04 | 散歩 | Comments(1)

男体颪の中を・・・・

風の冷たい日でしたが、この機を逃すとまた出かけられないので、思い切って歩いてきました。
流石に井頭の沼を渡ってくる北風は冷たかったです。
でもお目当てのミコアイサが!
距離はありましたが、何度も潜る姿を見ているのは楽しいです。
思いのほか、長い時間、離れた場所に出ます。
e0034313_15012192.jpg
e0034313_15000080.jpg
e0034313_14594981.jpg
オスが2羽、メスは確認できず・・・・
e0034313_14591083.jpg
しばらく湖畔を歩くとモズ(メス)が・・・地面の虫を探しているようでした。
そっと見ていたつもりが・・・・・
e0034313_14592158.jpg
モズ子ちゃんに見つかってしまいました!(笑)
キクイタダキも遊んでくれましたが・・・・
青空に向かっての撮影、キクちゃんは上から出ないと・・・・・
成功例がありましたらご報告します。



by kimiko_shibata1 | 2019-01-09 15:10 | 散歩 | Comments(2)

いわきへ・・・・・

夫の同級生である画家・峰丘氏がいわき市の4か所で個展開催
久しぶりの故郷訪問でした。
「アクアマリンふくしま」での峰丘展「哲学する深海魚」
峰丘さんは大震災以前から深海魚を描いていました。
東日本大震災でご自身も大きな被害を受け、「深海魚からのメッセージ」を受け取った・・・と当時言っておられました。

まるで海の中に絵があるような展示
e0034313_08255294.jpg
実際は水槽の反対側にある絵が映っています。
e0034313_08244821.jpg
実は震災で壊れてリニューアールされてから初めての水族館、
縄文時代の鳥や動物の雰囲気がわかる展示コーナーなど楽しい趣向が加えられていて楽しい時間でした。
e0034313_08271587.jpg
ベニスズメ
e0034313_08283166.jpg
オオコノハズク
e0034313_08252927.jpg
コウラウン
e0034313_08511651.jpg
コシジヤマドリ
e0034313_08520926.jpg
アカネズミ

隣にはイオンモールも出来ていて復興の息吹が感じられて明るい海岸、ほっとしました。
反対に市の中心街はシャッターを下ろした店が・・・・

いわき市美術館にて開催の「峰丘展」は150点もの大きな大作がずらり・・・・
50年の画業をいかに精力的に駆け抜けてきたかが感じられます。
普通はフランスへ留学が定番の絵の世界、メキシコへ留学した峰丘氏、
以前は、私には受け止めきれなかった作品もひしひしと篤く感じるものがありました。

e0034313_08243873.jpg
撮影はできませんでしたので図録とそれを入れて下さった手提げを・・・
峰丘さんや奥様ともゆっくり話ができてよかったです。
実家や山の斜面に見える「シオンの丘」は遠くから心の中でご挨拶
年よりは明るいうちに帰宅を心がけて・・・・m(__)m

カラベラ、自分のものはどんなものでしょう。

いわきから帰って、依頼された原稿を書いて数日お籠りしていましたら・・・
歯が欠け、目が腫れあがり・・・・・
どちらも治療が進み、快方に向かっていますが、これが70歳の現実かと・・・・
みなさまもあわただしい年の瀬、お気をつけてお過ごしください。

by kimiko_shibata1 | 2018-12-15 09:03 | | Comments(0)

今季最後の日光植物園

昨日は今年最後の日光植物園散策でした。
定期演奏会で高揚した心身を癒し、来年への英気を養ってきました。
やはりたまにはこうした雑念のない散歩がないとバランスが取れない私です。
e0034313_09015858.jpg

e0034313_09055101.jpg
園内には茅ボッチが作られていました。
日光市の奥にある土呂部地区で見られるものです。
こうして冬場の牛、豚の飼料になるのです。
また草原の管理法でもあります。
e0034313_09060981.jpg
ノジギク、少ない開花している花で学名Chrysanthemum japonense
牧野富太郎氏が発見・命名
e0034313_09133390.jpg
10月に小さな花を見たキッコウハグマは実(種)になっていました。
小さな花からは想像できない存在感の種、人が歩いて、風に乗って拡散できるように・・・
e0034313_09062880.jpg
こちらの実は何でしょう?
実はあの猫の好きなマタタビの実なんです。
こうしたものもよく見えるようになった園内です。
e0034313_09064616.jpg
ワスレナグサも咲いていました。
忘れないで来春、また、訪問しますね。

きれいに冬ごもりの準備ができた園内、
我が家も年末に向けて整理整頓、磨きをかけねば!と思いつつ帰宅しました。

帰宅すれば研究会報の原稿依頼、クリスマスカード発送、年賀状準備・・・
またまた椅子を温める時間が多そうです。苦笑
こちらの更新もまめにしませんと・・・・


by kimiko_shibata1 | 2018-11-30 09:21 | 散歩 | Comments(8)

今日から11月

風邪をひいている間に10月が過ぎ去ったような・・・・・
ようやく咳も納まり、完治です。
一段と秋が深くなりましたね。
久々に、カワセミを写しました。
e0034313_18520629.jpg
茂みの間から・・・・
一瞬で飛ばれました。シャッター音に気づいたのか?
e0034313_18524787.jpg
小さいけれど色のよいハナラッキョウがありました。
e0034313_18530867.jpg
ジョウビタキのお嬢さん、ちょっと距離がありました。

