タグ:鳥 ( 511 ) タグの人気記事

ゴイサギ風景

ようやく少し涼しくなりました。
雨も降って水やり修行からも解放されました。
体調も戻りつつあります。
老人になると体に熱がたまると、なかなか熱を外に出せないようです。
(単に太りすぎ・・・と言われていますが・・・苦笑)

e0034313_08134766.jpg
高貴なイメージのゴイサギでしたが、大きなコロニーでがやがやと子育て・・・
子どもたちも随分と大きくなりました。

e0034313_08140634.jpg
カワウと仲良しか?
なんかカワウが遠慮がちにみえるのは、やはり「格差」かしら?(笑)
e0034313_08132361.jpg
ゴイサギも亀も哲学者風
お互いに干渉しあわず、何を思っていますやら・・・
e0034313_08143488.jpg
japonicaは好きですが、こちらのヤブガラシをご遠慮します。
セセリチョウには美味しい食事処らしいですね。

不定期更新ですが、また、よろしくお願いいたします。

by kimiko_shibata1 | 2018-09-01 08:22 | 散歩 | Comments(6)

今年も楽しいササゴイ観察でした。

今年も南の国からはるばるササゴイが市内の公園で産卵・子育てをしています。
暑い国から避暑に来て・・・と思ったら北の国も猛暑で大変だったでしょう。
無事に育っているようです。
昨年のようなヒット作品は写せませんでしたが、
やはり面白い鳥さんです。
e0034313_21075538.jpg
何かを狙っている様子でしたが、不首尾に終わりました。
全然堪えた様子なし・・・平然ともとに戻ります。(笑)
e0034313_21080918.jpg
「アホ毛」が可愛い幼鳥です!
e0034313_21082745.jpg
実は精悍なササゴイです。
楽しませていただきました。
ちなみに昨年の最高傑作はこちら↓
e0034313_21100148.jpg
今年来ている中にいるのですが、判別できません。(笑)

by kimiko_shibata1 | 2018-08-19 21:16 | | Comments(6)

ゴイサギコロニー

我が家からそう遠くないモールのそばにゴイサギが巣営しています。
どうしてこのような所に・・・と思いますが、
このような所だからタカやカラスなどから安全なのか?
e0034313_16112653.jpg
ゴイサギを初めて見たのは京都インクラインの一羽、さすが官位を天皇から授かった五位鷺と思いました。
こんなにいると・・・・(笑)勝手なものです。
e0034313_07523526.jpg
写したときは足元の雛に気づかず・・・PCに入れて気づきました。
親はにらんでいますね。当然でした。m(__)m
ゴイサギは雌雄で子育てをするらしく、成鳥の足元には巣や雛がそれぞれいることを学びました。
e0034313_07515605.jpg
早く生まれた子たちは大きくなりました。
精悍な顔立ちはタカ類といってもいいくらい・・・・
e0034313_16193839.jpg
冒険したい子供に親鳥が「危ないから気をつけなさい!」と言っているようなシーン
e0034313_07531351.jpg
おしゃれな女の子?
長い間、毛づくろいに余念がないようでした。

いづれも台風の前に撮影
無事だとよいのですが・・・・


by kimiko_shibata1 | 2018-07-30 16:21 | 散歩 | Comments(4)

最近の鳥たちとシモツケコウホネ

梅雨の合間に散歩がてら見つけた鳥たち・・・
子育てに大忙しのようです。
今年もアマサギ一家に会えました。
狙って探すのではありませんが、お使いの時、回り道などして気を付けます。
数年、ムナグロには会えず・・・・
e0034313_19164936.jpg
アマサギの親子
e0034313_19171293.jpg
アマサギの家族たち・・・


e0034313_19161537.jpg
シモツケコウホネが咲きだしました。
周囲の農家さんがきれいに保存してくださっています。
あらされない事を祈ります。
e0034313_19155017.jpg
花も水もきれいです!
e0034313_19173980.jpg
ホオジロさん、青虫と何かをダブルでゲットしたようです。
お腹を空かせた赤ちゃんがいるのかな?

e0034313_19152176.jpg
キセキレイも何か咥えて巣に急ぎます。
川の中の石でお尻をぴょんぴょん・・・・
きれいなイエローでした。

e0034313_19145736.jpg
最後は毎日、我が家の竿に止まるハト・・・
sakura葉は出窓のそばの椅子からこっそり狙ってお尻をプルプル
少しは野生が残っているようです。



by kimiko_shibata1 | 2018-06-14 19:26 | 散歩 | Comments(6)

我が家のカッコウも姿をみせてくれました。

尾瀬でカッコウを見の前にし、毎年、我が家の周辺に来てくれるカッコウを思いました。
5月の初めに数回、啼いただけで、ほほ一か月・・・
今年はもっと北へ行っているのかと思いましたら一昨日、頭の上で啼きました!
e0034313_07221191.jpg
sakuraと静かに観察!

e0034313_07222338.jpg
庭のバジルはもう花を咲かせています。


e0034313_07260465.jpg
梅雨らしくツユクサも・・・・
関東も梅雨入り・・・雨も楽しみましょう。

by kimiko_shibata1 | 2018-06-07 07:30 | | Comments(6)

今年はサンカヨウに会えました。

昨年は見事に出遅れたサンカヨウ撮影山行だった。
今年は慎重に情報を集めて、無事に尾瀬のサンカヨウを見てきました。
e0034313_20104605.jpg
チシマザクラとミズバショウの尾瀬沼と燧ヶ岳