なんと我が家のナツグミにジョウビタキ君が日参しています。
声に気づいて、カメラを持って出るのですが、葉が茂って実がなって・・・・
ピントが合わない前に飛ばれてしまいます。
いつかご覧いただけたら嬉しいのですが・・・・
e0034313_18541581.jpg
庭のシュウメイギクが風にゆ~ら、ゆ~ら・・・・
思いにふけるほどのんびりしていられない毎日ですが、気持ちが安らぎます。


by kimiko_shibata1 | 2018-11-01 19:01 | 散歩 | Comments(8)

ゴイサギ風景

ようやく少し涼しくなりました。
雨も降って水やり修行からも解放されました。
体調も戻りつつあります。
老人になると体に熱がたまると、なかなか熱を外に出せないようです。
(単に太りすぎ・・・と言われていますが・・・苦笑)

e0034313_08134766.jpg
高貴なイメージのゴイサギでしたが、大きなコロニーでがやがやと子育て・・・
子どもたちも随分と大きくなりました。

e0034313_08140634.jpg
カワウと仲良しか?
なんかカワウが遠慮がちにみえるのは、やはり「格差」かしら?(笑)
e0034313_08132361.jpg
ゴイサギも亀も哲学者風
お互いに干渉しあわず、何を思っていますやら・・・
e0034313_08143488.jpg
japonicaは好きですが、こちらのヤブガラシをご遠慮します。
セセリチョウには美味しい食事処らしいですね。

不定期更新ですが、また、よろしくお願いいたします。

by kimiko_shibata1 | 2018-09-01 08:22 | 散歩 | Comments(6)

今年も楽しいササゴイ観察でした。

今年も南の国からはるばるササゴイが市内の公園で産卵・子育てをしています。
暑い国から避暑に来て・・・と思ったら北の国も猛暑で大変だったでしょう。
無事に育っているようです。
昨年のようなヒット作品は写せませんでしたが、
やはり面白い鳥さんです。
e0034313_21075538.jpg
何かを狙っている様子でしたが、不首尾に終わりました。
全然堪えた様子なし・・・平然ともとに戻ります。(笑)
e0034313_21080918.jpg
「アホ毛」が可愛い幼鳥です!
e0034313_21082745.jpg
実は精悍なササゴイです。
楽しませていただきました。
ちなみに昨年の最高傑作はこちら↓
e0034313_21100148.jpg
今年来ている中にいるのですが、判別できません。(笑)

by kimiko_shibata1 | 2018-08-19 21:16 | | Comments(6)

ゴイサギコロニー

我が家からそう遠くないモールのそばにゴイサギが巣営しています。
どうしてこのような所に・・・と思いますが、
このような所だからタカやカラスなどから安全なのか?
e0034313_16112653.jpg
ゴイサギを初めて見たのは京都インクラインの一羽、さすが官位を天皇から授かった五位鷺と思いました。
こんなにいると・・・・(笑)勝手なものです。
e0034313_07523526.jpg
写したときは足元の雛に気づかず・・・PCに入れて気づきました。
親はにらんでいますね。当然でした。m(__)m
ゴイサギは雌雄で子育てをするらしく、成鳥の足元には巣や雛がそれぞれいることを学びました。
e0034313_07515605.jpg
早く生まれた子たちは大きくなりました。
精悍な顔立ちはタカ類といってもいいくらい・・・・
e0034313_16193839.jpg
冒険したい子供に親鳥が「危ないから気をつけなさい!」と言っているようなシーン
e0034313_07531351.jpg
おしゃれな女の子?
長い間、毛づくろいに余念がないようでした。

いづれも台風の前に撮影
無事だとよいのですが・・・・


by kimiko_shibata1 | 2018-07-30 16:21 | 散歩 | Comments(4)

最近の鳥たちとシモツケコウホネ

梅雨の合間に散歩がてら見つけた鳥たち・・・
子育てに大忙しのようです。
今年もアマサギ一家に会えました。
狙って探すのではありませんが、お使いの時、回り道などして気を付けます。
数年、ムナグロには会えず・・・・
e0034313_19164936.jpg
アマサギの親子
e0034313_19171293.jpg
アマサギの家族たち・・・


e0034313_19161537.jpg
シモツケコウホネが咲きだしました。
周囲の農家さんがきれいに保存してくださっています。
あらされない事を祈ります。
e0034313_19155017.jpg
花も水もきれいです!
e0034313_19173980.jpg
ホオジロさん、青虫と何かをダブルでゲットしたようです。
お腹を空かせた赤ちゃんがいるのかな?

e0034313_19152176.jpg
キセキレイも何か咥えて巣に急ぎます。
川の中の石でお尻をぴょんぴょん・・・・
きれいなイエローでした。

e0034313_19145736.jpg
最後は毎日、我が家の竿に止まるハト・・・
sakura葉は出窓のそばの椅子からこっそり狙ってお尻をプルプル
少しは野生が残っているようです。



by kimiko_shibata1 | 2018-06-14 19:26 | 散歩 | Comments(6)

我が家のカッコウも姿をみせてくれました。

尾瀬でカッコウを見の前にし、毎年、我が家の周辺に来てくれるカッコウを思いました。
5月の初めに数回、啼いただけで、ほほ一か月・・・
今年はもっと北へ行っているのかと思いましたら一昨日、頭の上で啼きました!
e0034313_07221191.jpg
sakuraと静かに観察!

e0034313_07222338.jpg
庭のバジルはもう花を咲かせています。


e0034313_07260465.jpg
梅雨らしくツユクサも・・・・
関東も梅雨入り・・・雨も楽しみましょう。

by kimiko_shibata1 | 2018-06-07 07:30 | | Comments(6)