天気は曇り、青空ではなかったが、今年も来られた事に感謝しつつ、・・・
e0034313_20081884.jpg
サンカヨウの蕾
葉にくるまれて育つ(周りの葉は別の植物)
e0034313_20080713.jpg
満開のサンカヨウ、いつ見ても、何度見ても可憐な素敵な花

実はこの花びら、濡れると透き通る!
2010年にその状態を見て、また、会いたいと願うが当時からすると一か月も早い開花
開花の予測がつきにくく、花期も短く・・・その上に濡れた・・・となるとなかなか難しいものだ
e0034313_20082711.jpg
2010.6.29撮影、この濡れたサンカヨウに魅せられて、7年も通っていますが・・・・
完全に雨の日の登山はbabaには無謀なので、曇りの日、前夜の雨に期待しています。
来年も行けると良いのだが・・・・


e0034313_20091246.jpg
見送ってくれたカッコー
托卵をするので評判が悪いが、山行で聞くカッコーの啼き声はいいものだ。

by kimiko_shibata1 | 2018-05-31 20:21 | 山歩き | Comments(8)

フクロウ類を追いかけて

トラフズクを観察しようと越谷の友人を誘って、行きましたが、
たった5日ほどで全員お留守?移動?姿が見えなくて残念でした。
ひらひらをゴマダラチョウが舞って慰めてくれました。
e0034313_20212982.jpg
こんなことは鳥見にはよくある事、
気を取り直して歩いていたら
e0034313_20223750.jpg
ケラを見つけました!
何年かぶり・・・・
今の子供たち、ケラを知らなくても「手のひらに太陽を」の歌は知っていると思いきや
歌も知らないようで、びっくりやら、残念やら・・・・
「オケラだって、アメンボだって、みんなみんな生きている・・・友達なんだ!」って良い歌だと思うのですが・・・
かすかな情報を頼りに場所をかえましたら
e0034313_20203590.jpg
フクロウの子供に会えました。
嘴だけを見せて眠っていたのですが、少しだけ起きてくれました。
遠来の友も喜んでくれました。
e0034313_20210009.jpg
その後、また転戦し、アオバズクのカップルを見てきました。
暗い木の中、私たちだけでは見つけられなかったでしょう。
幸運にも地元の方が丁寧に場所を教えてくださって・・・
夏にかけて卵を抱卵、子育てをするようです。
無事をいのります。

by kimiko_shibata1 | 2018-05-10 20:33 | | Comments(4)

今年も順調な巣立ち

今年も順調に三羽の子育て中だったトラフズク、
元気にカメラマンに対応してくれています。
暑さのせいで葉が茂っていて、撮影は腕力と忍耐が必要でした。(笑)
e0034313_11053899.jpg
ようやく目と目があいました。
e0034313_11065045.jpg
上下に二羽いるのですが・・・・
狭い隙間から見ているとお尻なのか頭なのか・・・・(笑)
e0034313_11060505.jpg
モフモフ感はたまらないですが、くちばしや爪は鋭く野生のたくましさを感じます。
e0034313_11062283.jpg
きっと遠慮深くて餌をあまり食べられなかったのか、まだ、巣にいる幼鳥
昨日、巣から出たとの報あり、無事に育つよう祈ります。(撮影は4/30)

腕や肩や首筋はパンパンでした。
体力付けないと撮影散歩も難しくなりますね。頑張りましょう!

by kimiko_shibata1 | 2018-05-03 11:13 | 散歩 | Comments(6)

たまには梅見

梅のいい時期かとシモツケ国分寺跡へ行ってみる。
奈良の東大寺と筑紫の観世音寺ともに「三戒壇」と称されていた貴重な遺跡である。
梅はほぼ満開の良い日和・・・ただ、春霞?花粉?でせっかくの日光連山は望めなかった。
e0034313_08531093.jpg
少しだけ往時がしのばれる建造物がある。
e0034313_08533337.jpg
ツグミが多かった。北へ帰る鳥たちだろう。
なぜか白梅のみに・・・紅梅よりも白梅が美味しいのかな?こちらの方が安全?
e0034313_09043241.jpg
六角堂遠望
e0034313_08560925.jpg
キタテハも姿を・・・・
e0034313_08562671.jpg
ミドリガメもストレッチ!微笑
こちらも花粉の中ではあるが、のんびりと散歩して
六角堂の描かれた薬師寺郵便局へ
きれいな押印でした。
印刷はセブンイレブンマルチコピー機による。旅の楽しみは広がりました。
e0034313_09082271.jpg

by kimiko_shibata1 | 2018-03-16 09:08 | 散歩 | Comments(8)

新宿御苑散歩

先週、東京体育館へ卓球の応援に行きました。
大きな大会は函館など地方へは行ったことがありますが、東京は初めて・・・・
ちょっとアウェー感満載で・・・・・
帰りに新宿御苑を抜けて新宿駅までお散歩でした。
サクラなど少しおそいような庭園でした。
e0034313_15075693.jpg
e0034313_15071863.jpg
雨になりそうで、補正してもこの明るさ・・・

e0034313_15070441.jpg
e0034313_15064467.jpg
鴛鴦たちは午後のまどろみの中・・・
すこし待ちましたが、外には出てきてくれません。
e0034313_15073473.jpg
キブシの花がきれいに並んで見送ってくれました。

by kimiko_shibata1 | 2018-03-12 15:17 | 散歩 | Comments(6)